退職支援の窓口で退職給付金申請をサポート!口コミや評判は?

【PR】

退職支援の窓口

(株)Bright(ブライト)が運営する「退職支援の窓口」は、会社を退職した後に受け取れる退職給付金の申請をサポートしています。
退職代行業者ではないので間違えないようにしてください。

退職支援の窓口は、社会保険に1年以上加入し、退職予定日が「今日から2週間~3ヶ月未満」の人が対象となります。
すでに退職してしまったり、転職先がすでに決まっている人は対象外となります。

このため、退職支援の窓口は口コミでも評判となっており、運営元の調査で利用者満足度は98.6%という高さです。
退職給付金の申請サポートを受けずに自ら申請した場合と比べて、4倍~5倍程度になる場合が珍しくないと好評です。

退職支援の窓口の特徴まとめ

退職支援の窓口 特徴

退職支援の窓口の特徴をまとめました。

退職給付金の申請をサポート

退職支援の窓口では、会社を退職した後に必要な手続きをすることで受け取れる「退職給付金」の申請をサポートしています。
個々のケースによって異なりますが、最大200万円まで「退職給付金」を受け取ることができます。

この申請手続きそのものは、退職支援の窓口でのサポートを得ずに、あなた自身で一人で行うことも可能です。
しかし、「退職給付金」の金額に大きな違いが出ることが珍しくなく、自ら申請した場合の4倍~5倍程度の差が出る場合が少なくないといったら驚くのではないでしょうか?

また、受給対象であるにも関わらず、受給適合者の0.5%しか、この「退職給付金」制度を使えていないという実態もあります。
退職支援の窓口では、各種申請に伴う難しい手続きなどを全てサポートしてくれるので安心です。

退職支援の窓口は、社会保険労務士の監修のもと、合法的な運営を行っています。

退職間近・転職先が決まっていない人が対象

退職支援の窓口が利用できるのは、以下の条件を満たしている人に限られます。

  • 保険証の「資格取得年月日」から「1年以上」社会保険に加入
  • 今日の時点では退職していない
  • 退職(予定)日が本日から「2週間~3ヶ月未満」
  • 現時点で転職先が決まっていない
  • 退職給付金の申請をまだ行っていない

自己都合・会社都合のどちらでも構いません。

退職支援の窓口では、退職代行は行っていません。
「退職を支援」するサービスではないため、くれぐれも間違えないようにしてください。

最短1ヶ月で受け取り開始

退職支援の窓口のサポートを得て申請を行うと、最短1ヶ月で「退職給付金」が受け取れます。

どの程度の期間がかかるかは個人差があるため、退職支援の窓口の担当者などに確認しておくといいでしょう。

全国対応

退職支援の窓口は、LINEやビデオ通話(Google meet)などのオンラインツールを活用して個別サポートを行います。

このため、インターネットがつながる場所であれば、全国どこからでも利用できます。

成功報酬制

退職支援の窓口の料金は、手付金に加えて、成功報酬制となっています。
成功報酬として、あなたが受け取った「退職給付金」の総額の10%~15%程度を支払うだけで構いません。

なお、退職支援の窓口を利用しても、退職給付金が受け取れなかった場合には1円も支払う必要はありません。
申込時に支払った手付金も返金されます。

豊富な実績

退職支援の窓口のサポート実績は1,500件を超えています。

運営元調査による利用者満足度は98.6%と非常に高いです。

退職支援の窓口の口コミや評判は?

退職支援の窓口を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

給付金の制度自体を知らなかったので、相談して本当によかったと思っています。
おかげさまで無事給付金を受け取り、新たな明るい人生のスタートが切れました!

ハードワークでしたが、退職して無事受給が開始されてからは、落ち着いてゆっくり生活が出来て、リフレッシュ出来ました!!

なかなか辞める勇気が出ませんでしたが、相談してよかったです。
言われた通りに申請するだけだったので非常に助かりました!

退職した後の生活が不安でなかなか踏み出せませんでしたが、サポートを受けて受給が確定してからはストレスや不安から解放されました!

まとめ

退職支援の窓口は、本来であれば対象者であるのにも関わらず、ほとんど知られていないために、申請者が非常に少ない退職給付金申請をサポートしています。
手続き自体も複雑なために、うまくいかないケースが多く、専門家のサポートが必要な場合も多いです。

退職支援の窓口を活用することで、あなたが対象者であれば、退職給付金を受け取れる可能性が飛躍的に高まります。
事前相談は無料のため、まずは問い合わせてみるといいでしょう。

>>退職支援の窓口の公式サイトはこちら