WaterO(ウォテロ)ペット向け酸素水の値段は高い?口コミは?

WaterO ウォテロ

WaterO(ウォテロ)は、ペットのための酸素補給水です。

一般的な酸素水が容器の封を開けたら酸素が空気中に抜け出すのに対し、WaterO(ウォテロ)は日米で特許を取得した製法で作られた酸素水を配合しています。
溶存酸素濃度40ppm以上を常時キープしており、64ヶ月たっても酸素が抜けないというデータもあります。

このため、WaterO(ウォテロ)を加熱して温めても酸素が抜ける心配はなく、安心して与えられます。

WaterO(ウォテロ)は500mL入1本616円(税込)から購入できますが、「値段が高い」という口コミも見つかりました。
それだけのお金を出すだけの価値があるのでしょうか?



WaterO(ウォテロ)の口コミや評判は?

WaterO(ウォテロ)をペットに与えている人たちの口コミや評判などをまとめました。

値段が高いのに水分補給以外の効果がない。
水素水と同じくオカルトウォーターの仲間入り?
まだミネラルウォーターのほうが安いからマシ。

・目やにが減った
・毛艶がよくなった
・毛が柔らかくなった
などなど、効果がありました。
引用元:nakku

酸素水を飲ませて1カ月。
結果、特に体調に変わりなかったです。

ただ、水道水より美味しいのか水の飲む量が増えました。
これ見せると、はよくれってこんな反応になります。
引用元:Facebook



WaterO(ウォテロ)の特徴まとめ

WaterO ウォテロ 特徴

WaterO(ウォテロ)の特徴をまとめました。

特許製法で酸素が水から抜けない

WaterO(ウォテロ)では、メディサイエンス・エスポア(株)が日米で取得した特許(※)製法を用いて酸素水を製造しています。

(※)
日本:第6367519号
アメリカ:US 9,943,815
アメリカ物質特許:No.10913037

この特許技術を活用した混合流体製造装置を用いて酸素を水に溶かし、「溶解型酸素」を作り出します。

この溶解型酸素は溶存酸素濃度40ppm以上と高く、空気に触れても分解せず、熱を加えても安定しています。
64ヶ月たっても酸素が抜けないという実験結果もあります。

WaterO(ウォテロ)は未開封で2年間、開封後は2週間以内に飲むように注意喚起を行っています。

国内工場で製造

WOX ウォックス

WaterO(ウォテロ)は、千葉県内の工場で製造されています。

工場に設置した混合流体製造装置を用いて、高濃度酸素リキッド「WOX」(ウォックス)を生成し、ボトリングすることでWaterO(ウォテロ)が作られています。

ミネラルフリー

WaterO(ウォテロ)は、純水・ピュアウォーターに混合流体製造装置で溶解型酸素を混ぜ合わせています。

このため、カロリーやミネラル分は全く含まれておらず、尿路結石や腎臓が弱っているペットなどにも安心して与えられます。

WaterO(ウォテロ)は人間も飲めるヒューマングレードの水です。

WaterO(ウォテロ)の値段

WaterO(ウォテロ)は、楽天市場にも出店しており、単品価格は公式サイトと同じ値段となります。

12本:10,560円(1本あたり880円)
24本:21,120円(1本あたり880円)
(いずれも税込)

なお、公式サイトに限り、初回限定のお試しセットが用意されています。

6本:3,696円(1本あたり616円)
12本:7,392円(1本あたり616円)
(いずれも税込、送料別)

ひとまず試してみたい場合には、お試しセットから始めるといいでしょう。

>>WaterO(ウォテロ)を公式サイトから購入する

定期購入

WaterO(ウォテロ)の公式サイトでは定期購入も行っています。

1回あたり24本が送られてきて19,008円(税込、送料込)となります。
1本あたり792円とオトクに続けられます。

定期購入の配送間隔は1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月から選べます。

なお、WaterO(ウォテロ)の定期購入には、最低購入回数などの縛りはありません。
初回分を受け取った後であれば、いつでも自由に解約できます。

>>WaterO(ウォテロ)を定期購入する

WaterO(ウォテロ)まとめ

WaterO(ウォテロ)はペット向けに作られた酸素水です。
特許製法を用いることで、酸素が長期にわたって水に溶け込んでいますし、加熱しても酸素はほとんど抜けません。

口コミでも評判ですが、まずはお得な値段の「お試しセット」から試してもいいですね。

>>WaterO(ウォテロ)の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました