ソフトウェアジョブズのテストエンジニア求人はIT土方の最底辺?

ソフトウェアジョブズ

IT業界は、NTTデータやIBM、日立や富士通、NECなどのSIerを頂点に、IT未経験者があふれかえる6次受け、7次受けなどの派遣業者といったヒエラルキーが出来上がっています。

本物の土方が働く建設会社でのヒエラルキーと比べても、ITドカタの世界は過酷な労働条件で知られており、いまだに過労死が減る気配もありませんし、なかなか表沙汰にならないことも多いものです。



その中で、テストエンジニアに特化した案件・求人を紹介してくれるのが、バルテス(株)が運営する「ソフトウェアジョブズ」です。

テスターとしてこき使われる仕事もありますが、むしろ中心となるのは、テストフェーズの設計や運営、評価などを行うマネージャーやリーダークラスの求人です。

テストフェーズというと、SIerの若手正社員が取り仕切るイメージがありますが、ITシステムの複雑化に伴って、一つのミスが致命的な影響を及ぼすケースも増えています。

入社して間もない若手SEでは対応できないケースも増えていますし、ベテランエンジニアはマネジメントなどで手一杯のため、テストエンジニアの需要が増大しています。

5,700名以上が登録しているというソフトウェアジョブズについて調べました。

ソフトウェアジョブズの口コミや評判は?

まずは、ソフトウェアジョブズを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

テストエンジニアやシステム開発の仕事が多数登録されており、単価が50万~70万の案件が4割を占めます。
また、案件の説明が詳しく、参画中の働き方もイメージできます。

一方、開発の案件が少ない点は注意が必要です。
引用元:500mails

今でこそテスト設計の仕事に就くようになりましたが、テストの仕事は未経験から始めました。

「テスト・評価」の仕事は認知度の高いものも多く、そういったシステムを公開前に触れることのできる楽しみや、バグを発見した時の嬉しさなどもあります。

最初は不安も大きかったのですが、どうすれば業務を行なえるか、業務に見合うスキルアップはどうすればよいか、といった点をコーディネーターの方より丁寧に教えていただけたことで、最初の案件も問題なく完了できました。

実際にテスト設計の仕事をすることで、収入も1.5倍以上に上がったように思います。
その分担当プロジェクトをまとめるなど責任もありますが、今後のキャリアプランが明確になりました。
引用元:客先常駐からの脱出(リンク切れ)

今まで、開発の業務に携わっておりましたが、残業時間の多さや、将来への不安によって不満が募り、一度思い切って転職してみようと思い、テスト・評価の仕事に就きました。
当初、簡単な項目の作成と実施だけかと考えていましたが、実際作業を行ってみると第3者検証の深さ(ユーザビリティ)には多くの発見と、驚きの連続でした。

開発という自由性も良いですが、テストの必要性やクリエイティブな魅力に気づきました。
以前の業務よりも残業時間も少なく、そしてなによりもこの仕事へ誇りを感じており、これからも向上心を持って取り組もうと思います。
引用元:IT未経験でもSEへ転職できる

SEをしていたときに仕事自体にはそれほど不満を持っていませんでした。
むしろシステム開発は楽しいと思っていたくらいです。

この仕事に不満を持っていたのは、プロジェクト次第で労働時間が長くなり、労働時間を自分の力だけではコントロールできないことです。

テストエンジニア派遣のメリットは、成果物に対して直接責任を持つことはないのでプロジェクトが炎上しても定時に帰れることです。
派遣労働は時間給なので労働時間が増えると、クライアントが支払うコストが増えます。

そのため、余程のことがない限りは残業が慢性化することはありません。

IT業界にいると、時給1400円以下で働くエンジニアは結構たくさんいます。
特にキャリアが評価されるようになる前、20代前半だと給与が安い割に労働時間も長いので、働けば働くほど時給が安くなります。

実力主義といわれるIT業界ですが、なんだかんだ企業に対する貢献度で給与は決まります。
やはり長く勤めている人の方が給与は高いのは間違いありません。

個人的にはこのテストエンジニアという求人を見て結構ありだと思いました。
時給2500円で1日働くと2万円になります。これで毎日定時に帰れるなら結構大きいですよね。
月収にすると40万円、年収にすると480万円になります。
引用元:セミリタイアしたサラリーマン投資家

テストエンジニアは短期的な案件が多く、ソフトウェアジョブズも「突然契約が切れて仕事がなくなることが多い」という登録者の方の口コミや評判が多いです。
ソフトウェアジョブズは本社のある関東と関西を中心に、中部・九州にも展開していますが、東北・沖縄・北海道に居住の方は登録不可です。
引用元:底辺ブラック企業からホワイトIT企業への転職



ソフトウェアジョブズの特徴

ソフトウェアジョブズ 特徴

次に、ソフトウェアジョブズの特徴をまとめました。

派遣や業務委託などの形で取り組む

募集中の求人案件によって異なりますが、ソフトウェアジョブズを運営するバルテス(株)の技術派遣や、個人事業主として、求人を出した企業から業務委託を受ける形式が大半です。

求人先で正社員や契約社員などの形で雇用されるケースは皆無です。

ソフトウェアジョブズの求人で働いている期間は、バルテス(株)の福利厚生が受けられます。
正社員と変わらないレベルの社会保険や有給休暇、育児介護、健康診断や予防接種などが用意されています。

就業先は関東/関西

ITシステムの開発が行われる拠点は、関東/関西が中心です。

このため、ソフトウェアジョブズの求人も関東/関西で100%近くをしめます。
地方に住んでいるから地元の仕事を探したいと思っても、案件が0というケースが珍しくありません。

首都圏や京阪神に住んでいる人であれば問題にはなりませんが、それ以外のエリアに住んでいる人にとっては厳しいですね。

高待遇/短期案件が多い

バルテス(株)は、大手SIerや大企業からテストエンジニア求人を直接受けることが多く、月40万前後と報酬は高めです。
テスト設計やマネジメントなどができれば、月100万円以上を稼ぐことも可能です。

一方、案件ごとの雇用期間は最短数日、1ヶ月を超える案件は全体の4割程度しかありません。
テストフェーズが何年も続くようなITシステムは、超大規模案件かデスマーチ最前線ぐらいですから、案件数は少なめです。

残業などは少ない一方、継続的に働こうと思ったら、常に新規募集をチェックしておく必要があります。

報酬支払は毎月15日が基本

ソフトウェアジョブズでの報酬は、月末締め、翌月15日払いが基本です。

15日が非営業日の場合は翌営業日となりますが、大企業の正社員でも20日や25日が給料日であるケースが多い中では早めです。

報酬の日払いや週払い、先払いなどは対応していません。

3名体制による就業支援サポート

就業支援サポート

ソフトウェアジョブズでは、

  • 人材コーディネーター(案件マッチングなど)
  • 営業(就業先の労働環境の調整/改善など)
  • サポート(雇用契約、保険、報酬など)

の3名体制で、あなたの就業支援をサポートします。

スキルアップ支援

バルテス(株)が所有しているIT関連の書籍や教材、ソフトウェア(ライセンス契約に違反しない範囲内での提供)などを無料で利用できます。
バルテス社内でも勉強会を随時開催しており、時間が合えば自由に参加できます。

さらには、ソフトウェア国際認定技術者資格(JSTQB)取得の支援制度も用意されています。

ソフトウェアジョブズの利用の流れ

ソフトウェアジョブズ 利用の流れ

ソフトウェアジョブズの利用の流れをまとめました。

  • Webエントリー
  • 担当者から連絡/面談日程調整
  • 登録面談/案件紹介
  • 参画準備(案件詳細、現場情報の提供など)/各種調整(契約関連、スケジュール調整など)
  • 依頼先との面接/契約(業務委託の場合)
  • 案件参画
  • 勤務終了

案件が終了しても、ソフトウェアジョブズとの契約が終了するわけではなく、次の案件の斡旋などのサポートが受けられます。

>>ソフトウェアジョブズの詳細を確認する

タイトルとURLをコピーしました