SBI損保 がん保険にデメリットはある?口コミや評判は悪い?

SBI損保 がん保険

がん保険は、漢字生保、カタカナ生保などが販売していますし、通販型保険も各社が販売しています。
生命保険や医療保険の特約といった形でも加入しているかもしれません。

その中で、損害保険会社のSBI損保が販売している「がん保険」の評判がいいそうです。

SBI損保のがん保険は、保険の専門家も評価しているそうですが、本当にデメリットなどは存在しないのでしょうか?

SBI損保 がん保険の特徴

SBI損保 がん保険 特徴

まずは、SBI損保 がん保険の特徴をまとめました。

がん以外に上皮内新生物も対象

一般的に「癌」として考えられている悪性新生物だけでなく、転移の心配が皆無な早期のがんである「上皮内新生物」も、SBI損保のがん保険の支払対象です。

実際にかかった費用を補償

生保系のがん保険だと、がんの診断があった際に一時金を支払い、入院時や通院時、手術時に保険金が支払われるのが一般的です。

一方、SBI損保のがん保険は、実際にかかった治療費用を補償するという点で、生保系とは保険の設計思想からして異なります。

なお、がん診断保険金が必要な場合、オプション契約をすることで保険金が支払われます。

交通費や日用品、差額ベッド代などは治療費ではないため、支払対象外となりますので注意してください。

先進医療や自由診療も保険金支払いの対象

SBI損保のがん保険は、健康保険の支払対象となっている「標準的ながん治療」(抗がん剤、手術、放射線)だけでなく、先進医療や自由診療も対象に含まれます。

しかし、自由診療に関しては、全く治療効果が見込めないオカルト的な民間療法もあるため、以下の条件が設けられています。

  • アメリカ国立がん研究所(NCI)のガイドラインに定める診療
  • 全米総合がんセンターネットワーク(NCCN)のガイドラインに定める診療
  • 第三者機関である癌専門医委員会において有効であると判断された診療

のいずれかに当てはまること

自由診療の場合、治療を始める前に、SBI損保に連絡した上で治療計画を立てる必要があります。

承認が得られなければ、保険金は支払われません。

再発した場合でも保険金支払いの対象となる

SBI損保のがん保険では、入院保険金は何回でも無制限に保険金の支給対象となります。

通院保険金は上限1,000万円を超えない限り、何回通院しても支給されます。
この1,000万円の通院枠は、保険契約を更新する際にリセットされます。

診断保険金も一定の条件を満たせば、何度でも支給が受けられます。

医療費はSBI損保から医療機関に直接支払い

特に先進医療や自由診療は治療費が高額になるため、一般的な医療保険やがん保険のように、医療費を病院に支払った後、保険会社に申請を出して保険金を受け取るという「立て替え払い」が難しい場合も珍しくありません。

SBI損保のがん保険では、治療費はSBI損保から医療機関に直接支払われますので、自己負担はありません。
診断書の代金も支払の対象です。

保険料は5年毎の更新

SBI損保のがん保険は5年更新の契約となり、更新するたびに保険料は値上がりします。
終身払いはなく、一定の年齢で払込済みになる制度もありません。

50歳程度までは割安感がありますが、ガンにかかる可能性が高くなる年代ほど、保険料は割高になります。

自費診療を受ける可能性がない限り、高齢者が契約するのはオススメできません。

SBI損保 がん保険の口コミや評判は?

次に、SBI損保のがん保険を契約した人の口コミや評判などをまとめました。

SBIのがん保険は一定期間に備えるがん保険が欲しいという方にとってはピッタリですが、終身でがんに備える保険が欲しいという方のニーズには合っていないといえるでしょう。

SBI損保のがん保険を30歳男性が90歳までかけ続けた場合、支払う保険料の総額はアフラックのがん保険よりも高くなります。

しかし、75歳までなら、総額はどちらも268万円超で、支払う保険料はあまり変わりません。
支払う保険料は同じでも、補償される額は、SBI損保のがん保険の方が圧倒的にメリットがあります。

なので、がん保険を長く持ち続けるという前提でないなら、とても合理的な保険で1つの選択肢になるかと思います。
引用元:保険ブリッジ

主人は元々三重県の🏥に血小板過多で通院していましたが私が兵庫県から再婚で三重県にきました。
三重県の🏥の適切な薬を頂いてなかったので、2017年3月に兵庫県加古川🏥の血液内科に通院しました所、優秀なドクターのお陰で血小板値が2桁になり、人間ドックを3月にしました。

ここで注意点です。保険期間が2017年4月~です。
この人間ドックで膵臓に腫瘍がみつかり慌てて消化器内科にかかり、色々苦しい検査をしました。

私がドクターに癌ではないかと聞いた所、オペをして細胞検査をしないと分からないとおっしゃり9月にオペをして、内分泌悪性腫瘍と告知をうけました。

昨年12月に書類を揃え提出し解答は、告知義務違反による契約解除です。
意味が分かりません。精神的ショックです。
引用元:みんなの評判ランキング

医療従事者向けの専門サイト「m3.com」において、「Ask Doctors医師の確認済み商品」に認定された保険業界初の保険で、約9割の医師が評価・推奨したそうです
引用元:保険ソクラテス

数千万円単位の高額治療でも実費分はしっかり補償されるという、他のがん保険には無い魅力を持っている商品です。
しかも若いうちは保険料がとても安くて利用しやすいため、他のがん保険との併用を検討するのも良いかと言えるがん保険となっています。

とはいえ、5年の更新ごとに保険料が高くなるという大きなネック部分を持っています。
もしこの保険に加入するならば60歳以降は保険料が高額になっていくため、老後の経済状況次第では解約するという選択肢も考えておかなければいけません(なので併用がお勧め)。

ただ、基本的には高額治療に備えられる数少ないがん保険の一つであるため、経済的に多少の余裕があり、この保険料くらいで年金生活は左右されないという方はチェックしておいて損のない商品だと思います。
引用元:takaの保険節約術

保証内容などには満足している。
ただし、万一の際にしっかりスムーズに対応して頂けるか不安。
サポートセンターの対応には不満。

特に癌に関しては非常にスムーズな対応して頂けなければ最悪の結果しか無い可能性が否定出来ません。
治療費用は高額になる見込みが高いですし。
引用元:みんなの評判ランキング

SBI損保 がん保険の評価は?

口コミサイトでの「SBI損保 がん保険」の評価をまとめました。

みんなの評判ランキング 評価
クチコミュニティ 評価

基本的には、治療費が実費で支払われるという特徴を正しく把握できていれば、高い評価になる人が多いようです。
契約内容だけでなく、保険金の申請から支払いまでに関しても満足度が高いです。

個別のケースでは、申請者の情報連携にミスが有った影響で契約破棄になったり、保険金支払いでトラブルになる場合も起こっているため、その分だけ評価が下がっています。

まとめ

「SBI損保 がん保険」単独でガンに備えると言うよりは、生保が販売している一般的な医療保険とセットで契約する人が多いです。

特に若い年代において、医療保険のガン特約よりも保険料が安い上に、保障内容も充実しているというのが理由です。

一生を通じて考えると、終身払いのがん保険のほうが保険料が安く済む場合もありますが、今の保障内容で物足りない時に「SBI損保 がん保険」を付け足すのは好都合といえるでしょう。

>>SBI損保 がん保険の詳細/申し込みなどはこちら

タイトルとURLをコピーしました