Cひかりは勧誘がひどい?キャッシュバックが不十分との評判も?!

Cひかり

Cひかりは、NURO光の回線を使用したインターネット接続サービスです。
NURO光独自の最大2Gbpsの超高速回線と混雑時でも速度低下を防ぐことができるGPONテクノロジーをそのまま利用できます。

CひかりがNURO光と比べて、他社からの移転の際に必要となる他社解約手数料を最大50,000円まで代わりに支払ってくれるというキャッシュバックが魅力的です。

また、Cひかりは申し込んだ後のフォローも充実しています。
申込書類を送付するだけでなく、わからないことがあれば電話でのフォローで解決できますし、契約後2ヶ月目にで困ったことがないかを確認するための電話(アフターコール)も行うほどの念の入れようです。

しかし、このアフターコールでオプション契約や別の商品の勧誘をするのではないかとか、キャッシュバックが不十分ではないかといった不満も見つかりました。

すでに13,000名以上申し込んだというCひかりの口コミや評判はどうなのでしょうか?



Cひかりの口コミや評判は?

まずは、Cひかりを利用している人たちの口コミや評判などを調べました。

去年C光から営業の電話があり、キャッシュバックと違約金の返金と、契約の重複期間の電話料金の返金するとの事で、いざ契約してみると話しが違い違約金の額からキャッシュバックの金額を引いた額しか戻らず、最初に営業してきた人を電話出すように言っても出さずカスタマーセンターと、担当代理店のタライ回しで、話にならずまるで詐欺会社です。
皆さん気をつけるように。
引用元:jpnumber

月額基本料金に関してはNURO光の方が安い
引用元:熱湯ネット

Cひかりは、NURO光の設備を利用した光回線サービスです。
つまり、NURO光とCひかり両方が、回線品質・速度とも全く同じものとなります。
すでに2013年からサービス開始をしているNURO光は、速度に定評がありますので、Cひかりも速度には期待ができます。
引用元:みつかるネット

Cひかりの口コミを見てみると光コラボではよくある「回線速度が遅い」という口コミは一つも見当たりませんでした。
ですので、Cひかりの利用者は回線速度について満足しているのかもしれませんね。
引用元:ネットク光



Cひかりの特徴

Cひかり 特徴

次に、Cひかりの特徴をまとめました。

NURO光の光回線をそのまま使用

NURO光

Cひかりは、NURO光の光回線をそのまま使用しています。

NURO光では、独自のGPONテクノロジーを用いており、光ファイバー1本あたり最大8分岐までと制限をかけています。

GPONとは - IT用語辞典
GPON【Gigabit Passive Optical Network / Gigabit PON】とは、光ファイバーによる公衆回線網において、一本の回線を複数の加入者で共用するPON上で様々な通信方式のデータを送受信する技術。家庭向けの高速なデータ通信サービス(FTTH)などで用いられる。PON(Passive O...

他社光回線(フレッツ光やコラボ光など)は、GE-PONテクノロジーと光ファイバー1本あたり最大32分岐まで行っているため、混雑時に極端な速度低下が起こる可能性が高いです。

一部では切り札のように言われている「IPv6パススルー」「IPoE」に切り替えても、光ファイバーの分岐が大きすぎる問題は全く解決しないため、期待したほどの高速化には繋がりません。
混雑時に数Mbpsだったのが、数十Mbps~数百Mbpsになる程度です。

Cひかり・NURO光では、GPONテクノロジーと光ファイバーの分岐を減らすことで、安定した高速通信を実現しました。
実測値でも1Gbps近い速度が出るケースが珍しくありません。

Cひかりは、下り最大2Gbps、上り最大1Gbps(いずれも理論値)と、NURO光と同じスペックです。

利用可能エリアはNURO光と同じ

利用可能エリア

CひかりはNURO光の回線を使用しているため、利用可能エリアも全く同じです。

サービス開始当初は関東だけでしたが、徐々に大都市を中心にエリアを拡大しています。

なお、サービスエリア内の都道府県でも、市町村・番地単位でエリア対象外となる場合があります。
サービスエリアになるまで待つか、早期開通を希望するリクエストを出しておくといいでしょう。

ソフトバンク携帯を持っていると「Cひかりネット割」で割引

Cひかりネット割

ソフトバンクのスマホやタブレットを契約していると、毎月最大1,000円の割引が受けられます。

「まとめてでんき」で割引

関東・関西がサービスエリアの「まとめてでんき」を契約すると、Cひかりの月額基本料が毎月500円(税込)割引されます。

まとめてでんき
対象の光回線とセットでおトクになる電気サービス「まとめてでんき」のページです。まとめてでんきは、おトクで安心品質な電気サービスです。対象の光回線とのセット利用で、光回線が月額500円(税込)割引になります。

関東エリアは(株)CDエナジーダイレクト、関西エリアは大阪ガス(株)が小売電気事業者として電力を提供します。

Cひかりの費用

2020年4月時点の「Cひかり」の費用をまとめました。
価格はすべて税別です。

契約事務手数料(初期費用):3,000円
月額基本料金:4,980円(初月無料)
基本工事費:40,000円(30ヶ月間の分割払い:キャンペーン中につき無料)
契約解除料:20,000円(2年更新で更新月以外に解約した場合)

オプション

特記事項がなければ、いずれも1ヶ月あたりの価格です。(税別)

NURO光でんわ:関東500円、東海・関西300円
ひかりTV:1,000円~3,500円
つながるWi-Fi(Wi-Fiリピーターのレンタル):980円(初月無料)
満足サポート:500円
ギガPC Powered by System:500円
カスペルスキーセキュリティ:500円
らくらくバックアップ無制限:500円
キキホショ+:500円
いつでもかけつけ365:500円
リモートサポート:500円
とくとくネットスーパー Powerd byデリキチ:600円

CひかりとNURO光のどちらがオトク?

光ファイバーの比較サイトを見ていると、CひかりよりもNURO光のほうがオトクといった意見が多いですね。

そこで、両者ともに同じ部分は省略し、違う部分だけをまとめました。

比較項目CひかりNURO光
月額料金4,980円(初月無料)4,743円
解約手数料20,000円
(2年以内)
9,500円
(更新月以外)
キャッシュバック他社解約手数料
最大50,000円まで負担
43,000円(公式)
他社解約手数料
最大25,000円まで負担
+最大83,000円(代理店)

短期解約をしなければ、NURO光が絶対に優れているというわけではなく、極端な差がないことがわかります。

なお、Cひかりは「カスペルスキーセキュリティ」がオプションですが、NURO光では無料で使えます。
Windows10であればOS標準のセキュリティソフトでも十分な効果がありますし、iPhone(iOS)では基本的に不要という立場のため、それほど気にならないかもしれません。

>>Cひかりの詳細/申し込みはこちら

>>NURO光(公式よりもお得な代理店経由)の詳細/申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました