レモンガスわくわくプランは東京ガスより安い?引っ越しでトラブル?

レモンガス わくわくプラン

都市ガスの自由化がスタートしたのは2017年4月ですが、電力自由化のときと比べて参入業者が少ないのはインフラ整備のノウハウなどが難しいという点が挙げられます。

このため、プロパンガス会社や電力会社などが都市ガスに参入するケースが多く、電力のように全くの異業種からの参入は少ないです。



プロパンガスを供給しているレモンガスが、都市ガス自由化にあわせて都市ガスの提供もスタートしています。

レモンガスわくわくプランの都市ガスが提供するエリアは、東京ガスが供給する東京都、神奈川県、埼玉県の人が対象です。

千葉県、茨城県、栃木県、群馬県は、東京ガスが提供する地域であっても、レモンガスわくわくプランの対象外となります。

レモンガスわくわくプランは、東京ガスよりも安く使えるように価格設定がされているそうですが、契約した後に後悔することはないのでしょうか?
引っ越しの際などは面倒くさいと感じるかもしれませんね。

レモンガスわくわくプランのクチコミや評判は?

まずは、レモンガスわくわくプランを利用している人たちのクチコミや評判などをまとめました。

フリーダイヤルに連絡をして申込もうとすると、ここはガス漏れ等の連絡口なので何もわからない。
他に電話をしてくれと家の近くの営業所の番号を教えられる。

そこに電話をすると「今申し込んで開栓まで3週間かかりますけど?それでも良いなら申し込みできます。」と言い方かなり高圧的。
しかも、ここでは申し込めないからと、また違う電話番号を言われる。

そもそもフリーダイヤルにはガス漏れ等の窓口ではなくお問い合わせ窓口と書いてあったし、訳がわかりません。

そのあと東京ガスに電話をしましたが、とても対応がよく、少しの料金の違いでこれなら、この会社は絶対に使わないです。
引用元:価格コム

ガス代だけでなく、電気代も併せてオトクにしたいなら、レモンガスの電力セット割ではなく、他の電力会社+レモンガスにするようにしましょう。
引用元:初心者でもわかる!電力会社の選び方

東京ガスの「一般契約」以外のプランからの乗り換えの場合は、現在の東京ガスの料金よりも高くなる可能性がある点です。
ガス床暖房などを設置している世帯が利用している「選択約款」プラン(「暖らんプラン」など)から乗り換える場合は特に注意して検討してください。

あとは東京ガスにはある口座振替割引が無い(月54円=年648円)点も注意です。
引用元:都市ガス自由化比較サイト

神奈川県在住。ガスは電気ほど選択肢がない中、東京ガスより単純に基準単位料金が5%割安ということで決めました。

乗り換えで一番嫌なのは「1~2人の世帯だと東京電力・東京ガスの方が安かった」というパターンで、複雑な料金体系だと損をする可能性があるため、シンプルに確実に安くなるのはありがたいです。

できればウェブ上でマイページなどにアクセスできて過去の明細など見れると最高なのですが……。
公式サイトの手作り感は少し不安になります。
引用元:エネセーブ

ガスの自由化に伴って、いろんな企業が参入してきてるので、やすいところに切り替えてみようと思い利用しました。
普通にお得になりましたし、何一つ不便は今の所ないです。
引用元:えんためねっと

レモンガスわくわくプランの特徴

レモンガス わくわくプラン 特徴

次に、レモンガスわくわくプランの特徴をまとめました。

定期点検などはレモンガスが行う

ガス管などのインフラ管理は東京ガスが行うため、レモンガスに切り替える際に工事などは一切不要です。
この部分は、電力や電話などと同じ仕組みを採用しています。

一方、レモンガスわくわくプランに切り替えた後は、これまで東京ガスが行ってきた定期点検作業は、レモンガスの担当者に変わります。

東京ガスの一般契約よりも安くなる価格設定

レモンガスわくわくプランは、東京ガスの一般契約におけるガス料金よりも安くなるように価格設定を行っています。

使用料が22m3未満の場合は、レモンガスよりもENEOS都市ガスのほうが安いですが、それ以上になるとレモンガスが最安値になる場合がほとんどです。

一人暮らしなど、都市ガスを少量しか使わない場合は、レモンガスよりもENEOS都市ガスのほうがいいですね。
一般契約の場合、東京ガスにする理由は全くありません。

東京ガスで「暖らんプラン」などの「選択約款」プランを契約しているとレモンガスに切り替えることで高くなります。
ENEOS都市ガスの「床暖プラン」などに切り替えたほうがオトクです。

契約期間の縛りはなし

レモンガスわくわくプランは最低契約期間などのシバリが一切ありません。
解約に関して、違約金なども一切不要です。

それこそ、レモンガスが提供する都市ガスに不満があれば、契約した当日に解約しても全く問題ありません。

セット割引にするメリットは乏しい

以下のサービスとレモンガスわくわくプランとセットにすることで、月額料金が割引になります。

  • 東京電力エナジーパートナー「プレミアムプランS/L」(月100円、最大2年間)
  • アクアクララ(月324円)
  • レモンガス光(月540円)
  • 1年間で600m3以上利用(1m3あたり3円)

電力に関しては、東京電力よりも別の電力会社のほうが料金が安くなる場合が多いため、セットはおすすめできません。

レモンガス光は、キャッシュバックなどが受けられる光回線プロバイダと比べると割高な印象です。
アクアクララを使い続けている人であれば、他社契約から乗り換えてもいいかもしれません。

口座振替割引はなし

レモンガスわくわくプランでは、東京ガスで用意しているような口座振替割引はありません。

このため、レモンガスわくわくプランの支払いをクレジットカードにして、カード会社が付与するポイントを狙ったほうがいいでしょう。

引っ越す際には注意が必要

レモンガスわくわくプランのサービスエリア内で引っ越しをして、引越し先でもレモンガスわくわくプランを継続して使う場合には、事前に手続きが必要です。

手続きを行うにあたっては、引越し先の供給地点特定番号が必要になります。
この手続きが完了するまでには、1週間程度かかります。

また、レモンガスわくわくプランのサービスエリア外に引っ越す場合は解約手続きが必要です。
引越し先で契約可能な都市ガス会社・プロパンガス会社から選ぶことになります。

>>レモンガスわくわくプランの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました