モゲチェックプラザの住宅ローン見直しの口コミや評判はどう?

モゲチェックプラザ 住宅ローン 見直し

モゲチェックプラザは、不動産投資ローンだけでなく、マイホーム向けの住宅ローンの見直しも行なっています。

2019年9月に住宅ローン・不動産投資ローン合計での取扱金額が300億円を突破しました。
累計相談件数も10,000件を突破しています。

モゲチェックプラザは、オンラインから24時間年中無休で利用できます。

モゲチェックプラザの調査対象となっている全国124社の金融機関が提供する住宅ローンの中から、もっとも好条件のものを選んでくれるだけでなく、借り換えに伴う交渉や、必要書類の収集なども代行してくれます。

あなたはモゲチェックプラザの担当者からの指示に従って、借り換え先の金融機関に提出する書類などを作成するだけですから、手間がかかりません。

金融機関の担当者と直接交渉する必要がありませんし、審査が通れば、短期間のうちに借り換えることもできます。

しかし、モゲチェックプラザの住宅ローン借換のデメリットも確認しておかないと、得すると思って借り換えたのに損をすることにもなりかねません。
モゲチェックプラザのメリット・デメリットについて調べました。



モゲチェックプラザの住宅ローン見直しの口コミや評判は?

まずは、モゲチェックプラザで住宅ローンを見直した人たちの口コミや評判などをまとめました。

正直、銀行の知り合いよりも、知見のない集団が、トンチンカンなアドバイスするだけなので、無駄かなと思います。

担当者A木とか言ってたかな?
使えない方でした。
引用元:google口コミ

10年以上前にマンションを購入、ローン金利は変動2%、元本残は3,000万円で完済まで20数年でした。
当時、転職を検討中で、転職すると住宅ローンの借換え不可になると聞き、素早く借換えしてくれるサービスを探していました。

銀行承認が下りたのは無料診断の30日後、融資実行は1.5ヶ月後でした。
本当に早かった。

書類入力や金利交渉は全て代行して頂いたので、モゲチェックプラザを使って良かったです。
引用元:モゲチェック手数料※住宅ローン安くなる?評判・口コミとクーポン解説

フラット35で借入をしていて、全期間固定金利から変動金利へ金利タイプを変更して毎月の返済額を約4万円、総額で1,000万円以上の支払額の削減に成功したケースもあります。

この成功事例のインパクトは大きいですね。

この事例だけでなく、モゲチェック・プラザ利用者の借換メリット平均は340万円と、こちらもインパクトのある結果が出ています。

特に2000~2010年ごろの時期にフラット35や固定金利で住宅ローンを借りた方は、今の超低金利時代に住宅ローン借り換えをすれば特に大きなメリットを得られる可能性があります。
引用元:住宅ローン総研

住宅ローンの借り換え相談の中で、500万円と大きな金額のオートローンの残高があることが分かったため、それを含めた借り換えプランを提案していただいた。
結果、住宅ローン約180万円、オートローン約30万円の合算で約210万円の返済額の削減に成功。

住宅ローンだけでなく、オートローンの借り換えも併せてできたので助かりました。
自分ではベストなローンを選べなかったし、オートローンも併せての借り換えなどできると思っていなかったので、大変感謝しています。
引用元:モゲチェックプラザ評判と3つのメリットとは

無料診断で手数料を差し引いて500万円金利削減できることが分かり、出来るだけ早く借り換えしたかったのでお任せしました。
銀行承認がおりたのは、無料診断からちょうど30日後、融資実行は47日後と、本当に早かったです。
引用元:おすすめ住宅ローンまとめ

モゲチェックプラザの住宅ローン見直しの特徴

モゲチェックプラザ 住宅ローン 特徴

次に、モゲチェックプラザの住宅ローン見直しの特徴をまとめました。

現在は店舗での相談は受けられません

モゲチェックプラザが住宅ローン見直しサービスをスタートした頃は、横浜、銀座、新宿の3店舗がありましたが、現在は全て閉鎖されています。

2019年5月時点では、オンラインのモゲチェックに一本化しています。

オンラインの「No.1金利診断」に申し込んだ後、希望者が住宅ローンの見直しを進めるという流れになります。

ローン残高/金利によっては借り換えのメリットがない

モゲチェックプラザの住宅ローン見直しでは、全国124社の金融機関が提供する1,000本以上の住宅ローンの中から、最も好条件のものを選んでくれます。

しかし、住宅ローンを借り換えるにあたっては、返済金額の合計額が減らなければ、意味がありません。

目先のローン金利が安いからと言って、固定金利から変動金利に変えたり、借り換えに伴うコストを考えると、全く旨味がない場合も珍しくありません。

特に、ここ数年間のうちに借りた住宅ローンの場合は、金利が十分に低いため、借り換えに伴うコストのほうが割高になる場合が多いです。

一般的な傾向としては、10年以上前に借りた住宅ローンであれば、借り換えのメリットが期待できます。
「No.1金利診断」で確認してみるといいでしょう。

借り換えの面倒な作業の大半を代行

モゲチェックプラザでは、住宅ローンに関する事務手続きや金融機関との交渉の多くを代行してくれます。

あなたが行うのは、以下の手続きのみです。

  • 必要書類の提出
  • 口座開設/団体信用生命保険の手続き
  • 金銭消費貸借契約の締結

今までに借り換えを検討したことがあれば、非常に楽だと実感できるのではないでしょうか。

あなた自身が借り換え交渉をしようとすると、いろいろな書類の用意を求められたり、交渉次第で有利・不利が決まることも珍しくありません。

モゲチェックプラザの担当者は、google口コミに書いてある「銀行の知り合いよりも知見のない集団」なのかは分かりませんが、多くのケースで金利ダウンなどに成功している実績があります。

手数料は削減額の10%

手数料

モゲチェックプラザでは、住宅ローンの借り換え成功時に手数料を徴収します。

手数料は削減額の10%となっており、最低5万円、最高50万円(いずれも税別)と上限・下限が決められています。

このモゲチェックプラザに支払う手数料は、借り換え先の住宅ローン残高に追加されるため、直接支払う必要はありません。

相談のみ、借り換えに失敗した場合は自己負担額は0円です。

保険見直し業者の場合は、保険会社からバックマージンを受け取る場合が一般的ですから、特定の保険会社に契約が偏る場合が珍しくありません。

金融機関からの「アメとムチ」両面からの圧力を受けないために、モゲチェックプラザでは利用者から代金を受け取ることで、客観的なアドバイスや交渉が可能になっています。

35年安心サポートつき

モゲチェックが開発したローン管理ツールにて完済までサポートしてくれます。
このローン管理ツールの利用権が「35年安心サポート」となります。

モゲチェックが住宅ローンの肩代わりをするようなことはありません。

>>モゲチェックプラザの住宅ローン見直しの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました