まんてん録でアルバムやフィルム写真をデジタル化!口コミや評判は?

【PR】

まんてん録

フィルム写真を画像データなどに変えようとすると、自宅ではスキャナで読み取ったり、スマホ等のカメラで撮影するなどといった方法が一般的です。
しかし、写真の数が多いと面倒くさいですし、アルバムに貼り付けている写真を剥がしてスキャンするのは手間がかかります。

(株)RABITONが運営する「まんてん録」では、フィルム写真のデジタル化(写真データ化)を行っています。
バラ写真は100枚単位(特殊サイズは1枚単位)、アルバムは50枚単位(卒業アルバムは40枚単位)で受け付けています。

まんてん録では、最低注文金額5,000円からの受付となります。
少量だと利用できないため、ある程度、まとめて依頼する必要があります。

まんてん録の口コミや評判などをまとめました。



まんてん録の口コミや評判は?

まんてん録を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

悪い口コミ

正直なところ、11冊のアルバムのデータ化と処分にかかった費用は私のパート1ヶ月分のお給料以上、出費としては痛い。
引用元:いえねこ暮らし

良い口コミ

実家の片づけをしていた時に、古いアルバムが予想以上に出てきました。
懐かしさとともに、アルバムの重さとその収納には大変困りました。
デジタル化してくれるところをネットで探していたところにまんてん録さんに出逢いました。

選定のポイントは「画像品質」と「廃棄方法」です。
この両方を特徴している会社は、まんてん録さんだけでした。

出来上がりは、昔のセピア色になった写真が、きれいに再現されていました。
全部で二千枚程になましたが、最後まできちんと丁寧にデータ化していただきました。
家族との大切な思い出が、再現されたようでとてもうれしく思っています。
引用元:google

オーダー後、翌々日には発送用の段ボール箱が届けられました。
たたんだ状態の段ボール箱が届くもの、と勝手に思っていたので組み立てられた状態で届いたのにはびっくり。
かなり厚手の段ボールで、これなら重いアルバムを数冊入れても大丈夫そうです。

手引書に記載されていた集荷依頼の番号に電話をして、その日の夕方取りに来てもらいます。
取りに来てくれた宅急便のドライバーさん、「これくらいなら」と、2つの箱を重ねて一度に持ち上げ運んでくれました。
ボリュームのあったアルバム達があっけなく目の前から消え去りました。

返送してから出来上がったDVDが届いたのはちょうど2週間め。
荷姿はネコポス、郵便受けに入ってました。
あの30kg近くあったアルバム達が、こんなにコンパクトに!

アルバムの中身が1ページずつ画像になっていて、写真と一緒に貼ってあるメモもちゃんと残ってます。
写真1枚ずつのファイルを再生するとパソコン画面いっぱいで見られます。

長年悩んできた子ども達の写真アルバム、きれいなデータで残せたしアルバムは処分できた!
思い切って注文して良かったよ!
引用元:いえねこ暮らし

「まんてん録」は、子どものアルバムを捨てたくないけど片付けたいという悩みを解決してくれました。
注文の仕方も簡単で、出来上がったDVDも満足できる品質でした。
引用元:あげちゃ王

アルバムにペタペタ貼った娘の赤ちゃんのころの写真はスキャナーで読み込むこともできないから後回しになっていました。
だけど数年前の大雨の時、我が家も浸水の危機になり、夫が慌てて20冊近くのアルバムをロフトに移動したのをきっかけにアルバムのデジタル化を真剣に考えました。

アルバム一冊を送ってから2週間ほどでDVDが送られてきました。
収納もコンパクト。
なによりデータ化してしまえばこれ以上色褪せることはありません。

今回、私はアルバムを返却してもらうことを希望しましたが、まんてん録さんの方で供養して破棄していただくことも可能とのこと。
写真もまた捨て難いものですからね。
引用元:プレシャスデイズ



まんてん録の特徴まとめ

まんてん録 特徴

まんてん録の特徴をまとめました。

フィルム写真をデジタル化

まんてん録では、さまざまな種類のフィルム写真をデジタル化します。

フィルム写真は、バラだけでなく、アルバムに貼り付けた状態のままでもデジタル化可能です。
1枚ずつアルバムから剥がして送る必要はありませんし、剥がして送るとデジタル化の際にトラブルの原因となります。

その他、コピー用紙、和紙などに印刷された写真や証明写真、ポラロイド写真・チェキ・プリクラ、ハガキ(年賀状等)など、幅広く対応しています。

額やフレームに入っている写真は、はずしてから送付する必要があります。

まんてん録ではネガフィルムからのデジタル化も可能ですが、ネガを見ただけではわからないカビ・キズなどが発生している場合もあり、期待していた内容と異なる可能性があります。
ネガしかない場合は別としても、まんてん録では、フィルム写真とネガの両方がある場合はフィルム写真のほうを推奨しています。

また、使い捨てカメラはネガ部分のデジタル化には対応していません。
使い捨てカメラは現像した写真のみが対象となります。

AIによる自動補正

まんてん録では、写真をデジタル化する際に、AIによる補正も合わせて行っています。
経年劣化による色あせ、汚れ、キズなどを取り除いたり、長方形になるようにトリミングします。

また、600dpiという高画質でデジタル化を行うため、鮮明な画像を楽しむことができます。

納品はDVD以外も可能

まんてん録では、デジタル化した画像データをDVDに収納して納品します。
スライドショー用・データ用の2種類のDVDで送られます。(一部の場合を除く)

また、DVD以外にも、USBメモリやクラウドでのオンライン納品も可能です。(別料金)

写真・アルバムなどは処分も可能

まんてん録では、あなたが不要であれば、送付した写真やアルバムなどの処分も行っています。
もちろん、必要であれば、デジタル化終了後に返却することもできるので安心です。(送料は着払い)

写真やアルバムなどの処分は、年に1~2度、施設に真言宗の住職を招き、お焚き上げを行っています。
供養せずに廃棄することも可能ですし、費用は必要ですが、継続して預かることも可能です。

まんてん録では、セキュリティの整った施設内で写真・アルバムなどを保管しています。

まんてん録の料金

まんてん録では、1回5,000円以上の注文のみ受け付けています。
見積もり後、合計5,000円未満となる場合には、デジタル化は行わず、そのまま返却されます。

まんてん録の正確な費用は、写真が到着してからの個別見積もりとなりますが、概算で以下のようになります。

バラ写真(100枚:1セット):1,980円
特殊サイズ(1枚):165円
ポケットアルバム(50枚):1,150円から
シール式アルバム(50枚):4,880円から
卒業アルバム(40ページ):3,000円から
ビデオテープ(VHS・mini-DV・Hi8・カセットテープなど):1,650円
(いずれも税込)

請求金額が15,000円以上の場合に送料が無料になります。
10,000円以下の場合は3,300円、10,000円以上15,000円未満の場合は1,650円が必要です。

まとめ

まんてん録は、フィルム写真のデジタル化を行っています。
バラの写真でもアルバムに貼ったままでも問題ありません。

まんてん録は他社と比べても料金が安く済む場合も多く、高品質な画像に仕上がることが多いです。
口コミでの評判もよく、多くの人が満足しています。

>>まんてん録の公式サイトはこちら