若者正社員チャレンジ事業は終了?パーソルに任せて安心?評判は?

若者正社員チャレンジ事業

東京都が設置した東京しごとセンターの「若者正社員チャレンジ事業」は、東京都から委託を受けた業者が行っています。

過去には他社が行っていたこともありましたが、すでに終了しています。
現在は、アデコ(株)とパーソルテンプスタッフ(株)の2社が若者正社員チャレンジ事業を行っています。

両社とも提供する就職/転職支援サービスの内容は同じですが、パーソルテンプスタッフが行う若者正社員チャレンジ事業を選ぶメリットはあるのでしょうか?

パーソルテンプスタッフが行う若者正社員チャレンジ事業の口コミや評判は?

まずは、パーソルテンプスタッフが行う若者正社員チャレンジ事業を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

既卒、フリーター、ニート、高校中退の方だとしてもしっかり面接時のマナーを教えてくれるのでどんな方でも安心だと思います。
会社の説明会もあるし、気になる会社があったらそのままその会社の実習を受ける事も可能です。

自分で実習して「ここは自分にあってる。自信なかったけど実習のおかげで大丈夫そう」とどんな職場なのかを知られるし、事業主の方も一緒に実習に付き添ってくれるので気に入ってもらったら面接は一応するけど採用のつもりだからと、話がトントンと進んだこともあります。

29歳以下の方なら誰でも初めての就職が安心というメリットがあります。
引用元:天職侍

成功するか失敗するかは、行くことになった企業によるという印象。
3ヶ月はタダで雇える制度を悪用し、3ヶ月周りの派遣社員と同じように仕事させて、3ヶ月経ったら理屈付けて追い払う所は実際にある。

自分も入った会社が失敗だった口。
マニュアルもなく人を育てる気もなく失敗から学ばせる気もなく、1教えて10できるセンスがある人でないなら退職に追い込む会社だった。

実は行く前から相当離職率が高いことが分かっていた。他の職場を紹介してくれるよう懇願した。
かなり高圧的な態度で押し込まれた末に「こんな会社に入れて失敗だったね」。

担当のカウンセラーを今でも恨んでる。同じような目に遭った人は結構いる。
どんな会社かわからない、わからないどころか失敗しそうな会社でも博打に出させられる可能性はかなりある。

失敗したらどうなるかというと、その派遣会社の派遣社員になる。要は就職活動やり直し。

成功して今でも働いている人もいる。
成功して正社員として働ける人はごく一部という訳でもない。

ただし実際には、説明会で説明されるような8割9割うまくいく嬉しい話ではないことは覚悟した方がいい。
どうせ就職に困ってるならば、参加する価値は十分にあるはず。友達もできるから楽しいし心強い。
引用元:ジョブカフェナビ

経歴や書類ベースではなく実務ベースで評価してもらえるのが良かった。
引用元:弱者の戦略~社会不適合者の働き方ブログ~

既卒ニートから就職する場合、一番気を付けないければならない点は、欲を出しすぎないということです。
ネットに載っている情報は誇大広告や誤った情報が多く、それを鵜呑みにしたため最初上手くいかなかったと考えています。

東京しごとセンターは全国のジョブカフェやハローワークの中でも、群を抜いてカウンセラーの専門性が高く、また、就活に関する情報量も群を抜いてます。

東京都がかなりお金をかけている就職支援場所です。
就職エージェントだけ偏って利用するよりも、東京しごとセンターを組み合わせて就活した方が、応募書類の添削や面接対策だけではなく、合同企業説明会や就職説明会、面接会も気軽に参加できます。
引用元:女ニートちゃんが正社員就職

昔参加したことあるけど時間の無駄だと思うよ
薄々気づいてるけど受け入れたくないだけで本当はわかってるだろう?ブラック企業しかくるわけないって
引用元:転職スタディ

パーソルテンプスタッフが行う若者正社員チャレンジ事業の特徴

パーソルテンプスタッフ 若者正社員チャレンジ事業 特徴

次に、パーソルテンプスタッフが行う若者正社員チャレンジ事業の特徴をまとめました。

東京都民以外でも利用可能

若者正社員チャレンジは東京都の事業ですが、東京都在住者以外でも利用可能です。

東京飯田橋にある「東京しごとセンター」に通うことができれば、神奈川、千葉、埼玉などに住んでいる人でも利用できます。

参加条件あり

若者正社員チャレンジ事業に参加できるのは、以下の条件を満たした人です。

  • 年齢が29歳以下
  • 学生ではない
  • 現在、正社員として勤務していない
  • 過去2年間で正社員歴が1年以下(ゼロを含む)

ニート、フリーター、派遣などであれば、若者正社員チャレンジ事業を利用できます。

労働経験が少ない人向けのリハビリが充実

卒業後、フリーターや派遣社員、契約社員など、正社員と同じように働いてきた人であれば、正社員としても違和感なく働けるでしょう。

その一方、ニートや引きこもりなど、ドロップアウトしていると、勤労経験どころか、社会人として行動する機会自体が乏しいこともあって、そのままだと、就職/転職するのは極めて厳しいと言わざるを得ません。

若者正社員チャレンジ事業の職業実習でリハビリ的な効果が期待できますし、実習前にカウンセリングやセミナーを受けることで、スムーズに社会に溶け込める知識や経験が身につけられます。

あなた担当の若者正社員チャレンジ専任担当スタッフが2人体制で随時サポートしてくれます。

東京都内の中小企業が対象

若者正社員チャレンジ事業で紹介してもらえるのは、東京都内にある中小企業です。
IT関連が多く、それ以外は営業職が多めです。

ここ最近は減少傾向ですが、ブラック企業、グレー企業が多めです。
学歴、職歴が劣っているのに、東大卒などのエリート社員と同じ待遇を期待するのは無理な話です。

応募できるのは実習後

若者正社員チャレンジ事業に登録している100社以上の中小企業の中から、自分が試しに働きたいと思える会社を選び、20日程度の実習に行きます。
実習期間中は、正社員と同じようにフルタイムの勤務となります。

実習期間中は、基本的に無給です。
一定の条件を満たせば日給5,000円のキャリア就職奨励金が受け取れますが、実習終了後にしか受け取れないため、事前に生活資金が必要です。

この期間中に企業との相性を確認することになりますが、実習期間は会社によって異なりますし、実習内容もバラバラです。
その後、この企業で勤めたいと思ったら、応募するという流れになります。

普通に就職/転職活動をするのと比べると、実習期間があるだけ、採用されるまでに時間がかかりますので注意してください。
ブラック企業でもいいから、さっさと正社員として働きたいというのであれば、若者正社員チャレンジ事業は不向きです。

パーソルテンプスタッフが行う若者正社員チャレンジ事業の利用の流れ

パーソルテンプスタッフ 若者正社員チャレンジ事業 利用の流れ

パーソルテンプスタッフが行う若者正社員チャレンジ事業の利用の流れをまとめました。

  • フォームに必要事項を記入して参加申し込み
  • 事前カウンセリング&事前セミナー(飯田橋の「東京しごとセンター」で実施:2日程度)
  • 合同企業説明会(実習先を決めるための情報収集)
  • 実習先企業の決定
  • 実習前セミナー(2日程度)
  • 企業内実習(20日前後)
  • この会社で働きたいと思ったら応募
  • 採用/不採用
  • 就業支援(入社後半年間)

若者正社員チャレンジ事業に参加している間は、その他の就活・転職支援サービスを受ける時間的余裕はありません。
複数の転職・就職支援サービスを併用して、短期間で内定を得たいという人には不向きです。

若者正社員チャレンジ事業は、じっくりと腰を据えて取り組みたいと言う人に向いています。

>>パーソルテンプスタッフが行う若者正社員チャレンジ事業の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました