PayCAS Mobileは口コミでも評判!POS連動が可能!

【PR】

PayCAS Mobile

SB C&S(株)が運営する「PayCAS Mobile」は、クレジットカード・電子マネー・QRコード決済をまとめて行えるモバイル決済端末です。
決済手数料は2.8%~3.24%と安く、Paypay経由で申し込むと端末1台あたり月2,178円(税込)を支払うだけで使えます。

PayCAS Mobileは、バッテリー内蔵で端末ごと持ち運びができるため、屋外はもちろんのこと、店内でも、お客さんがレジまで来てもらう必要なく、支払いが行えます。
感熱紙を内蔵しているため、レシートがその場で出ます。

また、PayCAS MobileはPOS連動が可能なため、対応しているレジであれば、2度打ちしなくても済みます。
口コミでの評判もよく、導入して満足する法人・個人事業主が増えています。

PayCAS Mobileの口コミや評判は?

PayCAS Mobileを導入している法人・個人事業主の口コミや評判などをまとめました。

悪い口コミ

他社のキャッシュレス決済サービス、例えば楽天ペイやSquare等の類似サービスで、マルチ決済端末を契約している場合は、申し込みの対象外になる場合がある。
引用元:店舗DX応援隊

PayCAS Mobileの場合、売上の入金日が月2回しかありません。
他社の決済サービスと比較すると、入金サイクルが遅いです。
資金繰りがシビアなお店は、売上の入金が月2回だけだと少し厳しそうです。
引用元:自営百科

良い口コミ

トキワ園芸花木センターです。
⁡この度、PayCAS Mobileを導入いたしました!

今までカード払いは、レジからサービスカウンターへ来ていただくという流れでしたが、ようやくレジで決済できるようになりました。
まだ導入したばかりで慣れない点もあるかと思いますが、ぜひご利用くださいませ。
引用元:インスタグラム

決済処理が早く使いやすいです。
今のところ不具合はありません。
引用元:モバイル決済比較と口コミ

PayCAS Mobileの特徴まとめ

PayCAS Mobile 特徴

PayCAS Mobileの特徴をまとめました。

端末だけで決済が完結

端末

PayCAS Mobileを導入すると、クレジットカード・電子マネー・QRコード決済が行えるようになります。

バッテリーを搭載しているので、店内などで持ち運びができますし、1日程度であれば充電をしなくても使えます。
WiFiに加えて、ソフトバンク回線のつながるエリアで使えるため、キッチンカーや訪問マッサージ、配達・出前など、さまざまなシーンで利用できます。

また、端末からレシートを出すこともできるため、その場でお客さんに手渡しができます。
レシートに必要な感熱紙は市販のものがつかえます。

端末はUSBで充電できますが、クレードル(別売)を使うと設置するだけで充電できます。
クレードル経由で有線LAN接続も可能です。

POS等との連動も可能

POS連動

PayCAS Mobileは、対応しているPOS端末と連動できます。

2回レジを打つ必要がなくなるのでスピーディーに決済できますし、打ち間違いなどのミスも抑えられます。

端末代は無料

PayCAS MobileをPaypayから申し込むと、通常86,680円(税込)が必要な端末代が無料になります。
4年縛りの制約がつきますが、4年以内に解約した場合の違約金は最大66,000円と、通常の申込と比べてオトクになります。

決済手数料は平均レベル

PayCAS Mobileは、以下の決済手段に対応しています。

決済方法

他社と比べても決済手数料に大きな違いはなく、全体的に見ると平均レベル(2.8%~3.24%)となっています。
なお、利用者の多い決済手段(VISA・Master・Paypay)を中心に安めに設定されています。

月額費用が必要

PayCAS Mobileを利用するにあたり、決済手数料のほか、月額費用が必要になります。

2024年6月時点では、1台あたり月2,178円(税込)となっており、端末の保守費用(4年間)やソフトバンクの通信費用などが含まれています。

電子マネーはオプションとなっており、月額費用が追加で必要(1台あたり月1,122円)です。

入金は月2回

PayCAS Mobileで決済された代金は、月2回(15日・末日)のペースで入金されます。

15日締め、末日入金
末日締め、翌月15日入金

まとめ

PayCAS Mobileは持ち運びが可能なため、店内だけでなく、出先などでも使える決済端末です。
手数料も比較的安めなため、口コミでの評判もよく、導入して満足している法人・個人事業主が増えています。

PayCAS Mobileは単体で完結することもできますし、すでに設置されているレジなどのPOS端末と連動することも可能です。(対応機種のみ)

なお、現金商売と比べると、月額料金や決済手数料が差し引かれるなどのデメリットがありますし、入金タイミングは月2回のため、業種によっては厳しいかもしれません。
詳細は運営元に問い合わせてみるといいでしょう。

>>PayCAS Mobileの公式サイトはこちら