タクシー体験入社.COMは未経験者でも利用できる?口コミや評判は?

タクシー体験入社.COM

タクシー業界は、地方では車社会が一般的なのと、大阪を中心とした「5,000円以上は半額」などの過当競争の影響で、全国平均では年収200万円程度のため、生計を立てるほどに稼ぐことは困難です。
一方、首都圏は慢性的な不足状態が続いているため、年収平均でも400万円以上、年収500万円を超えるタクシードライバーが少なくありません。

2019年7月にスタートした「タクシー体験入社.COM」は、全くのタクシー未経験者でも首都圏のタクシー会社に体験入社ができるWebサービスです。

タクシー会社への転職支援サービスを行う転職道.COMを運営する(株)日本総合ビジネスが、気軽にタクシー会社の中身を体験できるように「タクシー体験入社.COM」をスタートしました。

転職道.comで高給取りのタクシードライバーになれる?評判は上々?!
タクシードライバーというと、長時間労働で時間が不規則な割には稼ぎが少ないというイメージではありませんか? 変に規制と規制緩和が入り乱れた状態になっている上に、乗客数の減少傾向が続いていることもあって、タクシードライバーが割りを...

「タクシー体験入社.COM」は、タクシーで営業運転を行うために必要な二種免許がなくても参加はできますが、普通自動車免許(取得後3年以上)は必要です。

タクシー体験入社.COMで体験入社しただけで賃金がもらえますし、募集要項や求人票ではわからないタクシー会社の内部情報がわかるという点が魅力的です。

タクシー体験入社.COMの口コミや評判は?

まずは、タクシー体験入社.COMを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

席について体験スタート。
説明が始まる!と思いきや、最初に優しく投げかけられたのが…「じゃあまずは疑問点を聞いてみましょうか。何でも質問して下さい。包み隠さずお話しますので」
このお言葉がとても印象的でした。
まずは体験される方の質問をお伺いするスタイルなんですね!

そこで、タクシー業界が未経験の方は恐らくほとんどの方が抱くであろうこの質問を…「未経験の自分が、完全歩合制度でしっかりと生活できるくらい稼げるんでしょうか!?」

社員全142名の売上表をもとに丁寧にご説明。
実際の売上を数値で確認でき、『完全歩合制度できちんと稼げるのか』という不安を払拭してくださりました!
引用元:タクシー体験マガジン

大きく「社内体験」と「乗車体験」の2種類を用意。
体験者はおよそ2~3時間のプログラムを通して、社員と同様の業務等を体験する格好になります。

希望するタクシー会社の体験に応募、体験入社という形で訪問し、テストや同乗体験などしっかりした体験を受けることができます。
これだけのサービスが受けられるのであれば、転身希望される方の不安は、かなり解消されるのではないでしょうか。
引用元:ガシェット通信

まずは洗車機の使い方を教わりました。
実際に操作方法を教わり、私も洗車機を動かしてみることに。
生まれて初めて、洗車機を動かしました(笑)
夏は暑いし、冬は寒いですし、洗車機があるとかなり楽になりますよね。

洗車機を見た後は、実際にタクシーに乗らせていただきました!
今まで、タクシーの後部座席に座ることはあっても、運転席に座ることはなかったので、非常に貴重な体験でした。

1時間30分という限られた時間ではありますが非常に充実した内容となっており1時間30分で5000円いただけちゃうなんて、驚きです。
引用元:タクシー体験マガジン

この投稿をInstagramで見る

日本初のタクシー体験入社サイトの イメージキャラクターになってます( ^_^)/ お仕事前に体験出来るって めっちゃよくない?😳 しかも、ちゃんと報酬ももらえる(・д・。)!! 知らないこといっぱいあって 勉強になったなあ |゚Д゚))) アルバイト感覚でできるから 気になる方は是非体験してみてください😌💬 URL検索してみてね👇👇  https://taxi-taiken.jp/  #タクシー体験入社.COM #インターンシップ #タクシードライバー #タクシー乗務員 #タクシー求⼈ #1日体験 #東京バイト #短期バイト #日払いバイト #日雇いバイト #派遣バイト #アルバイト

ゆいみんさん(@yuimin_gram)がシェアした投稿 –

会議室での担当者様から自己紹介と会社説明、実際に営業車の助手席に乗っての体験に関する注意事項など。
丁寧に、そして気さくにお話ししてくださいました。

続いて見学をさせて頂いたのは教習室。
入社したての方など、地理試験対策や、会社独自の地理に関する傾向と対策などはここでしっかりと行います。
『ご自分の稼ぎにも繋がることなので、結構皆さん真剣に聞き入ってくれますよ』とのこと。
タクシー業界のルールなどもここで初めて知るようです。

その後、「助手席」のみの体験乗車になります。
乗車後→乗務員から体験の方へ質問or質問受付を約20分間。
体験乗車中は基本『空車』で走行のため、実際にお客様が乗車するケースも十分に考えられます。
引用元:タクシー体験マガジン

タクシー体験入社.COMで申し込めるのは南関東のタクシー会社のみ

タクシー体験入社.COMで体験入社を受け付けているのは、南関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)のタクシー会社です。
北関東や、その他の地域のタクシー会社の体験入社受付はありません。

特に多いのが東京都のタクシー会社です。

2019年7月時点では埼玉0件、千葉1件でした。

タクシー体験入社.COMでの参加条件/体験内容は各社によって異なる

タクシー体験入社.COMから応募するにあたって、各社とも必須としているのが、普通自動車の運転免許証の取得(2種免許でなくても良い、免許取得から3年以上経過)です。
その他の条件は、タクシー会社によって変わります。

各社とも、キッザニアのような「おしごと体験」ではなく、タクシー会社は採用活動の一環として体験入社を行っているため、冷やかしでの参加を断るケースが多いです。

もちろん、意欲が高かったものの、タクシー会社で職場体験した結果、興味を失うといったケースはありますから、タクシー会社側も「求人に応募しない人はお断り」という態度は取りません。
最初から働く気もないのにも関わらず、目先の小遣い稼ぎのために応募する人は受付を拒否される場合もあります。

タクシー体験入社.COM 体験

また、タクシー会社によって体験内容も異なります。

  • タクシー会社の社内見学(会議室、仮眠所、休憩所、浴室など)
  • 実際に働いているタクシー運転手とのコミュニケーション
  • アルコールチェック機や運転シミュレータなどの体験
  • 地理試験テスト体験(タクシーの営業運転に必要な試験の一つ)
  • 車両点検体験
  • 車両清掃体験
  • タクシー会社の敷地内で実際にタクシーを運転
  • 貸切状態にした上でタクシー同乗体験(お客さんは乗りません)
  • 助手席に同乗してのタクシー営業体験(お客さんが乗る場合もあり)

など

これらの内容を1時間~3時間程度かけて行います。
体験入社終了後は、簡単なアンケートに答えるだけですから手間がかかりません。

公道上での運転は、2種免許及びタクシー業務適正化特別措置法に規定する試験に合格しない限りは行えないため、体験入社では絶対に行いません。
タクシー会社の敷地内(駐車場など)は私有地扱いのため、タクシーへの乗車体験ができます。

希望者は体験入社後に入社試験が受けられる

タクシー体験入社.COMでタクシー会社を体験した後、希望があれば、引き続いて入社試験を受けることも可能です。
もちろん、体験入社をした当日でなくても構いません。

入社意欲はあるが、最後に自分のイメージとのズレがないかを確認しておきたいといった場合に、職場見学を兼ねて参加するのに役立ちますね。

>>タクシー体験入社.COMの詳細/申込はこちら

タイトルとURLをコピーしました