社内SE転職ナビは未経験者でも利用できる?口コミはいまいち?!

社内SE転職ナビ

ITドカタでデスマに苦しめられる日々が続いていると、過労死が続出するようなプロジェクトよりも、マイペースで仕事を進められる社内SEに憧れることも多いのではないでしょうか?

客先常駐で昼夜を問わずにこき使われていると、客先の正社員SEを羨ましく感じることも多いかもしれませんね。

もちろん、ブラック企業に勤めているとSIerなどと変わらない状況になる場合も珍しくありませんが、一般的には、社内SEはブラックな部分をSIerに押し付けることで、ホワイトな勤務ができる場合も多いものです。

この社内SEへの転職に特化した人材紹介サービスが、アイムファクトリー(株)が提供する「社内SE転職ナビ」です。

アスタミューゼ(株)が運営する「情報システム社内SE転職ナビ」とは異なるサービスです。

社内SE転職ナビは、これまでに15,000人以上の転職に成功しています。
非公開求人を含めて、約4,000社6,500件の求人が紹介できます。

IT未経験者が異業種から参入することは珍しくありませんが、就職/転職先としてはIT企業がほとんどです。
社内SE転職ナビを活用して、社内SEに転職することは可能でしょうか?



社内SE転職ナビの口コミや評判は?

まずは、社内SE転職ナビを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

社内SE転職ナビではSE未経験に対しての求人はあまりないでしょう。
未経験での社内SEというのは、企業側で受け入れ態勢が必要です。

もし、あなたがSE未経験なら、マイナビエージェントIT、dodaのエージェントに聞いて見てください。
もしくは、実力をつけてから転職するのも内定率が高いのでアリです!
引用元:IN4U

「社内SE転職ナビ」のコンシェルジュは全体的に見ても非常に評判がいいですが、最終的には「人」対「人」なのでどうしても合う合わないはあるかなと思います。
コンシェルジュとの相性や力量を見極めるためにも、複数のサイトに登録して比較することが非常に重要です。

担当者が合わなかったり、サイトの印象などから直感的に合わないと思ったら他のサイトを使ってもOK。
「マイナビエージェントIT」「レバテックキャリア」のような大手エージェントと合わせて使うのがおすすめですね。
引用元:WORKPRESS+

25歳のときにプログラミングスクールに通ってエンジニアになりました。

しかし、いざ入社してみると、上司から仕事を押し付けられてサービス残業が当たり前の毎日。
いわゆる「典型的なブラック企業」だったので転職したいと思いつつも、仕事に追われてなかなか動けずにいました。

そして先輩が社内SEに転職したのをきっかけに求人を探したところ、「社内SE転職ナビ」というエージェント見つけてオンライン面談をしました。

「社内SEに興味がある」という軽い気持ちで登録したのですが、社内SEについていろいろと教えてくれたり、求人をいくつかピックアップしてくれて対応がよかったです。
そしてそのうちの1社に応募するとそのまま内定。
年収も休日数も増えて、プライベートな時間が楽しめるようになりました。

担当の方がとても親切で、技術の理解度が高かったということもあると思いますが、転職活動期間が短く済んだのは社内SE転職ナビのおかげだと思ってます。
引用元:ぶっちゃけ面接官

40代の会員は多いのか?と聞くと、けっこう多いとのことでした。
ただ40代になるとり転職の成功率は低くなり、それなりの覚悟が必要だと言われました。

とくに社内SEは求人が少なく1人の求人に対して100人応募してくることもあるとのことでした。
え~競争率100倍?すげ~なって関心してしまいましたね。

そして高い競争率の中でまず落とされるのが40歳以降の年齢の人。
書類選考に通過するのがまず難しいとのこと。
40歳という年齢だけ見て落とされることもザラにあるみたいです。

社内SEだとどうしても年収がそんなに高くない。
今の年収以上となると大手企業の社内SEを狙わないと難しい。
そうなると競争率が高くなると言われました。
引用元:あつもり

通常の転職サイトを利用すると、8割の求人が客先常駐ですね。
客先常駐を省いたつもりが、面接に参加したら客先常駐だった事は1度や2度だけではありません。

社内SE転職ナビを利用すれば、効率よく社内開発の案件だけを集められます。

30分のキャリア面談後に、私が紹介された案件は全部で15社でした。
全て確認しましたが、客先常駐の案件は1件も含まれていません。

紹介された案件は、異業種の社内SE、自社パッケージを対企業向けに開発する企業、エンドユーザー向けに自社サービスを開発する企業です。
客先常駐以外の案件なので、転職後の年収も全体的に高かったです。

なお、応募者(業界経験が2年未満)のスキルが低ければ、客先常駐の案件を紹介するケースもあると回答しています。
引用元:客先常駐からの脱出



社内SE転職ナビの特徴

社内SE転職ナビ 特徴

次に、社内SE転職ナビの特徴をまとめました。

全て無料で利用可能

社内SE転職ナビの利用はすべて無料です。

社内SE転職ナビに求人を出す企業から、人材紹介サービスを提供するために必要な費用を徴収しているからです。

ITのスキルアップなどと称して、スクールなどを勧誘することはありません。

首都圏以外の求人は極めて少ない

SIerやIT派遣会社以外の企業でも、IT部門は東京本社のみというケースが多いです。

このため、社内SE転職ナビで用意されている求人の90%以上が、東京都を中心とした首都圏となっています。
首都圏以外の求人となると、関西と東海エリアでチラホラと見かける程度で、それ以外の地域では、求人があれば上出来といったレベルです。

地方在住者の場合は、首都圏などへの上京が必要不可欠と考えたほうが良いでしょう。

未経験者/40代以上には極めて厳しい

社内SE転職ナビでは、IT未経験者や40代以上の求人は非常に少ないです。

社内SE転職ナビの公式FAQでは、

Q:未経験から社内SEへの転職例はありますか?
A:はい、非常に多くございます。

とありますが、その実態は「客先常駐」が多いという口コミがありました。

IT企業の場合は「人売りビジネス」が基本ですから、スキルに関係なく頭数だけ揃えて客先に常駐させます。
そこで何人やめようが不足人員を新たに補給する逐次投入が一般的ですから、「未経験者歓迎」となるのも当然ですね。

一方、社内SEの場合は、そもそもITスキルがなければ仕事になりません。
未経験者を配属するのであれば、IT未経験者を中途採用で新たに雇うよりも、新卒採用の新入社員をIT部門に配属させるほうが人件費が安く済みます。

また、ITエンジニアの35歳定年説や30歳定年説などに関係なく、40歳以上の中高年採用を嫌がる傾向は日本企業に蔓延しています。

よほどの卓越したスキルやメリットがなければ、履歴書の年齢欄を見ただけで落とすケースが大半です。

社内SE転職ナビの利用の流れ

社内SE転職ナビ 利用の流れ

社内SE転職ナビでは、

  • とりあえず情報収集をしたい人向けの「カジュアル面談」
  • 転職活動をしっかりと始めたい人のための「キャリア面談」

で利用フローが変わります。

カジュアル面談の場合

カジュアル面談の場合は、

  • 東京/大阪オフィスでの対面
  • 電話/ビデオ通話

などの方法でキャリアカウンセリングを行いますが、キャリアコンサルタントからアドバイスをもらって終了でも構いません。

カジュアル面談を終えて、いろいろと考えた結果、本格的に転職活動に取り組みたいと思って、キャリア面談にうつっても全く問題ありません。

キャリア面談の場合

キャリア面談の場合は、以下のフローで転職支援サービスを受けられます。

  • キャリアカウンセリング(東京/大阪オフィスでの対面、もしくは、電話/ビデオ通話での遠隔)
  • マッチする求人があれば紹介/詳細確認
  • (必要に応じて)履歴書や職務経歴書などの書類添削
  • 興味のある求人が見つかれば応募
  • (必要に応じて)面接試験対策サポート
  • 入社条件交渉
  • 内定獲得
  • アフターフォロー

地方在住者でも、電話やビデオ通話を使うことで、対面でサポートを得るのと同じレベルを確保できます。

地方の工場などに常駐させられて東京/大阪に通うのが難しかったり、地方のIT企業に働いていて、首都圏などに上京したいという場合には嬉しいサービスですね。

>>社内SE転職ナビの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました