なでしこ健康生活で発芽玄米を安心して炊ける?炊飯器の口コミは?

なでしこ健康生活

発芽玄米・酵素玄米を炊き上げるための炊飯器として、大きく以下の3種類が出回っています。

  • 酵素玄米Pro2
  • クック圧力名人シリーズ
  • なでしこ健康生活

酵素玄米を作る場合、マイコン式の炊飯器と保温ジャーを別々に用意する方法もありますが、場所をとるので手軽に試せないですよね。

この中で、酵素玄米Pro2とクック圧力名人はIH、なでしこ健康生活はマイコン式となっています。

温度調節機能などの細かさを考えると、マイコンよりもIHのほうが優れていますが、電磁波の放出量もIHのほうが圧倒的に多い点が指摘されています。

発芽玄米や酵素玄米を作る際、炊飯器の電磁波の影響を指摘する意見もありますが、それだけで「なでしこ健康生活」を選ぶ理由になるのでしょうか?



なでしこ健康生活の口コミや評判は?

まずは、なでしこ健康生活を利用している人たちの口コミや評判などをまとめました。

酵素玄米が炊けると銘打っていますが、届いた取説にはその詳細はほとんどなく「小豆ご阪」の炊き方の説明となっている始末。
炊きあがり、入れた小豆は食べられるものの、固いものでした。
酵素が出るように2日~3日置く間に小豆も柔らかくなるのでしょうか・・・。
引用元:amazon

普通の炊飯も酵素玄米ができる炊飯器ということで楽しみにしていました。

2合の白米を「ふつう」で炊く時に5回に1回くらい圧力の抜ける警告音の後に、圧力が抜けない(圧力がかかってない?)ほんの少しの抜ける音しかしない…など、どうも安定しません。
メーカーとしては問題ないとのことですが、操作ボタンを押しても反応が悪かったり、保温すると結構頻繁にカチカチと音がするなど、そこそこ高い炊飯器なのに、今までの有名メーカーと比べると、当たり前と思っていた所で不安が多くあり、後悔しています。
引用元:楽天市場

なでしこ健康生活を使う前は、玄米に臭みが出てしまうこともありました。
お湯で自分で発芽させる時には、めんどうだけど、ちゃんとお湯を変えないと臭みが出ちゃうんですよね。

でも、なでしこ健康生活を使うと、そういう臭みがぜんっぜんないんです。

2時間しか発芽に時間をかけていませんけど、、、「しっかり発芽してる!!!」
口に運んで食べてみた感想としては、、、「もちもちっ☆ぷりぷり!」「あま~い♪」もう玄米とは思えないくらいの美味しさです。

炊飯器でこんなに味が違うとは・・・
引用元:うさぎのトミーのブログ

発芽玄米ご飯を炊くのに、発芽時間を4時間と6時間と両方試してみましたが、発芽6時間の時は、4時間の時と比べて、少し柔らかめに炊き上がりました。
これはこれでモチモチして美味しいですが、6時間の時は、気持ち水を控えるとか、設定で香ばしさをアップしたりするといいかなと思います。

酵素玄米にする為、5日間程保温をしますが、保温を始めてから何時間経過したかを表示してくれるので、24時間後、48時間後、72時間後という具合に1日毎にかき混ぜるのに、タイミングがわかりやすくて便利です。
引用元:価格.com

発芽玄米ごはんだけでも素晴らしいのですが、こちらの炊飯器を使って美味しく炊けると注目されているのが、酵素玄米ごはん!
本当におすすめで、家族にも知り合いにもプレゼントするほど!

玄米は胃がキリキリしてしまうので苦手・・・というわたしもこれで炊いた発芽玄米ごはん、酵素玄米ごはんなら美味しく食べられると愛用している炊飯器です。
引用元:【美穀小町】厳選国産100%雑穀

なでしこ健康生活の評価は?

口コミサイトでの「なでしこ健康生活」の評価をまとめました。

amazon 評価
楽天市場 評価
yahoo!ショッピング 評価

多くの人が「なでしこ健康生活」を高く評価していることがわかります。



「なでしこ健康生活」は発芽玄米・酵素玄米以外にも使える

なでしこ健康生活 機能

「なでしこ健康生活」を購入する理由として、発芽玄米・酵素玄米を選ぶ人が多いです。

しかし、その他にも、「なでしこ健康生活」はさまざまな機能を持っています。

  • 白米/玄米などの炊飯
  • 電気圧力鍋(最大1.8気圧まで対応)
  • パン発酵・焼き上げ
「なでしこ健康生活」なら、白米なら6合まで、発芽玄米/酵素玄米は4合まで炊けます。

発芽玄米・長岡式酵素玄米を簡単に再現できる

発芽玄米

「なでしこ健康生活」は、発芽玄米を手間をかけずに炊き上げる専用のモードを用意しています。

急ぐ場合には、最短2時間で高圧力によって一気に玄米を発芽・炊飯していきます。
普段は、夏場は4時間、冬場は6時間を選んでおくと、自動的においしい発芽玄米が炊きあがります。

酵素玄米

また、「長岡式酵素玄米」は、酵素玄米の元祖とも言える存在ですが、研修会に参加して、指定された機材を購入し、決められた手順に従って作る必要があります。
このため、手間と時間、お金がかかるのが難点でした。

「なでしこ健康生活」の「円熟炊き」、独自の温度・圧力調節機能により、「長岡式酵素玄米」に近い出来栄えの酵素玄米を手間を掛けずに作ることができます。

炊飯は全自動で行いますし、保温中も温度と湿度が自動的に調整されますので、1日1回程度、かき混ぜる程度の作業で、数日後には酵素玄米が食べられます。

「なでしこ健康生活」はマイコン式炊飯器のため、IH炊飯器が発生する大量の電磁波に悩まされる心配はありません。

メンテナンスが簡単/補修部品が手に入りやすい

メンテナンス

どれだけ「なでしこ健康生活」が多機能だったとしても、すぐに壊れてしまったり、消耗品が手に入らなくなっては使い物になりません。

なでしこ健康生活は、家電量販店/ネット通販などの一般店舗だと3年保証ですが、公式ショップで購入すると5年間の無料修理が受けられます。

中古品や転売品などの場合は、いっさいの保証が受けられません。
故障したら廃棄するしかありません。

また、消耗品は無料修理の対象外となり、実費となりますが、販売元では消耗品の販売も行なっているため、ネット通販で手軽に調達できます。

>>なでしこ健康生活の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました