桜島活泉水の取水地はどこ?口コミや評判から温泉水の効果を調べる

桜島活泉水

同じ天然水であっても、取水地によって、硬度やミネラルなどの配合量は大きく変わります。

例えば、日本国内の天然水は軟水が中心ですが、エビアンやコントレックスは硬度の高い硬水です。
富士山近くの天然水はバナジウムが多めですし、霧島の天然水はシリカが多めといった具合に、産地による特徴もみられます。



桜島活泉水」は、桜島の温泉をボトリングしているのかと思わせますが、桜島の麓、垂水市の地下700mの火山層を流れる地下水を取水しています。

桜島活泉水は汲み上げ時は-316mVという天然のアルカリイオン還元水であり、さまざまなミネラル分がバランスよく含まれているのが特徴です。

桜島活泉水は2リットルのペットボトルで販売されているため、ウォーターサーバーを契約するよりも手軽に楽しむことができます。

桜島活泉水の口コミや評判は?

まずは、桜島活泉水を愛飲している人たちの口コミや評判などをまとめました。

驚いたのは、植物や花に桜島活泉水をあげると、普段よりイキイキすること。
特に、仏様に供える花は、これまで持っても1週間でしたが、桜島活泉水をあげると、長い時で2週間近く咲いています。
引用元:桜島活泉水~口コミでみる温泉水の驚きの効果

私はもともとアレルギー体質で、近年は、腕や肩にできた湿疹のかゆみに悩まされていました。
それが、活泉水を飲み始めてからは、かゆみがスーッと引いたうえ、湿疹そのものが消えてしまいました。
引用元:水と健康

毎日桜島活泉水を朝と夜にコップ1杯ずつ味を噛みしめながら飲んでいますが、その結果、なんと1ヶ月で2kgやせました!!\(^o^)/

以前とかわりなくな~んにもしていないのにすごい!
やっぱり基礎代謝が上がるっていうのは本当のようですね。

ただ、水を飲んでいるだけで痩せるなんて、、、
これは、知らないとちょっと損ですね!
引用元:芸能人も飲んでいる桜島活泉水!女性にうれしい効果が盛りだくさん!

色んなお水を試して最後にたどり着いたのがこのお水です。
まろやかで飲みやすく、ほのかに甘みも感じられます。
これを飲んだら、水道水には戻れませんね(笑)
引用元:アークライフ

私も、活泉水を毎日飲んでいますが、とてもおいしいので、水道水が飲めなくなってしまうほどです。
この水を飲み続けているせいか、便通もよく、私の髪の毛は黒々としています。
引用元:鹿児島 桜島の活泉水(かっせんすい)口コミ・効果をレポート



桜島活泉水は特徴がいっぱい

桜島活泉水 特徴

桜島活泉水は、桜島の火山層を流れる地下水を採水しています。
桜島活泉水は温泉として利用することもできますし、以下のような特徴があります。

さまざまなミネラルをバランスよく配合

桜島活泉水には、さまざまなミネラルがバランスよく含まれています。

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム
  • ナトリウム
  • ゲルマニウム

など

水の粒子が小さい超軟水

クラスター

桜島活泉水の粒子(クラスター)は、水道水や一般的なミネラルウォーターと比べて小さいため、体内にスムーズに吸収されます。

また、硬度が2.0~3.0という超軟水のため、体への負担も少なく非常に飲みやすい印象です。

弱アルカリ性/アルカリ性

pH

桜島活泉水は水素イオン濃度(pH)が8.8~9.5の弱アルカリ性、もしくはアルカリ性です。

ナスやリンゴ、バナナ等と同じpHです。

家庭用品品質表示法ではpH8.0~11.0を弱アルカリ性と定義している一方、鉱泉分析法指針ではpH7.5~8.5を弱アルカリ性と定義しています。

強い抗酸化作用

抗酸化作用

桜島活泉水は、水源から汲み上げた時点で-316mVという強い酸化還元力を持っています。
継続して飲み続けることにより、抗酸化作用が期待できます。

>>桜島活泉水の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました