プラス少額短期保険の死亡保険「家族への思いやり」の口コミや評判は?

プラス少額短期保険 死亡保険 家族への思いやり

プラス少額短期保険の死亡保険「家族への思いやり」は、89歳まで申し込むことができ、99歳まで更新が可能です。
引受基準緩和型も用意されているため、持病がある人でも加入できます。

プラス少額短期保険の死亡保険「家族への思いやり」は、最大300万円までの死亡保険金を手頃な保険料で用意できます。
入院一時金特約をつけると、日帰り入院から一時金(5万円か10万円)を受け取れます。

このため、プラス少額短期保険の死亡保険「家族への思いやり」は口コミでも注目されています。
利用者からの評判などをまとめました。

プラス少額短期保険の死亡保険「家族への思いやり」の口コミや評判は?

プラス少額短期保険の死亡保険「家族への思いやり」を契約している人たちの口コミや評判などをまとめました。

参考のために、プラス少額短期保険が販売する他の保険を契約している人々の口コミなども紹介しています。

スピーディーに対応してくれるので、安心感がある
引用元:「不動産の売買・賃貸」住まいのニュース!

自分の葬儀費用だけでも用意しておきたかったので、年金から払える金額でありがたいです。
引用元:HOKEN PRO

プラス少額短期保険の死亡保険「家族への思いやり」の特徴まとめ

プラス少額短期保険の死亡保険「家族への思いやり」の特徴をまとめました。

20歳から89歳まで加入可能

プラス少額短期保険の死亡保険「家族への思いやり」は、20歳から89歳まで加入できます。
1年更新となり、99歳まで更新できます。

保険料は毎年更新するたびに変更されるため、徐々に高くなっていきます。

引受基準緩和型も選べる

プラス少額短期保険の死亡保険「家族への思いやり」では、持病がある人向けに引受基準緩和型も選べます。

通常の死亡保険と比べると保険料は高くなりますが、保険に加入できるという安心感が得られます。

6種類の死亡保険金

プラス少額短期保険の死亡保険「家族への思いやり」では、

  • 50万円
  • 100万円
  • 150万円
  • 200万円
  • 250万円
  • 300万円

と、50万円から300万円まで、50万円刻みで死亡保険金が選べます。

加入時・更新時の年齢によっては、選べない保険金もあります。

入院一時金特約で日帰りから支払い

プラス少額短期保険の死亡保険「家族への思いやり」では、入院一時金特約がつけられます。
病気・怪我の種類は問いませんし、日帰り入院から保険金が支払われます。

1回の入院につき、5万円もしくは10万円の入院保険金が受け取れます。

1保険期間あたり最大80万円まで入院保険金が支払われます。

保険料控除の対象外

少額短期保険は年末調整・確定申告時の保険料控除の対象外です。

プラス少額短期保険の死亡保険「家族への思いやり」の資料請求を受付中

プラス少額短期保険の死亡保険「家族への思いやり」はオンラインからの申込はできません。

資料請求の上、希望者が申し込むという流れになります。

>>プラス少額短期保険の死亡保険「家族への思いやり」の詳細/資料請求はこちら

タイトルとURLをコピーしました