コジサポLINE@は個人事業主の格安顧問税理士相談サービスとして使える?

コジサポLINE@

個人事業主確定申告をするにあたって、一人で書類を作成して提出する人も少なくありません。

一人で白色/青色申告書を作成する場合、やよいやMFクラウド、freeeなどのツールを用いたり、青色申告会や商工会議所に加入して指導を受ける人が多いですね。

一方、確定申告の作業が面倒だったり、税務調査が来た時に困らないようにといった理由で、税理士に依頼する人も少なくありません。

領収書や売掛、買掛などの処理について、一人では管理しきれない位に増えてきたり、それなりに稼げるようになってきて、税金のことで悩まされたくないといった場合などに、税理士に依頼することを考えるのではないでしょうか?

あなたが住んでいる地域の税理士会に問い合わせれば、地元の税理士の一覧を教えてくれますし、インターネットで検索すれば簡単に見つかります。

しかし、税理士によって得意な業種や職種に違いがありますので、信頼がおけるかどうかは実際にやり取りをしないとわかりません。

また、税理士に確定申告書の作成を依頼するだけでも、安くても5万円程度、10万円、20万とかかることも珍しくありません。
顧問税理士ともなると、更に追加で支払う必要がありますので、手軽に依頼できない人も多いのではないでしょうか。

そこで注目されているのが、税理士法人小山・ミカタパートナーズが提供する「コジサポLINE@」です。

コジサポLINE@は個人事業主専門の顧問税理士相談サービスです。
月2980円からと低価格で顧問税理士サービスが蹴られます。

コジサポLINE@であれば、いつでもLINE@で手軽に税務・経営関連の相談ができますし、記帳チェックや、青色申告に欠かせない決算書作成のチェックなどのサポートがうけられます。

サービス開始当初は、Yahoo!知恵袋などで「単なる仲介サービスじゃないのか」などとボロカスに書かれていましたが、実績が積み重なるにつれて、良い評判ばかりが増えています。
悪い評判というのは、本当にYahoo!知恵袋ぐらいでした。

しかし、あなたにとってコジサポLINE@が最適な選択肢になるのでしょうか?
詳しく調べました。

コジサポLINE@の特徴

コジサポLINE@ 特徴

まずは、コジサポLINE@の特徴についてまとめました。

顧問税理士料が安い

コジサポLINE@の代金は、年払いで35,760円、1ヶ月あたり2,980円となっています。
あなたのビジネスの年間売上や業種、職種などによって価格が変動することはありません。

税理士に顧問契約を依頼すると、年間売上や訪問頻度などによって価格は変わりますが、個人事業主の場合、安くても月1万円程度は必要です。

いつでも気軽に相談できる

顧問税理士契約を行うと、毎月や隔月、半年に1回など、事前に決めたタイミングで税理士が訪問してアドバイスをしてくれます。

その際に税金面での相談をすることが一般的ですが、それ以外の問い合わせなどについては、税理士によって対応が違う場合が珍しくありません。

電話は無料でも、臨時で訪問が必要な場合は別途費用が必要だとか、イレギュラーなやり取りは全て追加料金を徴収するなど、バラバラです。

コジサポLINE@は、LINE@での問い合わせは24時間いつでも受け付けており、返事が来るのは税理士の在籍している時間によって異なりますが、レスポンスは悪くありません。

平日の日中だと、LINEでたわいのない会話をしているのと変わらないスピード感で返事がくることも多いです。
チャット感覚で疑問が解決できると、ストレスがたまりません。

個人事業主向けの実績が豊富

税理士法人小山・ミカタパートナーズは、コジサポLINE@だけでも年間100件以上の相談実績があります。
個人事業主向けの節税セミナーなども数多く開催していることから、さまざまなコネクションを通じて相談を受けていますし、依頼主の業種や職種はさまざまです。

リフォーム業者や脱毛サロン、焼き鳥店、コンサル、ブロガー、芸能事務所、デザイン会社、介護、美容、アフィリエイト/せどりなどのネットビジネス、専業トレーダーや億り人など、実に多種多様です。

税理士と公認会計士のダブルホルダーが担当

税理士法人小山・ミカタパートナーズ代表でコジサポLINE@を担当する小山晃弘さんと岡本信吾さんは、税理士と公認会計士のダブルホルダーです。

小山さんは有限責任監査法人トーマツ、岡本さんはEY新日本有限責任監査法人と、いずれも4大監査法人での勤務経験がありますし、ネットビジネスや不動産投資、仮想通貨トレードなどの実績もあることから、幅広く対応できるだけの実力があります。

税務関係だけでなく、経営アドバイスも受けられるのがコジサポLINE@です。

記帳代行、確定申告の代行はしてもらえない

コジサポLINE@では、日々の記帳代行や、確定申告の代行はしてくれません。
あなたが作成した記帳や、白色/青色の確定申告書類のチェックはしてもらえます。

税理士法人小山・ミカタパートナーズに依頼すれば対応はしてもらえますが、記帳代行は月2万円から、確定申告代行は15万円からと安くありません。

これよりも安い価格で引き受けてくれる税理士が数多く居ますので、その税理士の成果物をコジサポLINE@でチェックしてもらうというのも可能です。

ダブルチェックにすることで信頼度が高まりますし、さまざまな観点から節税対策のアドバイスが受けられるのも有益です。

コジサポLINE@の口コミ/評判は?

次に、コジサポLINE@を実際に利用した人の口コミや評判などをまとめました。

コジサポの代表は2人いるんだけど、フリーランスがやろうとしてること、やるだろうことのほとんどを税務的にも業務的にも把握してる。
だから、だいたい何聞いてもしっかり返事をくれるしあやふやな返事が全くない。
知識レベルで税務を知ってるのは当たり前として、実務レベルで経験のある税理士ってそうそういないんじゃないかなあ。

若いフリーランスは相当やりやすいと思うよ。
ぼくの知る中で、LINEで相談できるのはコジサポだけ。

このいい感じなラフさがいいよね。電話で話してもラフでいけるし。
引用元:ヒキコモリズム.COM

ビットコインの確定申告で相談するだけなら。1か月分料金払って聞けば十分。

僕が聞いて分かったこと
雑所遠くの記入。
マネーフォワードに計上するもの
仮想通貨の売買利益の計算

自分で調べていたらわからなかったことなので価値を感じられました。

間違っていたらどうしようとおびえながら確定申告の時を過ごすのは嫌ですよね。
税理士に相談してすっきりしちゃいましょう。
引用元:カメ

節税対策に興味がある方は、試す価値は絶対にあります。

節税対策というと税理士の業務範囲かと思いますが、税理士は提出した数字をまとめて申告・納税をするのが主たる業務です。
節税に関しては、積極的にアドバイスをするのは業務ではありません。(税理士さんの個人差が大きいです)

特に12月の年度末までに節税出来る事は色々とあります(共済の一括支払い、保険の見直しや加入など)が、本年度の節税を考えているのであれば、時間があまりありません。
節税相談と納税・申告が一緒に相談出来きて、業界随一の低価格のサービスは試す価値があるというか、今直ぐ試してみるべきサービスです。
引用元:かゆいところが手だった。

私はもともとまだ会社員でエンジニアとして働いており、数カ月後に独立しようと考えていました。

でも、個人事業主として独立するときにどのような手続が必要なのか調べてもよく分からず、かといって税理士さんを顧問でつけるほどのお金もないので、どうしようかと途方にくれていた時、友達からコジサポLINEというサイトがあると教えてもらい、加入しました。

コジサポさんでは公認会計士と税理士の両資格をもった方が担当についてくださり、開業届の出し方から退職時の保険の貰い方、確定申告の方法まですべて丁寧に教えていただきました。

おかげさまで、今は開業2年目で売上も順調に伸びています。
開業予定の方にもおすすめのサービスです。
引用元:格安でできる税務相談口コミ情報(リンク切れ)

コジサポLINE@の利用の流れ

コジサポLINE@ 利用の流れ

「コジサポLINE@」という名前の通り、基本的なコミュニケーションの取り方はLINE@になります。

利用者側は普通のLINEで構いませんが、現時点でLINEを使っていなければインストールしておく必要があります。
スマホ、タブレット、パソコンのいずれでも構いません。

LINEの経験自体がない場合には、事前にLINEの基本的な操作に慣れておくと良いでしょう。
知り合いなどと雑談をしていれば、自然と慣れてくるものです。

また、代金の支払いはクレジットカードのみです。
自動課金制のため、JCBプリペイドの「LINE Payカード」やデビットカードなどは使えません。

コジサポLINE@は自動更新のため、契約を更新せずに解約したい場合には、更新日の10日前までに連絡する必要があります。

>>コジサポLINE@の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました