J-SHINE認定児童英語教師養成講座「Teyl-JAPAN」ってどう?

Teyl-JAPAN

NPO法人「小学校英語指導者認定協議会」(J-SHINE)認定の児童英語教師養成講座が「Teyl-JAPAN」です。

J-SHINE認定資格者は4万人を超え、小学校の英語教育で活かすケースが増えています。

「CertTeyl Program」は、カナダで開発された国際的な英語指導者育成プログラムであり、横浜国立大学、青山学院大学との共同研究により、日本向けにカスタマイズしたeラーニングプログラムが「Teyl-JAPAN」となります。

「Teyl-JAPAN」はオンライン学習のみというのが特徴ですが、実習を済ませてJ-SHINE認定資格を取得しても、教育現場では何の役に立たないという意見も見られます。

果たして、「Teyl-JAPAN」を受講するメリットはあるのでしょうか?

J-SHINE認定ジュニア英語プロ教師養成講座Teyl-JAPAN

J-SHINE認定児童英語教師養成講座「Teyl-JAPAN」の口コミや評判は?

まずは、「Teyl-JAPAN」を受講した人たちの口コミや評判などをまとめました。

英語指導者プログラムとしては非常に優れているTeyl-JAPANですが、英語力そのものを向上させるための学習は、あまり期待ができません。
ある程度の英語力をすでに持っている方におすすめの講座です。
引用元:Teyl-JAPAN J-SHINE認定資格 小学校英語指導者資格認定を取るにはTeyl-JAPANとアルクどちらがいい?(リンク切れ)

年末年始とバタバタして、気がつけは3ヶ月もサボッてしまいました・・・!!
ヤバイヤバイ、Teyl-Jは1年間限定なのです(延長も出来るけど費用がかかる)

気合入れねば・・・!!というわけで、あわてて課題を提出いたしました
認定モジュールは(私にとっては)果てしなく長いので、修了できるか不安ですが頑張ります!

しかしサボってる3ヶ月の間、Teyl-JAPANから何の音沙汰もなかったな~
Teyl-Jの講座では、生徒一人ひとりに専任のチューターがついて、サポートしてくれます
色々と質問にも丁寧に答えてくれて、お世話になっているのですが、確かカタログに「チューターがあなたがサボってたら注意しますよ」的なことが書いてあったようななかったような・・・

3ヶ月じゃサボったことにならないのかしら?いえ、サボった私が悪いんですが
引用元:ひよひよ日和

受講開始後、生徒一人ひとりに専属のアドザイザーがついてきます。
プロのアドバイザーとコミュニケーションをとりながら、進めていきます。
学習を進めていく上で分からない事や質問も48時間以内に返答してくれるので、大変便利です。

一番の良いところはe-learningです。自分のペースで場所や時間を気にせず学習できます。
忙しくてなかなか時間が作れない自分にはとっても魅力的でした。

他の生徒さんが居ないので気にすることなく質問でき納得するまで学習ができます。
普段、英語の講師をしていたため、学習しながら実践に活用することができ、とても勉強になりました。
子供の発達や意識、なども学習をするので、子供に対しての指導法が習得できます。
引用元:口コミ資格ひろば

忘れかけてた頃にやってきました。
J-SHINEの資格証明書ID。

とりあえず、PASSしたって事で、良かった~
これから、これがどんな感じで活用出来るかは、まだ、謎ですが…
(資格をとれば仕事がくるってわけでもないので・・)

まっ、何かのために、って感じですかね? 
引用元:Love beer♪

「なぜ子供の方が言語習得にすぐれているの?」「歌やゲームを指導の中に入れるのはなぜ?」「文法指導はしなくていいの?」

Teyl-JAPANはジュニア英語の指導者ならば誰もが持つこんな疑問に論理的な根拠を与えてくれます。
その根拠を元に自分自身の指導をレポートで提出すると、専属チューターが丁寧にブラッシュアップしてくれます。

単なる通信教育と全く異なる点がここ。
チューターとの密なやり取りのおかげで負担感は全くなく、毎日1時間、自分の指導スキルを磨くことが出来ました。
引用元:小学校英語指導者資格 j-shine Teyl-JAPAN

J-SHINE認定ジュニア英語プロ教師養成講座Teyl-JAPAN

J-SHINE認定児童英語教師養成講座「Teyl-JAPAN」の特徴

Teyl-JAPAN 特徴

次に、「Teyl-JAPAN」の特徴をまとめました。

「英語力」ではなく「英語指導力」の強化が目的

「Teyl-JAPAN」は、英語を小学生や中学生に指導するために必要な知識や手法を学ぶ講座です。

「Teyl-JAPAN」を受講しても、英語力そのものが向上することはありません。

英会話や英作文などの能力向上、英語脳の習得、英語関連の資格取得などが目的であれば、別の講座を受講したほうが良いでしょう。

取得できるのは民間資格

「Teyl-JAPAN」のカリキュラムを修了すると、「Teyl-JAPAN認定証」と「J-SHINE資格」が取得できます。

J-SHINE資格の申請には、合計50時間以上の英語指導経験(小中学生が相手でなくても可)が必要です。

いずれも民間資格であり、教員免許のような公的資格ではありません。

小学校では、教員免許がない人が英語指導をするケースが増えていますが、以下のような指摘もあります。

小学校で英語を教えています。
私の市町村では資格は問われていません。私は英会話や塾でも講師をしてます。

小学校での英語授業は時給は安く、しかもCDや本などは買ってくれないので自腹です。
しかも提出書類があります。

生計をたてるのは絶対に不可能です!!
1校につき年間18万ていどの収入にしかなりません。(年間約35回×4時間)

私は日本の英語教育があまりに英語の先生の善意に頼っているのが納得できません。
教材資料や準備にたいして支払いがないので、最低賃金を割り込みます。
おそらく時給400円くらいではないでしょうか?適当に準備もしないでやれる人にはいいかと思いますが・・。
1年くらいでやめる人がほとんどです。

小学校英語には明るい未来はないと考えています。かなしい限りです。
引用元:教えてgoo

小学校での英語指導のみでは、全く展望が開けないことがわかりますね。
学習塾や語学学校などでの指導も併用しないと、生計を立てるのは難しいでしょう。

eラーニングで好きな時に学習できる

「Teyl-JAPAN」は、eラーニング形式のオンラインスクールです。
どこかの資格学校などに通学して、授業を受ける必要は一切ありません。

インターネット接続ができれば、いつでもどこでも学習や課題提出が行えます。

「Teyl-JAPAN」で学習する際は、パソコンを使ってアクセスすることを想定しています。
スマホやタブレットだと、支障をきたす可能性が高いです。

受講生ごとにチューターがつく

「Teyl-JAPAN」の受講中は、英語教育のプロであるチューターがついています。
チューターは、さまざまな問い合わせに対応してくれたり、質問や疑問、相談にも気軽に答えてくれる存在です。

なお、チューターは常に待機しているわけではなく、ライブチャットのように即座に返答がくることはありません。
問い合わせをすると、最大48時間以内に返信が来ます。

J-SHINE認定児童英語教師養成講座「Teyl-JAPAN」のカリキュラム

「Teyl-JAPAN」のカリキュラムは、以下のM1からM7までの各認定モジュールを順番に学んでいく必要があります。

教育理論
M1:子どもの特徴
M2:学習と言語
M3:クラス運営
指導テクニック&指導参考情報
M4:指導テクニック
M5:情報資源の活用
M6:発展を目指して
J-SHINE改定カリキュラム対応モジュール
M7:J-SHINE改定カリキュラム対応モジュール

「Teyl-JAPAN」受講終了までの標準学習時間は60時間となっています。

それぞれのモジュールでの課題を提出し、合格になるまでの期間も含めると、最短で3週間、平均半年程度の受講期間となります。

「Teyl-JAPAN」の受講期間は1年間です。
1年間で受講を終了できなかった場合、追加料金として3万円を支払うことで6ヶ月間のみ延長できます。

18ヶ月かけても受講が終了できなかった場合には強制的に終了となり、受講修了証やJ-SHINE認定資格は受け取れません。

>>J-SHINE認定児童英語教師養成講座「Teyl-JAPAN」の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました