キャストネットキッズは退会者が続出?口コミや評判はイマイチ?!

キャストネットキッズ

乳幼児から15歳までを対象としたキッズ・子役プロダクション「キャストネットキッズ」は、入会時オーディションがないため、希望者は誰でも登録できます。

レッスンなどは希望制のため、自分の子供には必要がないと思ったら受講する必要がありません。
また、キャストネットキッズからオーディションを受けたり、希望しない仕事を強制される心配はありませんので、お子さんにあった仕事だけを選ぶことができます。

自社スカウトのタレントは別として、会費が高いプロダクションが多い中、キャストネットキッズは初年度16,200円、2年目以降は10,500円/2年(いずれも税込)で済むのも嬉しいですね。

しかし、キャストネットキッズに登録しても、必ず仕事ができるわけではありません。

キャストネットキッズでは、仕事の紹介をするものの、必ずしも採用されるとは限りません。
仕事を得るためには、オーディションを受けて合格する必要があります。

それだったら、キャストネットキッズに登録する必要性を感じないかもしれませんね。

口コミを見ていると、キャストネットキッズの退会方法を調べている人が多いのですが、退会者が多いということなのでしょうか?



キャストネットキッズの口コミや評判は?

まずは、キャストネットキッズの口コミや評判などをまとめました。

キャストネットキッズという事務所に16200円支払いましたが、その後なんの連絡もありません。
HPでは活動しているように装っていますが、ごく一部の人だけのようです。

仕事がないのしても、何かしらの連絡があってもいいと思いますが、振込先にお金を振り込んでまったくそれきりです。
引用元:Yahoo!知恵袋

「キャストネット・キッズ」はステップアップのためのプロダクションと考えて良いと思います。
なぜなら、「キャストネット・キッズ」はマネージメント活動をしていないため、親がマネージャとなりオーディションのチェックをして受けさせて、売り込みをしまいといけないからです。

ある程度実力がついてきたら違う事務所に移るのも考えましょう。
引用元:キッズモデル通信

『キャストネット・キッズ』側が指名で仕事を依頼する場合もありますが、残念ながらそれは滅多に無いケースのようで、親がこまめに会員ページを見て、「これは!?」と思った仕事にはすぐ応募しておく必要があります。

『キャストネット・キッズ』から声がかかるわけではないので、受動的な態度のままではいつまで経っても仕事はありません。
『キャストネット・キッズ』は一般的なプロダクションと比べると、マネジメント活動は低い方の事務所なので、両親がマネージャーとなり、会員ページを常にチェックする必要があるのです。
引用元:VASS

3年間入ってたけど、海外期間も長くてほとんど放置していたので退会しよう、と久々にログインすると「退会は電話してください」と書かれている。
今どき、しかもネット上の登録サイトの退会が電話なんだ。

で、かけてみると、

「わかりました、書類を送りますので郵送とFAXどちらが良いですか?」

FAXは使い慣れないので郵送で。

「郵送は到着まで1週間ほどかかります。」

え!?1週間も?じゃあFAXにしてください。

「FAXでも3日ほどお時間かかります。」

はあ?FAXに3日。。うける笑

ていうか、電話での退会ができないのなら、ログイン画面に退会手続きボタン作っておけば?
電話で名前と登録ID聞くだけなら、電話じゃなくてもいいじゃん?

「もしこのあと更新のお知らせが来ても更新料払わなくていいです。」

え?書類の受理日じゃなくて、この電話で退会になるんですね?
何のための書類なの??

「退会はお聞きしましたけど、書類は返信してください。」

あいまいなので何度も聞き直したけど、退会が電話をもってなのか退会書類確認日なのかは結局はっきりせず。
引用元:3歳と、世界一周ふたり旅^^ハワイ南米北欧中東アジア5ヶ月

キャストネットのコンセプトは「思い出づくり」
つまり、パパママとお子さんさんとの思い出づくりのお手伝いをするということですね。

お子さんの個性や家族の絆をテーマに普通の子供や赤ちゃんでもTVやCM、雑誌等に出演できるというシステムを構築しています。

なので、「本格的に芸能界デビュー!」「ベビーモデルにさせたい」というより「貴重なベビーの時期を思い出や記念に残したい」というようなパパママに向いているかもしれませんね。
かと言って仕事の方は、様々な業界からのオファーが有りやりがいはあると思います。
引用元:赤ちゃんモデルオーディションに応募したいと思ったら読むサイト



キャストネットキッズは会費を支払えばプロダクション登録が可能

キャストネットキッズは入会時オークションを一切行っていません。
初年度の年会費を支払えば、誰でも登録可能です。

キャストネットキッズに登録することで、芸能事務所に所属していない一個人だと応募資格がない案件への応募ができるようになります。

別の芸能プロダクションや劇団などに所属している人はキャストネットキッズに登録することはできません。

案件・オーディション情報は毎日更新

キャストネットキッズでは、テレビ番組、コマーシャル、雑誌やカタログなど、さまざまな案件やオーディションが用意されています。

案件 オーディション

キャストネットキッズの会員ページでは、応募可能なオーディションが一覧で表示されます。

この中から興味がある案件が見つかったら応募し、オーディションを受けるという流れになります。
オーディションに合格すれば、その案件の仕事ができますし、不合格の場合は別の案件を探すことになります。

募集期間が極めて短い案件もあるため、毎日、こまめに会員ページをチェックしている人も少なくありません。

わからないことがあれば、キャストネットキッズ所属のマネージャーがサポートしてくれますので安心です。

キャストネットキッズで募集しているオーディションは、首都圏で行われることがほとんどです。
オーディションに参加する際の交通費は自腹になることが一般的です。

オファーが来るのは極めて珍しい

極めてレアケースですが、キャストネットキッズの会員ページに記入したプロフィールを見て、テレビや雑誌などの制作担当者からオファーが来る場合があります。

オファーがあった場合には、キャストネットキッズの担当者から電話やメール、FAXなどで連絡が来ます。
高い確率で採用されることが期待できるため、あなたの希望に全く合わない仕事のオファーでもない限りは引き受けたほうがいいでしょう。

キャストネットキッズではスキルアップのためのレッスンは一切なし

一般的な芸能プロダクションでは、所属タレントの「商品価値」を高めるために、さまざまなレッスンに通うように指示されることが一般的です。

このレッスン費用は、スカウトされた将来有望なタレントを除くと、全額自腹になることが多く、芸能事務所に所属することでランニングコストが高くなる原因の一つです。

一方、キャストネットキッズでは、スキルアップのためにレッスンに通うように指示をすることは一切ありません。

依頼者の指示に合わせた適切な演技を行う子役やモデルなどとして作り込むのではなく、「普通」であることが求められるキッズモデルとして職場に送り込むために、あえて「何もしない」という方針です。

キャストネットキッズは所属タレントを使い捨てのコマのようにしか考えていない、放ったらかしで面倒見が悪いなどと感じるか、養成学校などのスクールビジネスの集金装置として扱われずに済むと感じるかは、あなた次第です。

あなたのお子さんのスキルアップを目指すためには、あなた自身が該当するスクールを探してレッスンを受けさせる必要があります。

キャストネットキッズの退会手続きは面倒くさい

オンライン手続きが一般的な時代にも関わらず、キャストネットキッズの退会手続きは昔ながらの紙ベースとなります。
口コミでも酷評が見られましたが、役所並みの対応にうんざりするかもしれません。

キャストネットキッズの退会手続きの流れをまとめました。

  • キャストネットキッズに電話して退会届を請求する
  • FAX/郵送にて送られてきた退会届を受け取る(最大1週間程度)
  • 退会届に必要事項を記入し、署名・捺印した上でキャストネットキッズに送る
  • 退会届が事務局に届いた時点で退会手続きが完了

すでに支払った会費の返金はありません。

会費の更新日間近に退会する場合は、退会手続きのやり取りの途中に更新日を迎えたとしても、更新日以降の会費を支払う必要はありません。
なお、退会届を電話請求した時点で会費の未払い分がある場合は、不足分を支払う必要があります。

>>キャストネットキッズの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました