キッズインターナショナルの学費は高い?チャイルドケアの料金は?口コミは?

【PR】

キッズインターナショナル

キッズインターナショナルは、東京、神奈川、千葉に展開するプリスクールです。
ネイティブティーチャーによる英語指導だけでなく、スクール内のコミュニケーションは全て英語のみと、幼児に英語を身につけるのに最適な環境となっています。

キッズインターナショナルは、週1回から通学することができます。
また、時間外にお子さんを一時預かりするチャイルドケアも9時から18時までの間で30分単位で利用できます。

しかし、キッズインターナショナルの学費が高すぎると、通わせるのが難しいのではないでしょうか?
口コミや評判などとあわせて調べました。

キッズインターナショナルの学費・料金

キッズインターナショナルの学費、および、各種料金をまとめました。
いずれも税込です。

なお、教室や時期などによって価格が異なる場合があります。
説明会などの際にキッズインターナショナルから提示される価格を確認するようにしてください。

キッズインターナショナルは認可外施設です。
国や自治体などからの公費助成は一切受けられないため、料金は全額自己負担となります。

初期費用

52,000円

年会費

登録料:3,300円
教材費:15,300円

授業料(月謝)

クラス 学費(税込)
マザーシップ 16,000円(チケット5回/1枚)
ファーストアドベンチャー 週1回:23,400円
週2回:37,200円
週3回:50,400円
週4回:59,700円
週5回:64,800円
プリスクール 週1回:33,200円
週2回:48,500円
週3回:61,200円
週4回:72,700円
週5回:82,700円
プリスクールプラス 週1回:67,300円
週2回:79,400円
週3回:90,400円
サタデープリスクール 週1回:29,000円
スーパーキッズ 週1回:14,400円
アフタースクール1 週1回:17,600円
週2回:31,300円
週3回:44,600円
週4回:55,600円
週5回:65,600円
アフタースクール2 週1回:18,700円
週2回:32,500円
週3回:45,800円
週4回:58,700円
アフタースクール3 週1回:19,800円
週2回:33,600円
アフタースクール4 週1回:20,900円

チャイルドケアの料金は、年齢・時間などによって異なります。

その他、希望者は弁当・おやつ(別料金)などの提供も受けられます。

キッズインターナショナルの口コミや評判は?

キッズインターナショナルに通わせている人たちの口コミや評判などをまとめました。

悪い口コミ

英語を習いたての子にはいいかもしれませんが、頭で理解したくなる段階になると、英語で遊ぶことがくだらなく感じるようです。
わが子は退屈になってきて、普通の英語学習塾にかえました。
引用元:英語教育ママのブログ

ネイティブの先生が机に座ったり、途中でドリンクを飲みながら授業をするという点が、日本の幼稚園では考えられないことなので、そういうのを見て、それが普通だと思って育ってしまうと日本では苦労することになるのかなぁと思いました。
引用元:みんなの英語ひろば

良い口コミ

キッズインターナショナルのようにアメリカのプリスクールを意識したカリキュラムの英会話スクールが少ないので、通える場所にあり助かりました。
週に1回~5回子供のペースに合わせて通園させることができるので、最初の1ヶ月は週1回で様子を見て、物足りないようだったので少しずつ回数を増やしていきました。
週3回以上なら料金も大差ないので、週5回で通わせていますが、1回4時間というのも他ではなかなか味わえないので、まさしく英語漬けの1週間を送っています。
日本語を覚えるように英語も抵抗なく覚えていっているので、プリスクールにいる時以外でも英語を使うことがあり効果を実感していますが、辞めてしまった時にこれがちゃんと残ってくれるのか少し心配ではあります。
引用元:レスナビ

子供をスポット的に預かっていただけるので、助かります。
臨時保育の場所は少し狭いのですけれど、逆に死角なく、目が届きやすくて安全です。
会員であればカメラで様子を見ることができるため安心して預けられます。

幼児期に子供がお世話になり、その後の海外赴任で現地校に入ってもお陰様で会話にも困らずスムーズにシフトできたようです。
引用元:google

外人の先生で基本的に日本語は話してくれません。
その代わり助手の人が必要に応じて通訳はしてくれます。

授業時間は2時間と長く、幼稚園生の子供には苦痛だったようです。
途中におやつタイムもあり唯一の楽しみだったようでした。

生徒の数は15名程度で先生の目は行き届くし、外から授業風景を親がのぞくこともできたので安心して預けることができました。
授業の最後には親の入室が許され、その日の授業内容の説明がありました。

交通の便は駅から離れている住宅地区にあるために車で送り迎えをしていました。
他の人たちは一部車で送り迎えの人もいましたが、周辺住民が多く自転車が主でした。
付近は駐車禁止の道路ではないので送り迎えに不便はありませんでした。
引用元:塾ナビ

キッズインターナショナルの特徴まとめ

キッズインターナショナル 特徴

キッズインターナショナルの特徴をまとめました。

東京都内を中心に展開

キッズインターナショナルは、東京都内を中心に、神奈川・千葉に展開しているプレスクールです。
2021年8月時点では、以下のセンターが開校しています。

東京:東麻布、白金台、品川、西葛西、五反田、碑文谷、ひばりが丘
神奈川:武蔵小杉
千葉:幕張

6ヶ月から通園可能

キッズインターナショナルは、生後6ヶ月から通園が可能です。
お子さんのみで過ごせるのは、生後1年6ヶ月以降となり、それまでは親子で滞在する必要があります。

また、通常のクラス以外に、一時預かり(チャイルドケア)を1歳から6歳まで利用できます。
チャイルドケアは9時から18時までの間で行っており、通常のクラスの前後だけでなく、単独で利用することもできます。

園内は英語のみ

キッズインターナショナルでは、基本的に園内のコミュニケーションは英語のみとなります。

ネイティブ講師は英語のみですが、アシスタントが通訳となって日本語を話す場合もあります。

年齢・学力などにあわせたクラスを展開

キッズインターナショナルでは、年齢別・学力別に以下のクラスを用意しています。

クラス名 対象年齢 主な内容
マザーシップ 6ヶ月~2歳 親子同伴が必須
日常で役立つ子育て英語や遊びを紹介
ファーストアドベンチャー 1歳6ヶ月~2歳6ヶ月 プリスクールの準備クラス
英語特有のリズムや音が自然に身につける
プリスクール 2歳6ヶ月~4歳 英語圏の子供が英語を体得するのと同等の環境
アフタースクール1 就園児~小学生 英語4技能の基礎を身につける
アフタースクール2 就園児~小学生 基礎英語力がある子供向け
アフタースクール3 就園児~小学生 身近な話題を簡単な言葉で表現
アフタースクール4 就園児~小学生 自ら英語で考え、英語で意思を伝える

それぞれのクラスで、オリジナルのカリキュラム・教材を用いて、英語力が向上するようにレッスンを行っていきます。

アフタースクール1~4はレベル別のクラス分けとなります。

週1回から通園可能

キッズインターナショナルはクラスによって開講回数は異なりますが、週1回から通うことができます。

週5回まで開講しているクラスもあるため、必要に応じて受講回数を増減できます。

ライブカメラでどこからでも見られる

キッズインターナショナルでは、園内にライブカメラを設置しており、リアルタイムで動画配信を行っています。
スマホやタブレット、インターネット接続可能なパソコンなどから、いつでもお子さんを確認できるので安心です。

なお、全く無関係な人物がライブカメラを見られないように、視聴画面はパスワード保護しています。
パスワードはこまめに変更されるので、安心です。

まとめ

キッズインターナショナルでは資料請求・無料体験レッスンを受け付けています。

体験レッスンの後、勧誘などを希望しない場合には、そのまま帰宅しても構いません。
いろいろと質問や相談したい場合は、担当者に確認する機会が設けられているので有効活用するといいでしょう。

なお、キッズインターナショナルの資料請求・無料体験は事前予約が必要です。
専用の問い合わせフォームから、24時間いつでも申し込めます。

>>キッズインターナショナルの公式サイトはこちら