homulaで300以上のブランドの仕入れが可能!口コミや評判は?

【PR】

homula ホムラ

homula(ホムラ)は、アパレルや雑貨など、400種類を超えるブランドの商品を小ロットから仕入れることができる会員制のオンラインサービスです。
初回取り扱い時には返品することもできる(金額上限あり、要審査)ため、お試しで仕入れて販売するのにも効果的です。

また、homula(ホムラ)の支払いサイトは60日と長めです。(金額上限あり、要審査)
実際に商品が売れてから支払うだけの余裕があるため、資金繰りに余裕をもたせられます。

このため、homula(ホムラ)は、アパレルショップや雑貨店、セレクトショップなどの経営者や仕入れ担当者等からも口コミでも注目されています。
利用者からの評判などをまとめました。

homula(ホムラ)の口コミや評判は?

homula(ホムラ)を利用しているバイヤーの口コミや評判などをまとめました。

当然、画面で見ているものと、実際に手にしているものとでは違うと感じることはあります。
オンラインでも大まかには把握できますが、やはりディテールを把握しきれないことはありますね。

在庫リスクを抑えて仕入れができるhomulaですが、リスクを抑えるためのコストの負担は多少バイヤー側にかかること。

homula取扱商品のラインナップはセレクトショップ向けのミドルプライスからハイプライスまでの商品の為、アパレル販売経験の無い方がちょっと気軽にオシャレなアイテムやってみたい~というノリだと上手に販売出来ないかもしれません。
選りすぐりの商品を扱うhomulaだからこそ、その商品を仕入れたショップの販売力が試されますね!
引用元:BraBlog

このサービスは、規模の小さいセレクショショップやネットショップなどであれば、有り難いのかも。
幅広くバリエーションを持たせ、それぞれ2、3個の発注にしておき、下代で20万分なら支払いが翌月ではなく、翌々月なので、お店で売れた売り上げで支払うこともできると言うことですからね。
バイヤーにも、セレクトショップにも初回の発注に優しいシステムだなと思います。

展示会へ行くことが難しくなっていることや、お客さまのニーズの変化に柔軟に対応していくために、展示会発注では無くリードタイム短くスムーズに様々な優良な新規ブランドを店舗に導入していく方法はないかなと思っていました。
そんな時にまさにhomulaがそれを可能にしてくれていることを知り使ってみることにしました。

すぐに新商品を小ロットで仕入れられるhomulaのサービスのおかげで、お店の新鮮さを保つことができました。
60日超の支払いサイトや、初回に取り組むブランドとの取引は返品が可能といった点も、初めての取り組みへの保険的な意味合いで安心できるので、小売店にとても優しい仕組みだと感じました。

元々他社のオンラインの卸サービスに登録をしていたのですが、もうちょっとオンライン上で幅を広げられるものはないかなと思っていた時でした。
1人で運営をしているので、やりたい思いはあったのですが、取り掛かるのには少し時間がかかってしまい、今から2年ぐらい前に使わせていただいたのが最初でした。

シーズンが入れ替わる時期の2月とか8月は商品が入ってこないので、ショップがスカスカッとしてしまうときがあるんです。
その時に、思い切って新しいブランドを仕入れさせていただいています。
初回ブランドは返品ができてリスクが低く仕入れられるので、試してみてお客様の反応が良ければそのまま仕入れを続けさせていただいています。
ショップに新鮮さも出てとても助かっています。

homula(ホムラ)バイヤーの特徴まとめ

homula(ホムラ)でバイヤーとして仕入れを行う場合の特徴をまとめました。

個人事業主・法人が対象

homula(ホムラ)は、実店舗・ネットショップなどを運営する法人・個人事業主を対象としています。
消費者としてネットショッピング感覚で利用することはできません。

homula(ホムラ)入会時に審査が行われ、合格した個人事業主・法人のみが利用できます。

なお、アカウントは個人事業主・法人につき1つのみとなります。
複数のアカウントを持つことはできません。

いわゆる「せどらー」は個別に審査されるようです。

アパレル・雑貨などの仕入れが可能

homula(ホムラ)は、300種類を超えるブランドが登録されており、さまざまなジャンルの商品を仕入れることができます。

  • アパレル
  • ファッション雑貨
  • メンズ
  • ライフスタイル
  • ビューティ・ウェルネス
  • キッズ・ベビー
  • アウトドア
  • 店舗運営資材

なお、商品ごとに販売者(サプライヤー)からの取引条件が定められています。
取引条件に違反した場合には、そのサプライヤーとの取引停止やhomula(ホムラ)の強制退会などの処分がくだされるので、くれぐれも注意してください。

会費などは不要

homula(ホムラ)を利用するにあたり、月会費などの請求は一切ありません。

バイヤーアカウントは無料で保有し続けられます。

支払いサイトは即日・60日

homula(ホムラ)では、審査に合格した場合に限り、60日間の支払いサイトが認められます。

なお、バイヤーとしての信用度や売上などによって、上限金額が決められるため、無制限に利用できるわけではありませんが、すぐに困ることはないでしょう。

60日間の支払いサイトが認められなかった場合や、上限金額以上を仕入れる場合には、即日支払いでの仕入れも可能です。

初回取引時は返品可能

homula(ホムラ)では、初回取引のサプライヤーに限り、商品を返品できます。

なお、返品可能な金額には上限があり、返品手数料と返品時の送料は自己負担となります。
闇雲に取引先を広げると、上限を超えてしまって返品できなくなる場合があるので注意が必要です。

事前審査に不合格だった場合には、返品することはできません。

まとめ

homula(ホムラ)には、一定の条件はありますが、いずれも悪用を防ぐためのものであり、普通に使う分には影響が出ない場合がほとんどです。

仕入れルートの多様化や、売り場の隙間を埋めたいときなどに役立つのではないでしょうか?

>>homula(ホムラ)の詳細/申込はこちら