ハローナビ就活は新卒採用で役立つ?就活塾のほうがいい?評判は?

ハローナビ就活

ハローナビ就活」は、就職活動を行う大学生を対象とした正社員での就業支援を行うサービスです。

転職活動で専属の転職エージェントがつくのと同じように、就職活動でも一人ですべてを行うよりも、担当者のサポートを得たほうが効率よく仕事探しが行えるというわけです。

ハローナビ就活利用者の新卒内定率95%という数字を見ると、あなたも魅力的に感じるのではないでしょうか?

就職活動

しかし、業務経験も実績もない大学生ごときがエージェントなんて大げさなといった意見も根強いですし、定員を大幅に超える大学生が応募する一流企業は紹介されず、すぐにでも倒産しそうな中小零細企業やブラック企業の求人しか紹介されないのではないかといった不安もあるでしょう。

あなたもリクナビやマイナビなどで探したほうがいいと思っているかもしれません。

更には、エントリーシートや履歴書などの書類選考や面接などの対策などを考えると、ハローナビ就活でロクでもない企業を紹介されるよりも、実績豊富な就活塾に通って、一生安泰な一流企業の内定をもらえるように努力したほうがいいといった意見もあります。

ハローナビ就活を利用するメリットはあるのでしょうか?

ハローナビ就活の口コミや評判は?

まずは、ハローナビ就活を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

ぅーん…ハローナビねぇ…なんかこう、手取り足取りって感じだよね。
最後ちょっとうざいなぁって思っちゃった。
もう少し放っといてくれてもよかったかなぁ…。
引用元:こびと株.com

就活にもの凄く苦戦して、内定まで一年もかかってしまいましたが・・・(泣)

一番後悔したことは、就活が本格化する前、準備段階の時に、就職エージェントに相談しておくべきだったということです。
就活生に対する就職のサポート、アドバイスが充実していて、就活成功=内定率をぐっと高めることができるからです。

就職エージェントと話しをすることによって、普通に就活していては手に入らないような貴重な情報、一般の求人よりも選考が短い特別求人、大手企業の隠れ求人、などを手に入れることができます。
LINEやSkypeを使っても、就職エージェントと話すことができますので、どの地域の方でも気軽に利用可能です。

一部の就活サイトは就職エージェントとの面談が、一種の一次面接のようになっているところもありますが、ハローナビ就活ではそれがありません。
ハローナビ就活は私服でエージェントと面談をしてもOKです。
引用元:就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

ハローナビ就活さんその後ということで。
正直に書きますよ

面談後、何週間か経ちましたが現状どうなったかというとなにもないです。
面談後に、メールでいくつか企業を紹介してもらったんですが、そのあとはメールも来ない

ちなみにどんな求人を紹介されたのか、というとパチンコ店員でした。
私も希望をちゃんと伝えなかったのが悪かったかなーと反省はしましたが。

接客業は嫌ですって言った気がしますが。聞こえてなかったか…

応募は見送って、その後は音沙汰無し。
メールが来ないので企業を紹介していただけない。
企業を紹介していただいたのはその一回だけ。
引用元:18卒文系就活生うるしの就活記録

大学4年になり就職活動も中盤、徐々に内定している友達が増え焦りを感じたためハローナビ就活を利用しました。

サイトには即日内定とあったため「就活で楽できるかなあ」という気持ちくらいで登録しましたが、キャリアアドバイザーの方が親身に相談に乗ってくれたため自分の進路について真剣に考えるきっかけになりました。

企業との面談はほかの就活生と一緒でしたが、触れ込み通り雑談のような形式で「これが面接?」と疑問に思ってしまうほどフレンドリーな面接でした。

結局一番担当者の方と意気投合できた企業にお世話になることに決めました!
残りの大学生活を楽しみたいと思います。
引用元:転職サイト比較ナビ

連戦連敗で就活の壁にぶつかっていたとき、ネットで検索していて偶然知ったのがハローナビ就活でした。
友人達の評判も高かったので「ここにかけてみよう」と思いました。

そうしたら評判どおりキャリアアドバイザーの方はとても親身になって就職のアドバイスをしてくれましたし、求人企業もすぐに紹介してもらえました。

紹介を受けた1社目は残念ながら結果は出ませんでしたが、なぜダメだったかも詳しく知ることができたことで、自分で気付けていなかった課題を把握できたことは大きな収穫になったと思います。
お陰様で2社目で内定を無事頂き、本当に辛かった就活にピリオドを打つことができました。

後輩の皆さんへお伝えしたいことは、ハローナビ就活が丁寧で親身なサポートをしてれるというのは本当だということです。
一人で就活を乗り切るのは大変です。特に女子学生の皆さんにはハローナビ就活はオススメですよ。
引用元:ジョブシフト(リンク切れ)

ハローナビ就活の特徴

ハローナビ就活 特徴

次に、ハローナビ就活の特徴をまとめました。

利用できるのは4年制の現役大学生のみ

ハローナビ就活は、新卒採用での内定を目指す4年制大学の現役大学生が対象です。
全日制、定時制、通信制などは問いません。

現役の大学院生、6年制大学生(医・歯・薬・獣医など)、高校生や短大生、専門学校生、高専生などは対象外です。
また、就職浪人(既卒)や第2新卒、高卒/中卒のフリーターやニート、最終学歴が大卒の無職などもハローナビ就活では対象外です。

利用料は0円

転職エージェントと同じように、ハローナビ就活の利用は完全無料です。

ハローナビ就活の運営費用は、求人を出す企業側が全額支払っています。
就活塾のように月謝や受講料などを支払う必要はありませんし、教材などを購入することもありません。

内定を得るまで安心して利用できます。

転職支援と同レベルのサービスが受けられる

ハローナビ就活では、リクナビエージェントやマイナビエージェントなどの転職支援サービスと同レベルのエージェントサービスが、実績皆無な就活生でも受けられます。

  • 就活相談
  • 就活講座の受講
  • 求人紹介(公開/非公開)
  • 企業の内部情報の提供(社風、人間関係、給与など)
  • エントリーシートや履歴書などの添削
  • 面接対策(模擬面接、傾向と分析)
  • 応募する企業との日程調整代行
  • 面接試験にハローナビ就活担当者が同席/サポート
  • 不採用時の理由のフィードバック

など

これらの充実したエージェントサービスが完全無料で受けられるのです。

面接試験同席は、医師やエリート社員向けのスカウトなどでしか見られません。口下手/あがり症の人には心強いですよね。

就活だと「お祈りメール」ばかりで、どうして採用されなかったのか、理由がわからない場合が一般的です。
人事などに問い合わせても「総合的に判断した結果」などと言われるだけです。

一方、ハローナビ就活経由で応募すると、不採用になった理由が聞ける場合もあります。

単にマッチングに失敗したのか、自分に足りない部分があったのかが明確になり、次への対策が取りやすくなります。

首都圏の中小零細企業の求人が多めの印象

ハローナビ就活で用意している求人数は非公開となっています。

ハローナビ就活を利用した人々の口コミによると、首都圏のベンチャー企業が多めという印象です。
有名企業の子会社や、一般的な知名度は低いものの業界トップの実績を持っていたり、成長企業などの他に、ブラック企業も一定数は混ざっているようです。

東大、早稲田、慶応などをはじめとした指定校の大学生しか受験資格がなかったり、学校推薦があっても落ちる場合がある一流企業の求人は皆無です。

採用プロセスが簡略化された求人も用意

転職支援サービスの場合、通常は「書類選考と3回の面接」が求められるところ、非公開求人だと「面接1回」で採用が決まると言うケースも珍しくありません。

ハローナビ就活に求人を出している企業の中には、この非公開求人と同じように、内定までのプロセスを簡略化しているところが存在します。

書類選考や学力試験などが免除されたり、2回の面接が1回で済んだりといった具合に、有利な条件が提示されることも珍しくありません。
オーナー企業などの場合は、社長や役員が気に入ったら、その場で採用といったケースも多いです。

ハローナビ就活の内定率が95%という実績の理由もわかるのではないでしょうか?

ハローナビ就活の利用の流れ

ハローナビ就活を利用する上での流れをまとめました。

  • Webフォームから登録
  • エージェントとの個人面談(東京吉祥寺で対面、スカイプやLINEでの遠隔)

これ以降の流れは、一人ひとりに合わせて行われます。

  • 自己分析
  • 業界/会社研究
  • 求人紹介(公開・非公開)
  • 就職講座
  • 内定直結特別選考イベントへの参加
  • 書類選考/面接試験対策

など

Webフォームから申し込んだ後、内定直結特別選考イベントに参加し、その場で内定を獲得して就活を終えた人もいます。
スピード感をもった就活がしたい人にも効果的です。

もちろん、自分にあった会社をじっくりと選ぶこともできます。

その他、リクナビやマイナビなどの定番どころはもちろんのこと、複数の就活エージェントを使うのも効果的でしょう。

>>ハローナビ就活の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました