ラボル(labol)カード払いは法人・個人事業主・フリーランス限定!

【PR】

ラボル labol カード払い

(株)ラボルと(株)オリエントコーポレーション(オリコ)が運営する「ラボル(labol)カード払い」は、銀行振込による支払いを、保有するクレジットカードで支払うことができる立替サービスです。
クレジットカードの現金化や他社ローン返済などの目的以外であれば、用途に制限はありません。(審査あり)

ラボル(labol)カード払いは、各種法人・個人事業主・フリーランスを対象としています。
初回利用時のみ、開業届や確定申告、法人登記簿や契約書などの書類が必要になります。

ラボル(labol)カード払いは、1件1万円から利用できます。
手数料は3%~3.5%と、他社と比べると低めの水準です。



ラボル(labol)カード払いの特徴まとめ

ラボル labol カード払い 特徴

ラボル(labol)カード払いの特徴をまとめました。

各種法人・個人事業主・フリーランスが対象

ラボル(labol)カード払いが利用できるのは、各種法人・個人事業主・フリーランスです。

初回利用時に、法人登記簿や開業届、確定申告書や決算書、契約書など、ビジネス活動を証明する書類の提出が必要になります。
柔軟に対応してもらえるようで、請求書を提示することで審査に通過したという口コミもありました。

また、利用者の本人確認書類(マイナンバーカード、免許証など)もあわせて必要です。

銀行振込をカードで行える

ラボル(labol)カード払いは、銀行振込の支払いをクレジットカードに立替えることができます。
振込人名義は自由に設定できるため、相手からはラボル(labol)カード払いを使用していることがわかりません。

以下のケースに当てはまらければ、さまざまなビジネスシーンで利用可能です。

  • クレジットカードの現金化にあたる利用
  • 別のクレジットカード・金融サービス(各種ローン・融資等)への支払い

ラボルによる個別審査が行われ、承認されれば、振込が行われます。
個別審査の際には、請求書や支払案内メールなど、銀行振込による支払いが求められている証拠が必要です。

支払いは、クレジットカードのショッピング枠を使用します。
キャッシング枠は使用しません。

使用可能なクレジットカード

ラボル(labol)カード払いは、「JCB・VISA・MASTER」のクレジットカードが利用できます。
AMEX・Dinersなどは使えません。

利用手数料は、VISA・MASTERが利用額の3%、JCBが利用額の3.5%となります。

なお、VISA・MASTERの表記があるデビットカード・プリペイドカードでも使えますが、仕組み上、即時支払となるために、ラボル(labol)カード払いで支払いを先送りすることはできません。
振込手数料よりも、ラボル(labol)カード払いの手数料のほうが安くなる場合であれば、利用するメリットがあるでしょう。

1件1万円以上

ラボル(labol)カード払いが利用できるのは、1件あたり10,000円以上となります。
上限額は、支払いに利用するクレジットカードのショッピング枠の利用可能残高までとなります。

高額の支払いでショッピング枠の限度額を超えそうな場合には、カード会社に一時増額申請を行うといいでしょう。

ラボル(labol)カード払いの口コミや評判は?

ラボル(labol)カード払いを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

悪い口コミ

資金繰りをしっかりとしていれば、全く不要なサービス。
手数料が取られる分だけ、かえって損をします。

ショッピング枠10万円のクレジットカードしか持ってないので、あまり使える機会がなかった。

良い口コミ

『ラボル カード払い』は借入ではないので、会社や個人の信用情報にキズはつきません。
また銀行融資のような面倒な手続きがなく、審査・面談不要、オンライン手続きのみで決済が完了するため、急いで支払いが必要なときにも便利なサービスです。
引用元:資金調達スタート

即日振り込みが可能であり、入金までの時間が短いと評判
引用元:請求書カード払いドットコム

ラボルカード払いを初めて利用する際、管理人は、請求書を提示しただけで審査に通過しました。
確定申告書や開業書を見つけ出すのが面倒な方や、設立間もない法人の方で確定申告書の提出経験がない方は、請求書を提示して手間をかけずに期日延長をするようにしましょう。

まとめ

ラボル(labol)カード払いは、銀行振込での支払いをクレジットカードで支払えるようにするための立替サービスです。
各種法人・個人事業主・フリーランスが利用でき、支払いを先送りするのに効果的です。

1件1万円以上の支払いに限られますが、ショッピング枠の範囲内であれば、上限なしで利用できます。

>>ラボル(labol)カード払いの公式サイトはこちら