LEARNie(ラーニー)で英会話を学ぶ効果は?口コミや評判は?

LEARNie ラーニー

小学生向けオンライン英語サービス「LEARNie」(ラーニー)は、一般的なオンライン英会話スクールのように、講師と生徒がマンツーマンで学ぶスタイルではなく、講師一人に対して複数の受講生が参加するグループレッスンを採用しています。

学習効率を高めるにはマンツーマンレッスンがいいと言われている中で、「LEARNie」は、あえて逆行しているように思われますが、本当に英語力の向上に役立つのでしょうか?

受講生の数が増えるほどに、英語を話す時間は確実に減りますし、カリキュラムも画一的なものになりがちです。

学校の科目としての「英語」を学ぶのであれば、学習塾や通信講座などを使って学習したほうが効果的です。

LEARNieは、2017年の日本e-Leaning大賞「語学教育特別部門賞」を受賞するなど、対外的に高く評価されているそうですが、問題点や不安点も見られます。
LEARNieで英会話を学んだら、十分な効果が得られるのでしょうか?

LEARNie(ラーニー)の口コミや評判は?

まずは、LEARNieの受講生の口コミや評判などをまとめました。

基本的にグループレッスンのみでマンツーマンではありません。
体験レッスンを受けてみて、やはり子供には一人一人のレベルに合わせてくれるマンツーマンレッスンの方が良いと思いました。
引用元:英会話学習プロ

LEARNieではバイリンガル講師を採用しています。
つまり、英語を話すことができる、日本人が英語を教えてくれます。

子供は外国人相手だと、不安を感じたり、親近感を感じられなかったりします。
そして、幼少期は英語の基礎を学ぶ時期ですので、外国人講師である必要は決してありません。

わからないことを英語で説明されても、全くわからないですよね。
日本語ならしっかり理解することができます。
引用元:English Hacker

先生は正直、当たり外れがあります。
しかし一度変更をお願いしたところ、すぐに対応してもらえました。

ただ、素晴らしい先生に出会えたところで、運営側の理由により突然先生を変えられた時は、大変残念でした。
突然の講師の変更やクラス変更については、事前の連絡も無く、お気に入りの先生を変えられ、残念です。

オンライン英会話は大変助かるスクールです。
その分、接続や音声トラブルもありますし、生徒の人数によっては突然クラスを変えられることもあります。
引用元:Glolea!

子供の時に無理矢理、英語を学習させると英語そのものが嫌いになったり、オンラインでレッスンを受講するのが嫌になってパソコンの前に立つのが嫌になったりと、トラウマになってしまう可能性があります。

そこで、LEARNie(ラーニー)は、アクティブラーニング形式のグループワークやゲーム形式のアクティビティを取り入れたカリキュラムでレッスンを進行していくので、楽しくレッスンを続けることができ、英語の学習がトラウマにならないようにしています。

また、グループレッスンを通して知的好奇心や共感的好奇心が刺激され、「考えるちから」や「ひとを思いやるちから」の面でも成長できるように工夫されています。
引用元:英語サポート.com

内容は割とストイックで、アルファベットを読んでいく、単語を読んで意味を確認という感じでしたが、子供が楽しんでいるので良いです。
レベルが上がっていくのが楽しみです。

他のスクールでは、1:1なのでより先生によりばらつきがあり、また同じ先生がとれなかったりするのはやっぱりデメリットだと思います。
またカリキュラムが少しあいまいでしたが、ラーニーはカリキュラムがしっかりしていてよいです。

ただ、ラーニーは高いです。
家の近くの英会話教室より高いという・・・
引用元:価格.com

LEARNie(ラーニー)の特徴

LEARNie ラーニー 特徴

次に、LEARNieの特徴をまとめました。

英語4技能のうち「ライティング」は対象外

LEARNieで行っている独自のレッスン「LEARNieメソッド」では、英語4技能のうち、

  • listening(リスニング:聞く)
  • speaking(スピーキング:話す)
  • reading(リーディング:読む)

の強化を目的としており、writing(ライディング)は対象外です。

スピーキング能力を鍛えることでライティング能力も自然と向上します。
「口で言う」と「文字で書く」の違いでしかないため、それほど心配する必要はありません。

鶴川女子短期大学専任教員で英語学習学コーチ・イングリッシュプレスクール勤務の橋元知子さんが「LEARNieメソッド」のカリキュラムやコンテンツを監修しています。

全くの英語未経験者からでも、平均4年程度で日常的な英会話がスムーズに行えるようにカリキュラムが構成されています。

講師は英語や英会話が得意な日本人

英会話スクールというと、日本人講師は日本語訛りがひどいから論外、フィリピンなどの英語が公用語の国の講師も独特な訛りが文法をしっかりと身につけていないのでダメといったイメージがつきものです。

このため、イギリスやアメリカなどの英語圏のネイティブ講師から学ぶのがベストだと思いがちですが、外国語学習のスタート地点としては適切ではありません。

言語獲得および第二言語習得における臨界期仮説が有名ですが、臨界期までであれば、日本語だけ・英語だけを話せる人が相手でもスムーズに言語習得が行えますが、それ以降だと母国語として身につけるのは遅いという説です。

臨界期は遅くても5歳まで、最近は生後半年までという報告も出ています。

小学生は臨界期を過ぎているため、日本語を母国語として身につけた状態で「外国語」として英語を学ぶことになります。

英語しか話せない講師が相手だと、コミュニケーションがスムーズに行えないため、子供にとっては恐怖や不安が強くなるばかりです。

このため、LEARNieでは帰国子女や海外赴任・留学経験が豊富な日本人を「バイリンガル先生」として採用しており、小学生相手に英語を教えるためのトレーニングを行なった上で指導を行なっています。

日本語と英語を併用したレッスンによって、未学習者をスムーズにレベルアップさせることができるのです。

グループレッスンが中心

LEARNieは、講師一人に対して受講生が数人程度のグループレッスンとなっています。

LEARNieでは、英語力が同じレベルの受講生でレッスンを受けられるように配慮されています。

グループレッスンだと一人あたりに費やされる時間が短くなるので、マンツーマンレッスンのほうがいいというのが一般的なイメージですよね。

しかし、LEARNieではアクティブラーニング形式のグループワーク・成果物の発表を導入することで、この問題点の解決と、小学生の時期に求められるチームワークや協調性、自主性などを養うのに役立ちます。

グループワークや成果物の作成、プレゼンテーションなどを通じて受講生同士が互いに刺激し合うことで、英語を学ぶだけでなく、深い思考力や洞察力、他人に対する思いやりなども身につけられるのです。

週1回のレッスン

LEARNieは、学習塾や習い事などと同じように、週1回、同じ曜日の同じ時間帯にオンラインで接続し、グループレッスンを受けます。

他の受講生が退会したなどの理由で、レッスンを受ける人数が減った場合は、受講時間などが変わる場合もありますが、基本的には、同じ時間に同じ講師から学ぶことになります。

1回60分のグループレッスンは、以下の流れで進めていきます。

  • ウォームアップ(前回の復習など)
  • インプット(英単語や英文法、発音などの学習)
  • ゲーム形式アクティビティ
  • アクティブラーニング形式グループワーク
  • 学習成果の発表
  • 振り返り(会話形式でのフィードバック)

発表動画はレッスン終了後に送られてくるため、学習成果を親が確認するのにも役立ちます。

また、レッスン終了後には、動画のチャレンジ問題が送られるため、さらなるレベルアップに役立ちます。

LEARNie(ラーニー)の申込には無料体験の受講が必要

LEARNie ラーニー 無料体験

LEARNieは、いきなり入会申し込みをすることはできません。
無料体験レッスンを受けた上で、希望者のみがレッスンを申し込むという形になっています。

無料体験レッスンでLEARNieの仕組みやレッスンなどに納得した上で、スムーズに受講してもらいたいという理由によるものです。
健康食品の定期購入などのように、勝手に入学させられる心配はありません。

無料体験レッスンの受講にあたっては、以下の準備が必要です。

  • インターネット接続回線(安定して3Mbps以上の速度が出ることを推奨)
  • パソコンの使用を推奨(スマホは不可、タブレットは動作が不安定になる場合あり)
  • インターネットカメラ(デスクトップパソコンの場合は必須)
  • マイク付きヘッドフォン(デスクトップパソコンの場合は必須)

2019年5月時点では、毎月の受講料が6,980円(税別)となっており、その他の費用(入会料や教材費、退会費など)は一切不要です。

レッスンは以下の範囲で行われています。

月曜日~金曜日:17時から21時まで
土曜日、日曜日:10時から21時まで

平日の17時台、18時台は満員であることが多く、予約が取りづらいです。

>>LEARNie(ラーニー)の無料体験申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました