住宅損傷修復ラボで火災保険を使って自己負担ゼロで住宅が修理できる?

住宅損傷修復ラボ

火災保険というと、自宅が火事になったら保険金はおりるが、地震によって生じた火事は対象外(地震保険の加入が必要)という知識は持っていると思います。

しかし、火災保険だけの契約でも、地震を除く自然災害(台風や竜巻、大雨や豪雨による土砂災害)による損傷でも火災保険から保険金が下りることは意外に知られていません。

それだったら、経年劣化で傷んでいる箇所を修理しようと思って、闇雲に火災保険の申請をしたところで、保険会社の審査が通る可能性は極めて低いです。

災害でもない限り、個人の申請だけで保険金が通ることは極めて珍しく、専門業者による精密な調査や報告書が必要な場合がほとんどだからです。

そこで役立つのが「住宅損傷修復ラボ」です。

建築業界に特化したITサービスを提供する(株)アーキバンクが提供するサービスです。

この火災保険の適用対象であるかどうかの調査や、保険会社に提出する報告書の作成を成功報酬のみで行うというサービスです。

成功報酬の支払いは火災保険の中から行いますし、同時に工事も行うことから、自己負担は1円もかからないといいます。

果たして、そんなうまい話があるのでしょうか?

住宅損傷修復ラボの口コミや評判は?

まずは、住宅損傷修復ラボを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

何よりも、自己資金を使うことなく工事ができたという点は特筆すべき点かなと思います。
またこの制度を上手く利用されていて、調査が無料で保険が下りれば工事、下りなければ工事しなくても良いとうシステムも素晴らしいです。
顧客の金銭的なリスクはゼロですからね。

仕事は早いですし、しかも丁寧。
そしてコミュニケーションも十分にとれていましたので不安を頂くことなくスムーズに工事を完了することができました。
引用元:【ゼロ円】雨樋修理、屋根リフォーム、雨漏り対策の「住宅損傷修復ラボ」

投資用として住宅を購入してからかなりの年月が経っているのですが、屋根の瓦や雨樋の損傷が激しくてみすぼらしいままだと空室のリスクもありますしなんとかしたいと思っていました。
ただ、できるだけ費用は安く抑えたかったので何か良い方法な無いかと思い、ネットで色々と検索したところ、こちらのサイトを見つけました。

火災保険の活用方法について、もともと全く無知でしたので最初は本当かなと半信半疑でしたが、サイトに掲載されているお客様の声や事例を見ると本当であることが実感できました。
早速調査の依頼を申し込みましたね。

最初は電話で対応頂いたのですが、こちらの状況を説明すると「大丈夫です。保険でなんとかなりますよ。」と言って頂いたので非常に勇気づけられました。
実際に調査に来られた方も愛想が良く、コミュニケーションも取りやすかったです。
引用元:公式サイト

住宅損傷修復ラボの特徴

住宅損傷修復ラボ 特徴

次に、住宅損傷修復ラボの特徴をまとめました。

自宅だけでなくアパートや工場などでも利用可能

住宅損傷修復ラボは、自宅はもちろんのこと、カーポートや、不動産投資物件のマンション/アパート、倉庫や工場、カーポートやビル、フェンスや塀なども対象です。

屋根や雨樋、外壁や水漏れなどを修復する工事が行なえます。

火災保険の適用対象かどうかを無料で診断

無料診断

一般的に、火事による住宅被害だけでなく、台風や大雨、豪雨による土砂災害、大雪や落雷、竜巻などで家屋に被害が出た場合にも、火災保険から保険金が支払われる場合が多いです。

おもに、屋根、雨樋、雨漏り、水漏れ、カーポート、フェンス、塀などの外部の損傷に対して適用されています。

地震による火災や、地震そのものによる損害は地震保険の契約が必要です。

住宅損傷修復ラボでは、現状を確認した上で、保険会社に申請して火災保険から保険金がおりるかどうかの検証を無料で行います。

保険会社への申請資料も無料で作成

書類作成

火災保険による保険金を保険会社に申請する際には「現地調査報告書」と「工事見積書」が必要な場合が一般的で、作成に慣れている工務店は少ないです。
火災保険を申請した実績が豊富な工事会社でなければ、保険会社が納得できるレベルの書類を作成することが出来ません。

住宅損傷修復ラボに依頼すれば、これらの書類作成や保険会社への申請サポートも無料で行います。

保険金が支払われた後に工事に着手

修理 工事

保険会社から保険金が支払われたら、その保険金の範囲内で終えられるように、住宅損傷修復ラボと提携する施工会社が修理を行います。

工事途中で追加負担が必要になったり、終了させずに工事を終えるなどといった誠意のないことは一切ありません。

住宅損傷修復ラボは、工事に必要な金額の保険金が出るように書類を作成するため、自己負担ゼロで住宅の修理が行える場合が多いです。

保険金がおりなければ工事は行いませんが、調査費用を請求することはありませんので安心してください。

住宅損傷修復ラボの利用の流れ

住宅損傷修復ラボ 流れ

住宅損傷修復ラボの利用の流れをまとめました。

  • 無料調査依頼フォームに必要事項を記入して送信
  • 現地調査の日程調整
  • 提携業者による現地調査の実施
  • (申請可能であれば)保険会社へ提出する資料の作成
  • 保険会社に申請
  • (保険金がおりれば)提携業者による工事の実施
  • 工事完了

火災保険の契約内容や、現地調査の結果、保険会社に申請しても、保険金の支払いができない場合/少額しか支払われない場合には、工事をせずに終了となります。

その場合でも、調査費用などの請求はありませんので安心してください。

>>住宅損傷修復ラボの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました