htbエナジーのニチデンは安心できる電力会社?口コミや評判は?

htbエナジー ニチデン

HISとハウステンボスが共同で始めた新電力会社「htbエナジー」が提供するニチデンは、NEC(日本電気)の略称、大阪にある同名の消費者金融などと間違えられたり、ヤミ金扱いされたりと散々な状況のようです。

ニチデンは、沖縄県を除く全国各地の電力会社からの切り替えが可能ですが、切り替えるメリットがないと、中々変えようという気にならないのではないでしょうか?

電力会社の切り替え手続きが面倒くさい、オール電化向けのプランだから無理、見積もりをとったら逆に高くなるので止めたなど、さまざまな理由で今の電力会社との契約を続けているかもしれません。

沖縄県以外の人が、今の電力会社からhtbエナジーのニチデンに電力会社を切り替えるメリットはあるのでしょうか?



htbエナジーのニチデンの口コミや評判は?

まずは、htbエナジーのニチデンを利用している人たちの口コミや評判などをまとめました。

一人暮らし世帯では他社を退けて際立ってお得なHTBエナジー(たのしいでんき)ですが、それに対しニチデンは使用量が多い世帯をターゲットとしています。
しかし、使用量が多い世帯にとっても、ニチデンの料金プランは他社と比べると見劣りします。

ただし、家電製品の無料修理サービスや、エイチ・アイ・エスの旅行が割引になるサービスを活用できれば、他の新電力よりもお得に使える可能性もあります。
特に家電の修理は「数年に一度」でも頼めば十分元は取れるでしょう。

HTBエナジーは電源構成を公表していませんが、環境省を通じて発表したCO2排出係数は0.543kg-co2/kWhと、新電力としてはやや悪い値です。
東電、中電、関電と比べてもCO2排出量が多いです。
引用元:新電力比較サイト

・管理画面をわざと使いにくくしている
・クレジットカード決済を手動で設定しないと自動的にコンビニ決済となり手数料が発生する
・パスワードを強制的に変更させるが、その期間が非常に短くパスワード管理の手間がユーザー側にかかる
など、様々な面で管理面の粗さやユーザー側への負担があります。

また、これらのユーザー側への負担は意図的に行っている可能性が高いと思います。(管理費を浮かすため)

こちらが色々と管理しなければいけないという意味で格安プロバイダーと似ていると思います。
その手間をいとわないのであれば電気料金は多少安くなるとは思いますが・・・
引用元:価格.com

電力量などの詳細はWebで確認なので、メールで初期パスワードを送って来て頂けるとの事でしたが、来ません。

メールアドレスの登録に3、4日かかるのでお待ち下さいと言われたのですが、10日経ってもやはり初期パスワードのメールは届かない。

ところが5日前に「翌月の料金が確定した」旨のメールだけは届いたのです。
「マイページで確認を」て内容だけど、初期パスワードがわからないんでログインしようがないですよね(`^´*)

パスワードが届かないと言うと、「登録は早くて2週間くらいはかかるので」という返答。
「?この前3、4日と言ったのはなぜ?」「何で2週間もかかる?」と問うと「別の部署で登録作業をしておりますので」としか言わない。

私「翌月の料金決定のメールは来ましたよ」
ニチデン「変更後のアドレスにですか?」
私「そうです」
ニチデン「では今、初期パスワードをメールしましたので、それでログインして、お好きなパスワードを設定して下さい」

何だそれ?すぐパスワード送れるんなら、何故最初の電話の時にそうしてくれないの?
あんなレベルの対応しか出来ない従業員達をこのまま野放しにするつもりなんでしょうか。
引用元:電力会社Hack



htbエナジーのニチデンの特徴

htbエナジー ニチデン 特徴

次に、htbエナジーのニチデンの特徴をまとめました。

沖縄県/離島以外の人が対象

北海道から九州まで、沖縄県/離島以外の人がニチデンを申し込めます。

サービスエリア内でも、オール電化/太陽光発電などによる売電を行っている場合には、ニチデンの契約ができないこともあります。

加入手数料や違約金などは一切不要

ニチデンシンプルプランにすると、最低契約期間や加入手数料、解約手数料などは一切不要です。

電力使用量が増えるほど割安になる

ニチデンは、同社が提供する別の電力サービス(たのしいでんき)と比べて、電力使用量が少ない世帯にとっては割高な料金となっています。

また、電力使用量が増えるに従って割安になりますが、他社と比べると見劣りするケースが出てきます。

付随サービスが充実

ニチデンでは、他社では見られないユニークなサービスを提供しています。

  • 電化製品無料修理「つながる修理サポート」(購入後10年以内の家電が対象、年間50万円まで)
  • HIS旅行商品が最大3,000円割引(何度でも適用可能)

>>htbエナジーのニチデンの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました