アットジーピー(at GP)で障碍者転職・就職は成功?口コミや評判は?

アットジーピー at GP

障碍者向けの転職/就職に特化した雇用支援サービスを提供する(株)ゼネラルパートナーズの「アットジーピー」(at GP)は、6万人を超える求職者が利用しており、障碍者向けとしては最大です。

(株)ゼネラルパートナーズは、アットジーピー以外にも、リドアーズお茶の水シゴトライなどのサービスも展開しています。

リドアーズお茶の水の評判はイマイチ?就労移行支援は本当に必要?!
御茶ノ水というよりは、湯島や本郷に近い「リドアーズお茶の水」は、統合失調症の人々に特化した就職/転職支援サービスと就労移行支援事業を展開しています。 統合失調症の人々に特化したサービスや施設は、2019年3月時点でリドアーズお...
シゴトライでうつ病患者でも働けるようになる?評判や口コミはどう?
大企業などであれば、入社後にうつ病などの精神疾患を発症しても、休業中の給料補填や職場復帰にあたっての部署選定など、それなりに手厚いサポートが受けられるものです。 一方で、経営余力が乏しい零細企業やベンチャー企業だと、労働基準法...

アットジーピーは、求職者だけでなく、法定雇用率を達成したい企業側のサポートも行っているため、中小零細、ベンチャーから、大企業や公的機関まで、幅広い求人を確保しているのが魅力的です。

しかし、身体/精神/知的障害者向けの求人は、通常の就職/転職と比べると選択肢が狭く、求人数が少ないこともあって、不安に感じているかもしれません。

果たして、アットジーピーで希望通りの仕事が得られるのでしょうか?



アットジーピー(at GP)の口コミや評判は?

まずは、アットジーピーを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

アットGPは、身体障害者に強いエージェントです。
私は精神障害なので、アットGPで何度も申し込みましたが、面接にも行けませんでした。

精神障害であれば、リクルートオフィスサポートですね。
登録すると、就労先の求人をメールで連絡してくれます。

あとは、インテリジェンスかな・・・
引用元:Yahoo!知恵袋

身体障害者手帳の取得者で、体への負担を減らす為に転職を考えました。

障害からして、多目的トイレの完備や、重いものを持たない仕事、在宅での点滴を長時間要する事から勤務時間への配慮を希望していました。
そして、家から近いという事も重要な条件でした。

アットジーピーでの面談時に、キャリアカウンセラーの方から「夢は何ですか?」と聞かれ、今後も前向きに生きていってよいと言ってもらえたようで、とても嬉しく感じました。
又、面談は丁寧に行って頂き、慎重に私に合った仕事を選んでくれました。

私の今までの仕事内容を考慮して、企業から内定を頂いた際には、その企業の中でも、私に合った環境の部署の事務職にして頂けました。
あたたかい雰囲気の職場ですので、前を向いて頑張っていきたいと思います。
引用元:転職と副業ネタバンク

私が利用した経験を踏まえて徹底的に紹介します。
私は転職エージェントを8社利用した経験がありますが、最大手であるアットジーピーの「転職支援サービス」には登録必須です。

サイトには掲載されていない(転職支援サービス利用者のみに公開される)「非公開求人」も含め、求人情報数はおよそ2,000件もあるのです。

キャリアアドバイザー(転職活動を直接支援してくれる担当者)との初顔合わせの面談の際、じっくりと時間をかけてヒアリングを受けた後、その場で20~30社もの求人を提示してもらえました。
有名な大手企業から安定した中堅企業、特例子会社まで幅広い層の求人で、量だけでなく質も高いと感じました。

模擬面接を含めた面接対策については、私が利用した8社のエージェントの中で、アットジーピーが一番充実していました。
引用元:むじなの障害者転職記

一般的な障がい者向け求人から年収1000万円以上を目指すハイクラス求人サービスまでさまざまな障がい者むけ求人サービスを行っています。

事務仕事しかないため現在の職に意欲的に取り組めない。と悩んでしまう障がい者の方も多いようです。
アットジーピーでは障がい者のスキルを企業側に正当に評価してもらい正社員、高待遇の採用オファーを受ける事にも成功しています。
引用元:就活まとめ内定リンク(リンク切れ)

ネット上では「アットジーピーで申し込んだ企業から連絡が来ない」という情報が出回っています。
自分で求人をさがして企業に申し込んだ場合は企業の都合によっては連絡がこない場合があるようです。

「アットジーピーに登録したけどぜんぜん仕事が見つからない」というケースのほとんどは「自分で求人を探す」サービスに登録して、ただ待っている人たちのようですよ。
キャリアアドバイザーにサポートしてもらう転職サービスの場合はキャリアアドバイザーがしっかりと面倒見てくれますよ。
引用元:障がい者就職支援サイト

アットジーピー(at GP)の特徴

アットジーピー at GP 特徴

次に、アットジーピーの特徴についてまとめました。

障害者雇用促進法で定められている「対象障害者」が対象

アットジーピーを利用できるのは、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(障害者雇用促進法)で定められている「対象障害者」のみとなります。

具体的には、

  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳

の交付を受けている人だけが、アットジーピーを利用できます。

これらの手帳の交付が受けられない指定難病患者、特定疾患受給者などは、アットジーピーの就職/転職支援は受けられません。
ハローワークの「難病患者就職サポーター」などを利用することになります。

求人検索/エージェントサービスのどちらも利用可能

アットジーピーでは、以下の2種類の就職/転職サービスを提供しています。

  • at GP 転職(スカウト)
  • at GP 転職 エージェント

あなたの使いやすい方法で、就職/転職活動を行っていくといいでしょう。

at GP 転職(スカウト)

GP 転職 スカウト

at GP 転職(スカウト)」は、アットジーピーで公開されている求人情報を検索して、興味のある求人が見つかったり、あなた自身が企業に直接応募する求人情報サイトです。

応募したい雇用条件を登録しておけば、条件にあった企業からお誘いが送られてくる「at GP 転職 スカウト」機能も用意されています。

単なるマッチングによるスカウトメールだけでなく、書類選考不要で企業側の採用担当者と会える面談確約スカウト(プラチナスカウト)もあります。

なお、企業側の採用担当者とのやり取りになるため、企業によっては、求人に応募してもレスポンスが遅いケースがあります。

at GP 転職 エージェント

at GP 転職 エージェント

at GP 転職 エージェント」は(株)ゼネラルパートナーズの「アットジーピー」担当者が、企業と求職者との間に入ってマッチングを行う人材紹介サービスとなります。

余計な人が入ることで、採用までに時間がかかるとか、企業側との意思疎通がうまくいかないなどといった不満がある一方、一人だと就職/転職活動が思い通りに行かない中で、適切なサポートが受けられることで希望通りの職につけたなどの満足の声も多いです。

求人を出す企業側も、いきなり応募してきた人材よりは、人材紹介会社からの紹介のほうが信頼できるといったケースも多いようです。

都市部に求人が多め

アットジーピーで確保している求人数は、障碍者向け就職/転職サイトの中では最大ですが、それでも2,000件以上と、リクナビやマイナビなどの大手と比べると圧倒的に少ないです。

その中でも、首都圏/東海/関西の3大都市圏の求人が多く、それ以外の地方の求人は少ない傾向です。
過疎地ともなると、求人自体が見つからない場合も珍しくありません。

従業員数1,000名以下の中小零細企業が半分程度と多いですが、5,000人以上の大企業も全体の14%ありますし、公的機関からの求人もあります。
障碍者採用で多い事務職の求人だけでなく、スキルや実績のある人向けに年収1,000万円以上のハイクラス求人も用意されています。

アットジーピー(at GP)の利用の流れ

アットジーピー at GP 利用の流れ

「at GP 転職(スカウト)」は、ホームページ上に掲載された求人に応募するだけです。
その後のやり取りは、求人を出している企業側の担当者と行うことになります。

次に、「at GP 転職 エージェント」の流れについて説明していきます。

  • 会員登録(登録フォームに必要事項を入力して送信)
  • アットジーピー担当者とのキャリアカウンセリング(東京・名古屋・大阪のオフィスで対面、もしくは、電話やスカイプ)
  • あなたのスキルや業務経験、将来の希望などに合いそうな求人の紹介
  • (興味のある求人が見つかったら)詳しい情報の入手/応募の代行
  • 書類選考/面接試験に通過するためのアドバイス(模擬面接等も可能)
  • 面接結果のフィードバック(採用/不採用ともに企業側のコメントがもらえる)
  • (内定が出る場合)雇用条件の交渉や入社日などの調整代行

これらの就業支援サービスが全て無料で受けられます。

具体的に就職・転職したいという希望がなくても、仕事に関する相談だけでも「at GP 転職 エージェント」への登録は可能です。

>>アットジーピー(at GP)の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました