ポテパンキャンプ落ちた、日本死ね?選考の難易度は?働きながら学べる?

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプ(POTEPANCAMP)は、プログラミングを学べるオンラインスクールです。

全くの未経験者向けに用意された「オープンクラス」と、Webエンジニアを目指す人向けの「選抜クラス」という2種類のコースが用意されています。

「選抜クラス」に関しては、そのクラス名からもわかるように、入会時に選考審査が用意されており、選考基準を満たしていないと容赦なく落とされます。

「ポテパンキャンプ落ちた、日本死ね」などと言った人がいるかどうかは知りませんが、ポテパンキャンプで学ぶのであれば、その先を見据えているでしょうから、入会時選考は通過しておきたいですよね。

選抜クラスを卒業し、ポテパンキャンプから斡旋された会社に就職・転職すれば、ポテパンキャンプの受講料が無料になるメリットもあるため、あなたも興味があると思います。

ポテパンキャンプを「就職最強スクール」などと呼ぶ人もいるそうですが、他業種などからIT業界に転職/就職するにあたって、プログラミングスキルを身につけるべく、働きながら学べるのでしょうか?



ポテパンキャンプの口コミや評判は?

まずは、ポテパンキャンプで学んだ人たちの口コミや評判などをまとめました。

ネット上では、プログラミングスクールの情報を調べてもアフィリエイターの記事が殆どです。

特にポテパンキャンプの受講生による評判は見たことがありませんでした。
なので、1個人として正直にポテパンキャンプを受講した感想をご紹介したいと思っています。

早期離職をしてしまった僕はお金がなかったので、価格は大きな検討材料となりました。

ポテパンキャンプの本課題はより実務向きであったと言えます。
ただ実務向きである一方、個人的には難しく感じました。

要するに、他人に育ててもらうようなマインドを持っている方には、厳しいスクールだと言えます。
ただ、そのような方はエンジニアになるのも難しいと思いますね。
引用元:note「ポテパンキャンプを受講したガチの感想を語る」

ポテパンキャンプは、プログラミングスクールの中で最高レベルの教育の質です。
僕自身、すでに5社くらいプログラミングスクールを取材していますが、正直スクールにいっても「即戦力」には程遠いんですよね。
なぜなら現実で通用するスキルは卒業後に独学で身につけなければならないから。

しかし、ポテパンキャンプは実践さながらのコードレビューを、ポテパンキャンプや、東証一部上場企業のエンジニアからフィードバックを受けることができます。
「入社した会社よりもポテパンキャンプの方が厳しかったので成長できた」と現役エンジニアに言わせるほどです。

ほかのプログラミングスクールって、自社開発の企業をなかなか紹介してくれません。
SESだったりすると、就職できてもあまり成長しにくいのです。

一方ポテパンキャンプは「完全に自社開発企業しか紹介しない!」というスタンスでやっています。

実際、卒業生では1年で自社開発企業に転職、そこで修行して市場価値700万円ほどになり、常にスカウトがくるレベルにまでなられている方もいらっしゃいます。
自社で用意している求人も、非常に質の高い求人ばかりです。
引用元:DAINOTE

弱みとしては、スキルをRuby on Railsに絞っている点にあります。
Ruby on Railsは、近年目覚ましい成長を遂げ、多くの企業で使われる技術となりましたが、すべての人に合うスキルというわけではありません。

ポテパンキャンプは、Ruby on Railsに絞ったカリキュラムを作成しているため、他に逃げ場がないということになります。

もしあなたが、Ruby on Rails以外のスキルを身につけたいと思ったら、プログラミングスクールを変える選択肢が必要となります。

したがって、ポテパンキャンプに挑戦しようと思っている人は、少なくともRuby on Railsの特徴を理解して、それなりの知識を持った状態で参加する必要があると考えています。
この選択範囲の狭さが、ポテパンキャンプの弱みといえます。
引用元:IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方

サービス当初は3割くらいの受講生が途中で脱落していたそうですが、最近では面談による受講生のフィルタリング、学習サポートの精度向上などによって、9割以上が最後まで完走するようになったそうです。

さらに転職成功率も90%以上。
つまり、ポテパンキャンプを真面目に3~4ヶ月受講すれば大抵の人はエンジニアになれます。

IT専門学校に数百万円の授業料支払って、2年もかけてだらだら技術を学んでエンジニアになるくらいなら、どう考えてもポテパンの方がいいですね。
と、ここまでは今ほかのスクールでも同様の実績を上げているところは少なくありません。

が、ポテパンキャンプの場合、そこからさらに「フリーランス」を見据えた就職先アドバイスまでやってくれるんです。
ポテパンはフリーランス専門エージェントもやってますからね。

ただ、就職させれば良いという考えではなく、フリーランスになるために必要なスキルを順当に身につけられる現場を紹介してくれます。
スクールを卒業した直後から独立を意識させてもらえる環境って素晴らしい。
引用元:RYUKEN OFFICIAL BLOG

ポテパンには選考があります。
昔の選考基準はかなりやさしかった様ですが、最近は倍率がかなり高くなっており完全初心者はお断りな模様。

そりゃ、10万で実質無料という破格でスクールを運営しているので、おんぶに抱っこは無理ですね。

僕は、Progateを終えた段階で選考に挑みましたが、見事落ちましたw 
無料カウンセリングを受けてから選考を受けることも出来るそうなので、選考を受ける前に話を聞きに行くのもアリかもしれません。
僕は一気に選考を受けてしまい撃沈したので。w

振り返ってみると、Railsチュートリアルを終わらせてから選考に進むべきだったと強く後悔しています。
実際の課題が、Railsチュートリアルの何倍も難しいそうなので、チュートリアルを終わってない段階の人は、まず門前払いなのでしょう。仮説ですが。
引用元:ブシトライフ

ポテパンキャンプの特徴

ポテパンキャンプ 特徴

次に、ポテパンキャンプの特徴をまとめました。

ポテパンキャンプは、短期間のうちに次々とカリキュラムや手法などが変わるため、古い情報だと役に立ちません。
本サイトでは2019年5月時点の情報を掲載していますが、公式サイトなどで最新の内容をチェックするようにしてください。

2種類のコースを用意

ポテパンキャンプでは、以下の2種類3コースを用意しています。
2019年5月時点の費用は以下の通り。(全て消費税別)

  • 選抜クラス(入校時審査あり)
    • キャリアコース(3ヶ月間:25万円)
    • ビギナーコース(4ヶ月間:30万円)
  • オープンクラス(選抜なし、2ヶ月間、10万円)

以前は、ポテパンキャンプへの入学には年齢制限がありましたが、現在は、誰でも入校/審査を受けることができます。
乳幼児から後期高齢者まで、誰でも入校・審査が受けられます。

また、従来は、ポテパンキャンプの入校時審査は一発チャレンジでしたが、現在はリベンジ(再審査)が可能です。
審査に落ちたからと言って、ポテパンキャンプ選抜クラスへの入校を諦める必要はありません。

選抜クラス

「キャリアコース」は、Railsチュートリアルを修了し、Web開発の基礎レベル(HTML、CSS、JavaScript、Ruby、Ruby on Rails、Git、SQL、コマンドラインなど)を熟知し使いこなせるレベルであることが前提条件です。

このレベルに達していない限りは、審査で確実に不合格になりますので「日本死ね」と言いたくなるかもしれません。

なお、Web開発の基礎レベルのスキルは持ち合わせていても、Railsチュートリアルは未受講という人向けに用意されているのが「ビギナーコース」です。

キャリアコースの内容に加えて、1ヶ月かけて「Railsチュートリアル」を学ぶカリキュラムが追加されています。

オープンクラス

オープンクラスはプログラミングやITスキルが全くない/自信がない人が、Web開発の基礎レベルを身につける段階に到達することを目的とした2ヶ月間のコースです。

オープンクラスに関しては、入会時審査はなく、希望者は全員入学して受講できます。

選抜クラスの審査で落ちた人は、オープンクラスから始めたほうがいい場合もあります。

全コースがオンライン学習のみ

かつては、東京渋谷にあるポテパンキャンプ校舎で学べる機会もありましたが、現在は選抜クラス・オープンクラスともに、全てのカリキュラムがオンライン上で行われています。

このため、定期的に渋谷に通える受講生だけに限らず、全国どこからでもポテパンキャンプを受講できるようになりました。

なお、ポテパンキャンプで講師に質問する場合、チャットベースで問い合わせることになります。
講師とビデオ通話や対面で教わる機会はありませんし、他の受講生が誰なのか知る由もありません。

逆に言えば、24時間、時間に縛られずに学習できますので、働きながら取り組む人には便利かもしれませんね。

受講にはMacパソコンが必須

ポテパンキャンプでは、受講生はMacパソコンを使用していることが前提です。

以前は渋谷の校舎に通う必要があったため、Macノートだけに限定されていましたが、現在は全てオンライン学習のため、MacデスクトップPCでも構いません。

なお、WindowsやLinuxなど、Mac以外のOSを使っていてもバレないとは思いますが、Rubyの環境構築から始める必要があるのと、Macで使う場合との環境の違いを理解した上で、自分自身で翻訳する必要があるため、何かと面倒くさいです。

Rubyを習得するのであれば、Macパソコンのほうがストレスなく取り組めるので、宗教的にアップルが嫌いという人でも1回は触っておいたほうがいいでしょう。

業務で通用するスキルが身につく

ポテパンキャンプの選抜コースでは「現場に匹敵する実践的な課題」が与えられます。
熟練したITエンジニアがバディとしてついてくれるOJTなどをイメージするとわかりやすいでしょう。

ポテパンキャンプの講師は、IT企業の技術最高責任者(CTO)レベルの人が多いからです。

実際に受講生からも「実務より厳しい課題」などと揶揄されるケースも少なくないほどであり、しっかりとした実力がつけられる「研修」といっても良いかもしれません。

転職支援サービス/フリーランスとしての独立が可能

ポテパンは、ポテパンキャンプ以外に、転職支援サービス「ポテパンキャリア」、フリーランスエンジニア向けの案件紹介「ポテパンフリーランス」を運営しています。

ポテパンフリーランスで在宅案件は見つかる?口コミや評判はどう?
フリーランスのITエンジニア向けに好単価な案件を紹介してくれる人材紹介サービスが、ポテパン(株)が運営する「ポテパンフリーランス」です。 ポテパンは、ポテパンフリーランス以外にも、プログラミングスクールの「ポテパンキャンプ」、...

ポテパンキャリアでは、自社開発を行なっているIT企業などから、Rubyが使えるエンジニアの求人を集めているため、ポテパンキャンプで学んだスキルとのミスマッチに苦しむ必要はありません。
転職後にスムーズに業務に入れます。

「人身売買」だけが目的の派遣業者やSES(System Engineering Service)業者などは一切含まれていません。
自社開発やSIの最上位企業ばかりです。

ポテパンフリーランスでも同様に、Rubyを使う案件を紹介してくれますので、学んだスキルが無駄になりません。

なお、選抜クラス卒業後に、ポテパンキャリアを利用して内定を得たり、ポテパンフリーランスで仕事を見つけることで、ポテパンキャンプの受講料が25万円分キャッシュバックされます。

キャッシュバックされるまで、ポテパンキャンプを卒業してから数ヶ月程度かかるため、ポテパンキャンプ入学時に支払う費用が0円になるわけではありませんが、まとまった資金が手に入るのは嬉しいですね。

ポテパンキャリア、ポテパンフリーランスともに首都圏の企業が大半です。
地方在住者にとってはメリットは薄いですが、地方ではITエンジニアそのものの需要も乏しいため、上京を考えたほうがいいかもしれません。

選抜クラスの審査に合格するためのポイント

ポテパンキャンプ 選抜クラス 難易度

ポテパンキャンプの選抜クラスの合格率は一般公開されていませんが、噂によると合格率は10%~50%程度と相当なバラツキがあります。
この数値がどこまで本当かは分かりませんが、少しレベルの高い資格試験や難関校の入試と同レベルと言えるでしょう。

選抜コースに入学できれば、卒業後にIT企業からのスカウトや内定が受けられる可能性が高いわけですから、ある程度は「狭き門」になるのも仕方がないでしょう。

入会時審査は面接で行われます。

どのような基準で合否判定が行われるかは、以下のFAQが参考になるでしょう。

Q:選抜クラスの選考基準は?
A:Webエンジニアへなりたいモチベーションの高さやコミュニケーション能力、過去の経歴、採用企業からのニーズなどで総体的に判断させて頂いております。
応募条件を満たしていれば、どれだけ学習を進めているかは評価にならないため、応募条件を満たした段階でご応募いただければと思います。

実際に面接を受けた人の感想でも、応募条件に関しては、「Railsチュートリアル」や「Web開発の基礎」レベルのスキルが有るかどうかのチェックを会話の中で簡単に行う程度ですから、そこで回答に窮することがなければ問題ないでしょう。

むしろ、新卒採用時の面接のように、将来的なポテンシャルがどれだけあるか、ポテパンキャンプのカリキュラムで挫折せずに最後までやり遂げられるか、Webエンジニアになったら何をしたいかなどといった、キャリアに関する質問が多いです。

就職/転職面接を受ける感覚で取り組んだほうが、ポテパンキャンプ選抜コースの合格率が高くなります。

なお、ポテパンキャンプや選抜クラスについての質問や相談は、無料カウンセリングで解決できますので、事前に「試験対策」などを聞いておくのも良いかもしれません。

>>ポテパンキャンプの無料カウンセリング申込はこちら

タイトルとURLをコピーしました