テキストポンの買取価格は安い?買い叩く悪徳業者?売っても安全?

テキストポン

あなたは大学や短大、専門学校の授業で必要となる教科書や専門書を購入しましたか?

大学であれば、部活の部室に教科書がおいてあったり、学部の先輩から譲ってもらうなどといった方法もあるでしょう。

一方、教科書や専門書などを全て購買部などで購入したという人もいるかもしれません。
あなたの場合はどうですか?

授業以外で二度と見ることもない教科書や専門書が手元に残っているかもしれませんね。

これらの書籍は、ブックオフなどに売りに行っても、買取不可か0円引き取り、値段がついても非常に安いことが珍しくありません。

そこで役立つのが、テキストポンなどの教科書や専門書などを専門で買い取る古書業者です。

大学や短大、専門学校の生徒にリユースすることを目的としているため、古書店よりも高値で買い取ってもらえるのが魅力的です。

しかし、ヤフオクやamazon、メルカリなどに出品したほうが高く売れるのではないかと思っていませんか?
テキストポンも古書店と同様に、安く買い叩く悪徳業者ではないのかと心配しているかもしれません。

テキストポンの口コミ/評判は?

まずは、テキストポンを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

専門書10冊以上送りましたが700円未満でした
業者側の高額買取という言葉は全くあてにならないことがわかりました
引用元:ヒカカク

めちゃめちゃ書き込んであったのに、25冊で12,000円になった
引用元:大学教科書買取LABO

教科書を15冊程度送り200円でした。
書き込みが少しでもブックオフなどでは買い取って貰えないと思ったので。
引用元:テキストポンの買取価格っていくらなの?(リンク切れ)

就職も決まって新居に引っ越すことが決まった時、困ったのが大学で使っていた教科書などの山です。
捨てるのが手っ取り早いけど、購入した時の金額を思うとそれはいたたまれるし、かと言ってブックオフや古本屋に持っていってもお菓子も買えないくらいの値しかつかない・・・

そんな時探して見つけたのがテキストポンでした。
状態の良かった教科書などは古本屋に持ち込んだ時とは比べ物にならないほどの買値が付いて思わず「だよなー!」と納得してしまいますた。
ほんと古本屋に行った時は「その教科書いくらで買ったか知ってんのか!」と怒鳴りたくなったものでしたので。
引用元:テキストポンの買値についての情報まとめ(リンク切れ)

テキストポンの評価は?

口コミサイトでのテキストポンの評価をまとめました。

ヒカカク 評価
ウリドキ 評価

高評価と低評価に極端にわかれていることがわかります。

低評価は期待していたよりも買取価格が安すぎるといった不満が多い一方、高評価は他店舗と比べて高いという意見が多かったです。

ブックオフで買取を拒否された経験があれば、テキストポンでの提示が1冊10円でも満足できるということでしょうか?

テキストポンの特徴

テキストポン 特徴

次に、テキストポンの特徴をまとめました。

送料無料は1回につき10冊以上

従来は5冊以上で送料無料となっていましたが、2018年11月1日から1回に付き10冊以上となりました。
9冊以下の場合は送料は自己負担となりますので注意してください。

また、同一商品は1冊のみ買取可能です。
同じ書籍を何冊も買い取ってもらうことはできません。

テキストポンに書籍を送った後にキャンセルした場合、返送時の送料は自己負担となります。

大学/短大/専門学校の教科書や専門書を買い取り

買取対象

古書店では買取不可になることが多い、大学・短大・専門学校の教科書・専門書・医学書・学術書などを、テキストポンでは積極的に買い取っています。

自社ホームページ(最近は販売していない模様)やamazonなどの販路を確保しているからです。

このため、amazonなどの古本販売価格以上で買い取ってもらえる可能性はありません。

もっとも高く売りたいのであれば、あなた自身でamazonやメルカリ、ヤフオクなどに出品すると良いでしょう。
書籍によって売れる時期は異なるでしょうが、テキストポンよりも高く売れる可能性は高いです。

小学校、中学校、高校の教科書や副教材、問題集や参考書、赤本などは買取対象外です。

マーカーや書き込みのある書籍でも買取可能

マーカー 書き込み

全くの新品と比べると買取価格は下がりますが、ラインマーカーや書込みがある書籍、表紙カバーや付録がついていない書籍でも買取可能です。

記名のある書籍は、氏名の部分をを消すか、シールで隠してから販売します。
完璧に消えないこともあるため、赤の他人に自分の名前が知られるのが嫌な場合には、売却しないほうがいいでしょう。

テキストポンの利用の流れ

テキストポン 買い取り 流れ

テキストポンでの買取の流れをまとめました。

  • 買取申込フォームに必要事項を入力/送信
  • 書籍などを梱包/送付(10冊以上限定:1箱はゆうパック、2箱以上はヤマト便(宅急便ではない)で着払い対応可能)
  • 査定/連絡(合計金額のみの提示)
  • 査定価格に納得すれば指定口座に振込/キャンセルの場合は送料着払いで返却

テキストポンに送る書籍など入れる梱包材は、あなた自身で手配する必要があります。
100円ショップなどでダンボールを購入できますし、スーパーやドラッグストアなどでは、余剰分に限って無料で提供しています。

>>テキストポンの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました