ズバット車販売で欲しい中古車は見つかる?ヤフオクよりも危険?

ズバット車販売

欲しい車種の中古車を探す際に、あなたなら、どうやって見つけますか?

中古車販売店で売っていれば、状態を確認した上で問題なければ購入するだけですが、そう簡単には見つからないですよね。

中古車販売店経由でオートオークションで探してもらうか、ヤフオクや中古車販売サイトなどで探すのではないでしょうか?

中古車販売業者が見つけてきた車であれば、まだ信頼感があると思いますが、インターネットで見つけた場合、同じような情報が並んでいるばかりで、本当に購入してもいいものなのか判断がつかずに困ったかもしれません。

ヤフオクの場合は保証などが一切ない場合も多いですから、手が出しづらい部分もあるかもしれませんね。

「ズバット」というと、ズバット車買取のイメージが強いかと思いますが、ガリバーと提携して「ズバット車販売」として中古車販売も行っています。

インターネットからでは見つけられない非公開車両から、あなたが欲しい車種や年式などの中古車を見つけてくれるそうですが、果たして信用できるのでしょうか?

中古車買取のときのように、業者から営業の電話が次々とかかってきて、うんざりすることはないでしょうか?

ズバット車販売の口コミや評判は?

まずは、ズバット車販売を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

私が探して欲しい車は、いすゞのビークロス。
パッと見ただけでも特徴的な個性的なルックスの車で、現在では中々街で見かけることもないとてもレアな車です。

フォームを送信してから、10秒後くらいに早速、私の携帯電話が鳴りました。
私は、てっきり、このサービス運営のズバットからの電話かなと思ってましたが、実際に電話に出てみるとガリバーからでした。

コールセンターの担当者との電話内容をまとめると、希望の車種の確認と、営業マンが車の紹介に行ってもよいかというアポイントの確認でした。

そこで私は、「ビークロスの在庫はあるんですか?」と聞いてみたところ、
「私はコールセンターの担当なので、実際の在庫状況は分かりかねます・・・」
というなんとも頼りない答えだったので、
「じゃあ、実際に良さげなビークロスの在庫がありましたら、また連絡ください。」
ということで、電話を切りました。

実際に今後連絡来るかどうかは不明(なにせレアな車種なので)
引用元:元大手自動車買取店長が教える車の買取・査定の業界裏話(リンク切れ)

非公開車両からも探すとあったので『ズバット車販売』を使ってみたけど、欲しい車は流通が少ないからと他の車を紹介されたけど微妙だった。
タイミングが合わず最終的にほかのサイトで購入することに。
引用元:CarLike(カーライク)

とりあえずMクラスの人気車種で。しかも新古車で200万以内という横暴スタイル(笑)
この価格じゃ絶対ハイブリッドモデルは無理だろうなぁ~

普段知らない番号から電話なんて滅多にかかってきませんから恐る恐る電話に出てみると、、、
はやっ!申し込んでから2~3分くらいしか経ってないですよ(笑)

「ズバット車販売」中古車無料お探しサービスに申し込んだだけで、まさか営業の人と直接会って話を聞くつもりなんてなかったけど、、即効営業の人と会って詳しい話を聞く日にちが決まりました(笑)

ガリバーは大手としてマストで利用するべきでしょう。無料で担当者つけてくれるんですから(笑)

並行して大手中古車情報サイトもチェックしつつ、気になった車は販売店に問い合わせるっていうのがベストですね!
そして、担当の人(店)の人間性の部分は利用してみなければ分からない部分ですから、まずは利用して自分で判断しましょう!ということです。
引用元:IKETEL(リンク切れ)

毎日仕事でなかなか車探しに時間を避けませんでした。
そんな時にネットでたまたま見つけたのがこちらです。
お気に入りの車が見つかり、車探しをする手間が省けました。
引用元:ズバット車販売は危険な事故車?やばい車を紹介される確率は○%(リンク切れ)

ガリバーですが、ネット上では悪評が目立ちます。
営業ノルマが厳しいのかもしれない、ブラック会社なのかもしれないとの憶測も散見されました。

実際に、自分で「ズバット」を利用してガリバー社員に接触してみました。
なぜガリバー社員に接触するためにガリバー店舗へ行くのではなく、ズバットを利用したかというと、ズバット経由の方がより社員の接客対応などを見られると判断したからです。

訪問日当日。私がまさかの失態を犯します。
ガリバー社員が来ることを忘れ、別の用事を入れてしまっていました。
30分位はじっくり会話するつもりでいましたが、自宅を出る関係で実際に会話できたのは10分位。

営業スタッフさんと会った直後にも『別の用事で時間がない。申し訳ないが10分以内で提案してくれ。』と無理を承知で言ったところ、『あ!そうなんですか!?』とビックリしたリアクションはありましたが、嫌な顔されることなく受け入れてくれました。

実際どんな感じだったかというと、場所は玄関。
営業バッグから取り出したぶ厚めファイルから、ズバットで入力した希望条件にあった中古車を順番に見せてくれます。

私のリアクションはかなり薄め。どの車も全然興味ないように見えるようにしました。(というか、本当にそうだったのもありますが)
このファイルを見させてもらっている最中には、それとなくヒアリングをされます。全然嫌な感じではありません。

10分しかなかったので再度訪問日を取り付けてくるかなと思ったのですが、全然そんなことはなくアッサリと引き下がってきました。
またいいクルマがもし見つかったらご提案させてもらってもいいですか?と言ったきり、全く電話がかかってこないのはちょっとどうかと思いますけどね。笑
引用元:【定番】非公開車両から中古車を購入する方法

ズバット車販売の特徴

ズバット車販売 特徴

次に、ズバット車販売の特徴をまとめました。

実質的にガリバーの中古車販売サービス

ズバット車販売のWebサイトを運営するのは「ズバット」シリーズを運営している(株)ウェブクルーですが、実際の中古車販売はガリバーに丸投げしています。

このため、ズバット車販売のWebサイトで申し込んだ後は、ガリバーのオペレータがアポ取りなどの電話応対を行い、ガリバーのセールスマンが自宅などを訪問します。

口コミでも見られたように、しつこい電話営業や、セールスマンによる強引な営業もありません。
安心してサービスが受けられますね。

希望の中古車を探してもらう手間賃や保証などの分だけ、最安値の販売業者と比べると費用は高めです。

欲しい車を曖昧な条件でも探してくれる

具体的な車種や年式、希望価格などが決まっている場合は、在庫の有無や取寄ができるかなどの情報だけが手に入れば十分ですから、それほど手間取ることはありません。

一方、予算が決まっていて軽自動車かコンパクトカーが欲しいとか、年式の浅いハイブリッドカーを安く買いたいなど、あいまいな条件で依頼しても、ガリバーの担当者が候補をいくつか見つけてきます。

その中で気に入ったものがあれば購入し、希望にあった車が見つからなかった場合には、新たに探してもらうといいでしょう。

ズバット車販売では、中古車だけでなく新古車も探せます。
事故車は1台もありませんので安心してください。

非公開車両からの中古車探しも可能

非公開車両というと、業者オークションに出ていない「お買い得車」などと勝手に妄想をたくましくしがちですが、どうも違うようです。

何となく、転職サイトで見かける「非公開求人」のような特別なイメージがありますが、ここでいう「非公開車両」とは、ガリバーで買い取った後に業者オークションに出す前の車のことです。

業者オークションに出すよりも、自社内で売ってしまったほうが、利幅が大きい上に、販売価格も低めに設定できるというわけですね。

運が良ければ、あなたが希望する中古車が非公開車両から見つかって、いつもよりも安く購入できるかもしれません。

購入した車は最大10年保証/返却可能

保証料を別途支払う必要がありますが、国産車は最大10年、輸入車は最大5年間の保証をつけられます。

また、購入した中古車が気に入らなければ、国産車100日、輸入車30日以内であれば、返却料を支払うことで返品できます。

購入前の現車確認は不可

ロードサイドなどの中古車販売店であれば、商品となる中古車が目の前にあるため、購入前に確認することが可能です。

一方、ガリバーの中古車販売と同じように、ズバット車販売でも購入前に確認できるのは車の写真やスペックのみです。

実際に車が見られるのは、購入後、納車されたタイミングとなります。
このため、満足できなかったときのために返品可能というオプションが付いています。

購入してから納車されるまでに数週間程度かかることも珍しくありません。

ズバット車販売の利用の流れ

ズバット車販売 利用の流れ

ズバット車販売の利用の流れをまとめました。

  • ズバット車販売Webサイトで必要事項を記入して送信
  • ガリバー担当者から電話連絡(最短数分、最長2営業日)
  • 電話や自宅訪問などで車探し/候補の提案
  • 購入したい車が見つかったら注文

所要期間は、スムーズにいっても、1ヶ月程度は見ておいたほうがいいでしょう。

希望する条件によっては全く見つからない場合もありますので、同種の別サービス(ガリバーと提携していない業者を選ぶと選択肢が広がります)も併用するといいですね。
1社だけに絞り込んで依頼する必要はなく、電話営業などのわずらわしさを除けば、何社でも使えばいいわけです。

>>ズバット車販売の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました