ワンダーコード(WonderCode)の口コミや評判は?料金は高い?

【PR】

ワンダーコード WonderCode

(株)FCEエデュケーションが運営する「ワンダーコード」(WonderCode)では、英語を用いたプログラミング教育を展開しています。
シリコンバレーでうまれ、世界65ヶ国で導入されているプログラミングロボット「Dash」を活用し、世界レベルで通用するSTREAM教育を行っています。

ワンダーコード(WonderCode)は、主に未就学児から小学生を対象としていますが、スクールによって対応学年が若干異なります。
料金も教室によって異なることから、注意が必要です。

このワンダーコード(WonderCode)の口コミや評判などをまとめました。

ワンダーコード(WonderCode)の口コミや評判は?

ワンダーコード(WonderCode)を受講した人たちの口コミや評判などをまとめました。

悪い口コミ

近くに教室がないので通えません。

良い口コミ

英会話スクールは難しそう行きたくないと抵抗していた子どもが、ロボットを動かすワンダーコードには興味をもってくれた。
いざ通いだしてみたら、コードを組みロボットをプログラミングすることがとても楽しそうで。
また、英語が自然と耳に入ってくるからか、カタコトながら英語を話し始めた。
引用元:コエテコ

ゲーム感覚で楽しいレッスンを受けられます。
楽しいからこそ進んで通えるし、次から次へとステップアップを望むので、どんどん知識が増えていくのが分かりますよ。
引用元:子どもスクールナビ

他の英会話教室に通っていましたが、こちらに変えました。
他の英会話教室では出てこないようなレベルの単語が出てきて、初めは難しいかな?と思っていましたが、子供は楽しそうに参加しています。
やっぱり、ロボットを動かす時間が一番楽しそうです。
引用元:google

ワンダーコード(WonderCode)の特徴まとめ

ワンダーコード WonderCode 特徴

ワンダーコード(WonderCode)の特徴をまとめました。

未就学児から小学生が対象

ワンダーコード(WonderCode)は、未就学児から小学生を対象としています。
中学生以上は対象外となります。

なお、教室によって受講可能な年齢などは異なります。
小学5年以降、年中以下は受講できない教室もあります。

英語でプログラミングを学ぶ

ワンダーコード(WonderCode)は、プログラミングロボット「Dash」を用いてプログラミング的思考を身につけていきます。
具体的なプログラミング言語を学ぶのではなく、スマートフォンやタブレットで動く専用アプリを用いてDashを操作することで、遊びながらプログラミングを学べます。

また、ワンダーコード(WonderCode)の授業はすべて英語で行われます。
講師の英語が理解できなくても、イラストやロボットの動きなどを通じて自然に英語を理解できるようになっており、なんとなくでもレッスンを進めていけます。

STREAM教育

ワンダーコード(WonderCode)では、世界レベルで通用するSTREAM教育(※)を行っています。
そのために、以下の3つのポリシーを重視したレッスンを行っています。

FUN:日常的にある身近なテーマに触れながら好奇心を刺激し、楽しみながら自発的に学習
TEAM WORK:チームワークを通じて共に学び合い、相乗効果を生み出す
BALANCED:楽しみながら英語でプログラミングを学ぶ、バランスのとれたカリキュラム

(※)
Science:科学
Technology:技術
Robot・Reading:ロボット・読解力
Engineering:工学
Art:表現力・創造力・リテラシー
Mathematics:数学

受講開始時期・受講料などは教室によって異なる

ワンダーコード(WonderCode)は、全国各地に展開が進んでいますが、大きく、直営校・フランチャイズ校に分かれています。
フランチャイズ校は、学習塾や幼児教室、英会話教室やプログラミングスクールなどが運営元となっている場合が多いです。

直営校・フランチャイズ校のどちらを選んでも、ワンダーコード(WonderCode)そのものの学習内容に違いはありませんが、フランチャイズ校では独自カリキュラムなどを追加している場合もあります。

また、受講開始時期・受講料なども教室によって異なるため、受講を検討している教室に直接問い合わせたほうが確実です。

まとめ

ワンダーコード(WonderCode)は、幼児から小学生を対象としたプログラミングスクールです。
授業はすべて英語を用いて行われ、子供が興味を持ちやすいロボットプログラミングで、早い時期からITスキルを高められます。

教室によっては体験授業も行っていますし、受講することで特典が得られる場合もあります。

>>WonderCode(ワンダーコード)はこちら