英会話カフェLanCul(ランカル)はオンラインのほうがいい?

英会話カフェ LanCul ランカル

東京都内を中心に展開する英会話カフェLanCulランカル)は、定額制で楽しめるコミュニケーションスペースです。
英会話スクールのようにテーマやレッスン内容は決まっておらず、延々と雑談を楽しんだり、一つのテーマで討論したり、さまざまな楽しみ方が用意されています。

英会話カフェLanCul(ランカル)はアウトプットが中心です。
飲み物を飲みながら英会話を楽しむことで、実践的なリスニング力とスピーキング力を高めていくことができます。

英会話カフェLanCul(ランカル)は、都内を中心とした店舗と同じようにオンラインからでも利用できます。
遠方の人も気軽に利用できますし、アウトプットをするためにオンライン英会話スクールを利用するよりも楽しいです。



英会話カフェLanCul(ランカル)の特徴まとめ

英会話カフェ LanCul ランカル 特徴

英会話カフェLanCul(ランカル)の特徴をまとめました。

定額制

英会話カフェLanCul(ランカル)は定額制となっています。
会員になれば、オンラインを含めた全店舗で利用できます。

料金プラン

コースによって、1日あたりの利用時間や予約可能数などは異なりますが、その範囲内で利用するほどにオトクになります。

事前予約が必要

英会話カフェLanCul(ランカル)でセッションを受けるためには、事前予約が必要です。

アプリやWebサイトから24時間いつでも申し込み/キャンセルができます。
申し込み・キャンセルは、セッション開始時間直前まで受け付けています。

キャンセルなく無断欠席が多い場合には、LanCul(ランカル)の利用ができなくなるおそれもあります。

30カ国以上の「メイト」とトーク

英会話カフェLanCul(ランカル)で働く30カ国以上の店員は、セッション中は英会話の相手となります。

LanCul(ランカル)では、この会話相手の店員を先生や講師ではなく「メイト」と呼んでいます。

メイトがうまく話を引き出してくれますし、一般的な雑談のように、あなたを無視してトークを進める心配もありません。
英語が苦手な人でもカフェのリラックスした雰囲気で英会話を気軽に楽しめます。

アウトプットが中心

英会話カフェLanCul(ランカル)では、英会話スクールのレッスンとは異なり、会話によるアウトプットが中心です。
あなたの英語力を活かし、リスニング・スピーキング能力を高めるのに役立ちます。

カフェの気軽な雰囲気でトークを続けることで、英語に対する苦手意識がある人でもペラペラと英語が出てくるようになります。

オンラインからの利用も可能

英会話カフェLanCul(ランカル)は、東京都内を中心に店舗網が広がっています。

しかし、遠方に住んでいるために、東京に行く回数が少ない・全くない人や、首都圏に住んでいても新型コロナなどの感染リスクを考慮して店舗に行きたくないと言う人などでも役立つように、オンラインからでもzoomを使って受講できます。

オンライン受講の場合、LanCul(ランカル)各店で対面で会話するのと同じ感覚でセッションが行えるよう、Webカメラとマイクは必須です。
音声のみでのセッションは不可となっており、画像のみ・音声のみとなった時点で退出となる場合があります。

セッション中の会話の妨げにならないように、静かな場所から利用するように推奨しています。



英会話カフェLanCul(ランカル)の口コミや評判は?

英会話カフェLanCul(ランカル)を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

初心者の時間を設けてあるが、実質初心者はおらず、初心者とは英語は問題なく話せるが、レベルはそれほど高くないと感じている人たち。
主催者から「英語を話せないなら、英語教室に行った方がいい」といわれた。
習うより慣れろということで実践で学びたいと思う人は不向き。

英会話カフェは、カフェに行くのに時間がかかる。
個人的に、外国人や英会話を勉強している日本人の知り合いをつくるためなら、参加すべき。
でも本気で英語力を伸ばそうとしているのなら、英会話カフェよりも別の選択をした方が絶対にいい。

毎回都心まで通わなくてはいけないという点は難点なようです。
あとは楽しむということがコンセプトとなっているので、勉強して英会話を伸ばそうとする人にはあまり向いてないかもしれません。

ソファー席や2人掛けテーブルが並ぶラウンジ風の店内に、ひときわ人口密集度の高いテーブルが1つ!
英会話中のテーブルに違いありません。

初めてなので、そちらまで案内してもらって着席します。
キュートなポーランド人のメイト(LanCulでは、親しみをこめてここで働くスタッフを「メイト」と呼びます)のKasiaさんを中心に、お客さん6名がおしゃべりに興じています。

自分の名前が他のメンバーに見えるように、先ほどのカードをテーブル上のスタンドにセットしてスタンバイ。
会話が途切れたところでKasiaさんに促され、みなさんに名前を告げてご挨拶。
ちょうど日本人のホスピタリティについて話していたところなのだとか。

通常3~5人程度でテーブルを囲むことが多いそうですが、この日は席を立つお客さんがいれば、新たに入店するお客さんもいて、常にテーブルは満席状態(1人のメイトに対してお客さん7人程度で満席と考えているそうです)。
日中は女性のお客さんが多く、アフター5は仕事帰りの男性のお客さんが増える傾向にあり、年齢層は学生さんから高齢のお客さんまで幅広いそうです。
通い放題プランを利用して頻繁に訪れる会員さんが主なせいか、常連さん同士がとても仲良しなのが伝わってきました。

英会話に慣れる、リスニングを強化すると言った面ではとても使い安いと思います。
外国人のお友達と話すような気軽な感じですので、文法などは自分で勉強した方が上達が早いと思います。

英会話で重要なのはとにかく話すことだと思います。
しかし、ある程度お話し出来る方や外国人のお友達がいる方には薦めません。

スキルアップという点では日常会話だけでは不十分だと思うため、こういったカジュアルなスクールに行くよりもご自分で勉強するか、ビジネス会話のコースなどがあるスクールに行かれた方がいいと思います。

英会話カフェLanCul(ランカル)は無料体験を実施中

英会話カフェLanCul(ランカル)では、あなたの目的に合うかどうかをチェックするための無料体験を各店舗で実施しています。
実際に体験してから申し込むかどうかを決めるといいでしょう。

2020年10月時点では、オンラインからの無料体験は不可、店舗のみとなっています。

英会話体験自体は無料ですが、「カフェ」のため最低でも1ドリンクの注文が必要です。
店舗によってはお酒やフードなどもあるため、追加で注文しても構いません。

体験セッションは約20分間、その後、カウンセリングが1時間前後となり、合計90分程度かかります。

この英会話カフェLanCul(ランカル)無料体験は事前予約が必要です。
Webやアプリから24時間受け付けています。

>>英会話カフェLanCul(ランカル)の無料体験申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました