わんまいるの健幸ディナーはまずい?一人暮らし向きの宅配弁当?

わんまいる 健幸ディナー

1食あたり400キロカロリー以下、塩分3.5g以下という、栄養管理士が栄養面を考慮した夕食のおかずが手軽に食べられる宅配弁当「わんまいるの健幸ディナー」は、冷凍された状態で送られてきます。

できたての状態のままで冷凍し、解凍して湯煎すれば手軽に食べられる「わんまいるの健幸ディナー」は、累計販売数160万食を超えるほどの人気です。

しかし、わんまいるの口コミを調べていると、まずい、値段が高い、在庫処分の食材を使っているのではないか、一人暮らしには不向きなどといった疑惑も出ています。
果たして、「わんまいるの健幸ディナー」で満足することはできるのでしょうか?



わんまいるの健幸ディナーの口コミや評判は?

まずは、わんまいるの健幸ディナーを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

美味しいおかずなんて一品もなかった。
どれも似たような味付けで甘くて濃くて。量は少ないし。

栄養バランス?味がどうしようもなければバランスの取りようもない。
まだ品物が届いてないのにカードから引き落とされるし、とにかく不味いの一言。

材料は良いものなのかもしれないので相当残念。
引用元:クチコミクス

わんまいるの冷凍惣菜を食べてみましたが、どれもだしがきいていて本当においしかったです。

塩分をただ控えると味気ないだけですが、わんまいるの場合はだしの旨みが活かされていて物足りなさを感じません。
素材のよさを活かした味付けが楽しめます。

また、主菜1品と副菜2品で味のバリエーションがあるので飽きずに食べられるのもいいですね。
ただし、量は少し少なめ。
引用元:ベジ太郎のおいしい食卓(リンク切れ)

わんまいるはちょっと割高だと感じました。

国産100%の原料を使っているうえ、老舗惣菜仕出し専門店などに委託して調理しているこだわりの宅配食なので、この価格は仕方ないのかもしれないのですが・・・
送料も他社と比べると高いですね・・・・

それと品数が少ないのがちょっと残念。
主菜が割とボリューミーなので、全体の量としては他の宅配食とそれほど変わらないと思いますが。いろいろなおかずを食べたい!という人は少し物足りなさを感じるかも。

また「電子レンジでチンするだけ」という宅配食が多いなか、わんまいるの宅配食の調理方法は湯煎か流水での解凍になります。
レンチンの手軽さには負けてしまいますね。
引用元:食事宅配ライフ

コンパクトに冷凍できるような形状で冷凍されているので、冷凍庫内でもかさばらずに保管できました。
わんまいるのおかずを食べるときの解凍方法は、それぞれのパッケージに記載しているので迷うことなく調理できます。

白米は付いていないので、必要に応じて自分で用意します。
引用元:食材宅配サービス比較ランキング

以前から体調が悪かった私は、健康診断で高血圧症だと診断されました。
そこで毎日の食事を何とか改善しなければと思い、思い切ってわんまいるのお試しセットを申し込んでみました。

実際に利用して思ったのは、栄養のバランスがとても考えられていることと、味の良さですね。
調理も簡単でしたし、とても美味しかったです。

ちょっと薄味だと感じる料理もありましたが、高血圧症の私には良い薬だと思っています。
今後は定期セットを利用し、健康な身体を作っていきたいです。
引用元:みんなの評判ランキング

わんまいるの健幸ディナーの評価は?

口コミサイトでのわんまいるの健幸ディナーの評価をまとめました。

クチコミクス 評価
みんなの評判ランキング 評価

わんまいるの健幸ディナーは平均レベルというところですね。
個人差、好き嫌いが出やすいといったところでしょうか。



わんまいるの健幸ディナーはおかずのみ

わんまいる 健幸ディナー おかず

わんまいるの健幸ディナーには、ご飯などの主食はついてきません。

おかずのみが冷凍された状態で個包装で送られてくるため、必要であれば、ご飯やパンなどを用意する必要があります。

調理方法は湯煎/水による解凍のみ

調理方法

わんまいるの健幸ディナーで送られてくるおかずは1品ずつ個包装されています。

調理方法は湯煎、もしくは、流水による解凍のみとなっており、時間も指定されていることから、迷うことなく調理ができます。

弁当タイプの容器をレンジで解凍する方法と比べると手間がかかりますが、熱いものは熱く、冷たいものを冷たいままで食べることができるという点はメリットです。

なお、おかずごとにビニール袋に個別包装されているため、弁当タイプと比べてプラスチックごみが多くなりやすいですし、盛り付ける食器が必要です。
使用した食器は、食後に洗わないといけないのも面倒と感じるかもしれません。

管理栄養士による国産食材のみを使用した献立

わんまいるの健幸ディナーで使用している食材は、日本国内で生産・収穫したものばかりです。
主に大阪近郊で収穫された野菜、大阪中央卸売市場や各地の漁協から直送された海産物、全国の生産者から買い付けた精肉などを使用しています。

これらの国産食材をもとに、管理栄養士が栄養面を考えたレシピを作成し、京阪神の有名料亭やホテルなどに納めている老舗惣菜仕出し専門店が調理します。
完成したおかずを瞬間冷凍することで、合成保存料、合成着色料は不要ですし、鮮度を落とすことなく、全国各地に配送できる体制を整えています。

わんまいるの健幸ディナーは値段が高め

わんまいる 健幸ディナー 価格

わんまいるの健幸ディナーは5食分で1セットとなり、4,260円(税別、送料別)となります。
1食あたり852円(プラス送料)となるため、外食が多い人からすると大して変わらないかもしれませんが、家族が多いと、食材を買って自宅で調理したほうが安上がりです。
食事の時間がバラバラといった場合には、わんまいるの健幸ディナーを試してみるのもいいでしょう。

一人暮らしだと、自炊しても食材を使い切れない場合が多いため、冷凍惣菜が常にスタンバイしているというのは心強いですね。

なお、初回お試しだと1セット3,480円(1食あたり696円)、定期購入にすると同じく1セット3,686円(1食あたり737円)と多少は安くなります。

定期購入には、最低購入回数の縛りはないため、いつでも気軽に解約できます。
解約手続きは電話/メールで行えます。

>>わんまいるの健幸ディナーの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました