東進オンライン学校 小学部・中学部は無料?料金は高い?口コミは?

東進オンライン学校

東進オンライン学校は、主に小学生を対象とした「小学部」(国語、算数)、主に中学生を対象とした「中学部」(英語、数学)にわかれています。
小学部の授業は四谷大塚が担当し、中学部の授業は東進ハイスクールが担当しています。

東進オンライン学校は、2020年のスタート当初は「卒業するまで授業料無料」で話題になりましたが、現在は有料になっています。
2021年9月時点では、1ヶ月あたりの料金は2,178円~3,762円と、一般的な学習塾や個別指導、家庭教師などと比べると非常に安いです。

この東進オンライン学校の口コミや評判などをまとめました。



東進オンライン学校の口コミや評判は?

東進オンライン学校を受講した人たちの口コミや評判などをまとめました。

東進オンライン中学校。
全80回、受講修了しました。
1年間受講してみての感想です。

メリット
・好きな時間に受講できる
・1.5倍速にしたり、一時停止してメモしたり、自分のペースで聞ける
・無料(正規の年間授業料12万円相当なので内容は良し)

デメリット
・自分から取り組まないといけない
・1回で1時間程度の時間がかかる
・何度聞いてもわからない場合、進めなくなる
・わからないところを教えてもらうことができない

我が家は、土日に1講座づつ聞くようにしていました。
休校中は良かったけど、学校が始まったら毎日7時間授業で部活もあり、平日は時間が取れなくなりました。

土日に予定があったりするとだんだん溜まってきて、夏休み、祝日、テスト期間の部活休み等を利用して、少しづつ追いついて、って感じで終わることができました。
「学校の教科書レベル」とのことですが、前学年までの算数・数学が完璧に理解できている前提ですね。
引用元:モノより経験! 親と子の週末

特に低学年のお子さんの学習習慣をつけたいご家庭、塾には行きたくないけど問題集だけで勉強を進めるのが難しいお子さんに合いそうだと思いました。
自由に単元を選んだり先取り学習したいご家庭や、理科や社会も勉強したいという方は東進オンライン学校は合わないです。
引用元:まいにちマナブ

算数や英語はオンラインでも対応しやすい教科ですが、国語は録画によるオンライン講座では成果を出しづらく、多くの保護者の方が子どもの「国語力低下」を心配しています。
かといって自宅学習で親が子どもに教える分にも無理があるから「国語は後回し」にしてしまうと確実に国語力は低下してしまうでしょう。
引用元:中学受験教育ナビコ



東進オンライン学校の料金

東進オンライン学校の無料サービス提供期間は終了しました。
(無料期間中に申し込んだ人は、定められた期間まで無料受講が可能です)

これから、東進オンライン学校に申し込む人に関しては有料となっています。
2021年9月時点の受講料などをまとめました。(値段が全て税込)

なお、キャンペーンなどによって、割引が受けられたり、無料受講ができる場合もあります。
最新の価格は公式ホームページでも確認してください。

東進オンライン学校の最短受講期間は2ヶ月となります。
初月での退会はできませんが、初回14日間のお試し期間中の退会は可能です。

入会金

無料

受講料

月払い:毎月3,762円
年払い:毎年39,336円(1ヶ月あたり3,278円)

その他費用

バックナンバーは1ヶ月分あたり2,497円

教材はダウンロード形式のため、教材費の支払いは不要です。

支払い方法

クレジットカード

東進オンライン学校の特徴まとめ

東進オンライン学校 特徴

東進オンライン学校の特徴をまとめました。

スマホ・タブレット・パソコンから受講可能

東進オンライン学校は、Webブラウザ経由で受講できます。
Windowsパソコン、タブレット・スマホ(android、iOS)、chromebookに対応しています。

kindleやamazonFire、楽天koboなどは動作対象外です。

Macパソコンは、bootcampなどでインストールしたWindowsOS上でのみ動作します。
スマホ・タブレットは、追加で専用アプリ(東進講座受講アプリ)のインストールが必要です。

小学生/中学生が対象

東進オンライン学校は、小学部・中学部にわかれています。
それぞれ、以下の科目を受講できます。

小学部:国語、算数
中学部:英語、数学

小学部は四谷大塚が担当し、中学部は東進ハイスクールが担当しています。

講義の難易度は教科書レベルとなっており、難関中学・高校対策としては活用できません。
定期テスト、平均レベルの公立高校の受験対策として役立ちます。

なお、所定の手続きを済ませることで「飛び級」が可能です。
飛び級をすると、1つ上の学年の授業を受講できます。

「学校」と銘打っていますが、義務教育の小学校・中学校の代わりになるものではなく、学習塾の扱いです。

授業は動画配信

東進オンライン学校では、毎週火曜日・金曜日に授業動画が新たに配信されます。
ビデオ通話による授業ではないため、パソコンから接続する際にマイクやカメラなどを用意する必要はありません。

配信日に動画を見て受講することが推奨されていますが、配信日から6ヶ月間は何度でも見直すことができます。

教材は授業前にダウンロード

東進オンライン学校では、授業毎に教材を配布しています。

動画講義を受講する前にダウンロードし、必要に応じてプリンターで印刷しておく必要があります。

確認テスト・月例テストで理解度をチェック

東進オンライン学校では、毎回の授業の後に確認テストが行われます。
授業の内容を理解できたかどうかを確認できます。

確認テストの成績が悪かった場合には、次の講義に進むことはできません。
動画講義を見直して復習することで、合格に近づきます。

また、毎月1回、月例テストが行われます。
こちらも授業の理解度をチェックするテストですが、合格しないと次の講義を受けられないといったペナルティはありません。

月例テストは苦手分野をチェックし、復習し直すきっかけとしての位置づけとなります。

東進オンライン学校ではお試し入会を実施中

東進オンライン学校では、14日間のお試し入会を行っています。
内容に納得できなければ、入会後14日以内に退会することで、1円も代金は請求されません。

まずは、実際に東進オンライン学校の講義やテストなどを受講してから、続けるかどうかを判断するといいのではないでしょうか?

>>東進オンライン学校のお試し入会はこちら

タイトルとURLをコピーしました