digmee(ディグミー)で新卒の就活を効率化できる?口コミや評判はどう?

digmee ディグミー

期間が限られている就職活動の中で、希望する企業から内定を得るのは難しいものです。

一部のエリート層や、早くからインターンに参加したり、就活塾に参加するなど、就活の準備を進めてきた人たちは苦労せずに内定を次々とゲットしていく一方、卒業までに内定を得ることができずに、就職浪人をしたり、諦めて卒業してしまうケースも珍しくありません。

あなたも就活で苦労しているのではないでしょうか?



digmee(ディグミー)は、(株)Digmeeが運営する就活サイトです。
関東よりも関西などの西日本に強く、digmee登録ユーザーの90%以上が関関同立以上の大学生という実績があります。

エントリーシートの作成から面接対策、採用選考までを効率化してくれるというのがdigmeeの魅力ですが、特に東日本の学生にとっては重要性を感じないのではないでしょうか?

また、西日本に住んでいても、首都圏を中心に就活をするのであれば、リクナビやマイナビなどのほうが良さそうと感じたかもしれませんね。

digmeeを利用するメリットが有る人は、どこにいるのでしょうか?

digmee(ディグミー)の口コミや評判は?

まずは、digmeeを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

LINEでdigmeeのイベント申し込みをしたのですが、後から予定が入ったのでキャンセルしようと思いました。
キャンセルの方法が詳しく書かれていなくてどうしたらよいか困りました…

とりあえず、「予定が合わない」というボタンがあったのでタップしたのですが、きちんとキャンセルされたかどうか不安でした。
引用元:キャリアの神様

digmeeを利用することで、大企業やベンチャー企業問わず個別で面談することができます。

そして、面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の”フィードバックシステム”を取り入れています。
学生はフィードバックをもらうことで、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットですね。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。
過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。
引用元:ジョブハンティング.com

始まったばかりのサービスなのに登録企業が豪華なのは、digmeeが企業の求める学生を確実に送客してくれるからです。

基本的にdigmeeのような学生と企業を繋げるサービスはいくらでもあります。
企業としては安く、かつ確実に狙った 学生を集めたいわけです。

その点、digmeeはLINEでの登録機能など革新的な機能のもと、高いマッチング率を誇っているため、次々と企業が登録するようになっているのです。
引用元:大手メーカー事務系内定者 うみに のブログ

ESを何社も作成するのって大変じゃないですか。
氏名や住所などの定型文を企業ごとに作成すると膨大な時間がかかってしまいます。

digmee会員になれば無駄なES作成を省略して、複数社の選考を一度に受けられるイベントdigmee try outへ参加できます。
選考会で企業の人事担当者に高く評価してもらえれば、当日に『選考免除パス』『インターン内定』をゲットすることもできますよ。
引用元:理系days

digmee(ディグミー)の評判は凄くいいんだけど、先に言っておくと以下のような方には向いてない。
・内定先の企業はとくにこだわらない
・ハイレベルな合同選考会はしんどい
・東京/大阪の選考会に参加できない

結構IT系の企業が多い。
だからIT系を志望していない学生には合わないかも。

もちろん、毎回参加企業は変わるから、興味がなければスルーすればいいだけなんだけど。
引用元:就活switch

digmee(ディグミー)の特徴

digmee ディグミー 特徴

次に、digmeeの特徴をまとめました。

LINEだけでもサービスが受けられる

digmeeにユーザー登録すると、LINEとWebブラウザからアクセスができます。

どちらでも同じようにdigmeeのサービスが受けられますが、選考情報やイベントの案内を見忘れることが少ないという点でLINEのほうが使いやすいと感じる人が多いです。

選考会やイベントへの招待はLINEのほうが多いですし、応募したい企業へのエントリーもLINEから行えます。

登録ユーザーの学歴が高い

関西トップレベルの私立大学である関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)の大学生がdigmee登録ユーザーの90%以上を占めています。

関東で言えば、早稲田慶応よりは格下、MARCH(GMARCH)と日東駒専の中間程度の偏差値ですが、全体的に見ると上位のほうの大学であることには間違いありません。

digmeeの登録にあたっては学歴フィルターはありませんので、無名の大学生でもエリート層と同じように登録できます。

面接やグループディスカッションなどの練習会や選考などでも、同じ机を並べて参加できます。
企業の担当担当者は、学歴に関係なく、優秀な人材がいれば一本釣りしたいと思っているため、良い意味で目立てば、採用されるチャンスは数多くあります。

ベンチャー企業が多め

digmeeに求人を出している企業は、IT関連のベンチャー企業が多めです。

有名企業や大企業などもdigmeeに求人を出していますが、黙っていても多くの応募が集まるような企業は、まず見当たりません。

有名企業の中には、様子見を兼ねて求人を出しているケースもあるようですし、DeNAのように「低コストで優秀な人材を獲得できた」として積極的に活用する企業もあります。

選考結果とフィードバックが受け取れる

通常の就活であれば、企業側からの反応としては「内定」か「お祈り(不採用)」のどちらかしかありません。

お祈りメールが送られてきても、どのような理由で不採用になったのかを知るすべがありません。
このため、理由を推測して改善していくしかないわけですが、なぜ不採用になったのかも特定できないままに就活に取り組み続けることになる場合が一般的です。

これでは、暗闇の中を手探りで進むようなものですから、思い通りの結果にならないのも当然でしょう。

一方、digmeeから選考を申し込むと、採用担当者が合否の通知だけでなく、その理由も教えてくれます。

企業の採用像と合わないために不採用になったのであれば、相性の問題ですから、特に改善する必要もありません。
しかし、圧倒的に劣っている部分を指摘されれば、改善するべきポイントがわかるわけですから、次回までに修正するのに役立つわけです。

合同選考会なども積極的に開催

digmeeでは、合同選考会など複数社の選考を一度に受けられるイベントを数多く開催しています。

このイベントに参加して、企業側が目をつけた人材に関しては、いきなり内定というケースもあれば、最終面接へのご招待など、一般的な採用ルートと比べて大幅に優遇される「本選考パス」を発行します。

通常であれば、学校推薦や教授推薦、コネがなければ難しい「選考プロセスの簡略化」が、digmeeを利用することで可能になります。

この本選考パスは、あなたの頑張り次第で、1回のイベントに参加するだけで、複数の企業から受け取ることもできます。

>>digmee(ディグミー)の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました