古書買い取りは古書大黒堂がいい?ヤフオクやメルカリのほうがいい?

いらなくなった学術書や専門書をチェーンの古書店に持っていっても、まともな値段では買い取ってもらえません。
書き込みやマーカーがある本は買取してもらえませんので買取不可となる場合が大半です。

たとえ、書き込みやマーカーなどが一切ない書籍だったとしても、捨て値で買い取ってもらえれば御の字でしょう。

そこで役立つのが、古書大黒堂などの専門書や学術書を中心に買い取る業者の存在です。

学術書や専門書の価値がわからない古書店よりは高値で買い取ってもらえるそうですが、ヤフオクやメルカリに出したほうが高値で売れないかと思っていませんか?

古書大黒堂公式サイトURL
https://www.daikokudo55.com/

古書大黒堂の口コミや評判は?

古書大黒堂を利用した人の口コミや評判などをまとめました。

古書大黒堂を使う時に面倒になる点は、申し込み時点で佐川急便もしくはヤマト運輸の着払い伝票を用意しておかなければいけません。
追跡番号を入力する必要があるからです。
他の買取サービスにはない不便さで、今後改善してもらえるとうれしいですけどね・・・。

文庫本や新書を大量に送りました。なんだかんだでうちには本がたくさんあります。
21冊送りましたが、買取値がついたのは13冊でした。

私はとにかく家をキレイにしたかったので、値段は気にせず買取に同意しました。
13冊で1,050円だったので、本にしては結構いい金額だと思います。

商品を送ってから6日後の振込でした。
引用元:ノマド的節約術

学術書などを専門に扱っているという事で利用しました。
オンライン査定もあり、ある程度の価格で取引して頂けると期待していたのですが、そちらでの価格を3000円近く下回る価格を提示されたためお断りさせていただきました。

オンラインでの査定結果は実際のものとは異なる場合があるとの記載も了承しておりましたが、あまりにも差が激しすぎます。
今回依頼したのは理系・文系で言えば文系の専門書が主で、別の分野の書籍であれば結果も違ったのかとは思いますが、もう利用しないと思います。
引用元:Uridoki

古書大黒堂に本20冊を送りました。
買取不可になってしまった本もありましたが、送料は無料でした。
送った点数が20冊以上なら送料は引かれないみたいです。
引用元:本高価買取.com

僕は辞書を断捨離。
電子辞書に絞って部屋がきれいになりました。
学生のころの参考書「なんとなくとっておこう」って読まないんですよねー。
汚らしくなってたのでほこりをぬぐって査定に出してます。

結果はなかなかなもので
累計4万くらいは手に入ってますね。
これをゴミ捨て場に捨てていたんだと思うと恐ろしい。
ゴミ袋が札束だったなんて。
引用元:ネットで稼ぐ方法の一覧(リンク切れ)

古本を発送した12日後に査定結果が出ました。(人気があって混雑しているとのことでした。)
20冊のうち値段がついたのが10冊で、買取価格は合計で1,266円でした。
見積もりの1,610円からは20%程の下落なので許容範囲です。
引用元:古本買取価格比較

古書大黒堂の特徴

次に、古書大黒堂の特徴をまとめました。

学術・専門書の買い取りに特化

古書大黒堂では、専門知識のあるプロが学術書や古書を鑑定することで、一般的な古書店より高値での買い取りを実現しています。

オンライン査定は参考程度

書籍のISBNコードを入力すると、概算の買取価格が表示されます。
実際の買取価格は書籍の状態によって異なりますが、ある程度は安くなる想定で考えると良いでしょう。

20冊以上の買い取りで送料無料/20冊未満は買取不可

20冊以上の書籍を送る場合のみ、着払いでの送付が可能です。
見積り後に「佐川急便着払い専用伝票」が郵送されますので、添付した後、佐川急便で送るという流れになります。

たとえ20冊以上でも、クロネコや日本郵便などの他社配送便を使う場合は元払いです。

なお、19冊以下の場合は買い取りをしてもらえません。

査定後に返却する場合の送料は自己負担

古書大黒堂に買取希望の書籍を送った後、メールで査定価格の案内が送られてきます。

その買取価格が納得できず、返品してもらう際の送料は古書大黒堂では負担しません。
着払いで送られてきますので、受け取る際に送料を支払う必要があります。

梱包材は準備が必要

売りたい書籍を梱包するダンボールなどは、古書大黒堂では用意していません。
事前に用意しておく必要があります。

梱包が不適切な場合には、輸送中に濡れたり傷んだりするおそれがありますが、その分だけ減額や買取不可になる可能性が高まりますので注意が必要です。

買い取り完了までに時間がかかる

古書大黒堂では、送付した翌日に買取価格の査定が終わるようなことはありません。

査定が完了するまで、平均でも1週間~2週間程度、混雑期には1ヶ月程度をみておく必要があります。

古書大黒堂での買取の流れ

古書大黒堂での買取の流れをまとめました。

  • 買取申込フォームに必要事項を入力
  • 佐川急便着払専用伝票が送られてくるのを待つ(3日~5日程度)
  • 売りたい書籍を梱包し、佐川急便着払専用伝票を貼り付けて配送
  • 査定完了の連絡が来るのを待つ(平均1週間~2週間程度、混雑期は1ヶ月程度)
  • 査定内容に満足できれば、銀行口座に振り込み/不満であれば返却(返送時送料は自己負担)
口コミの中にあった、申し込み時点で佐川急便/ヤマト運輸の着払い伝票を事前に用意する必要はなくなりました。
フォーム入力後に、佐川急便着払専用伝票が送られてきます。

買い取りできない書籍

  • ISBN番号がない古書・古本
  • 洋書
  • 同人誌
  • 通信教育テキスト
  • 児童書
  • 攻略本
  • コンビニコミック
  • 美術全集
  • 歴史全集
  • 社史
  • 雑誌
  • 週刊誌
  • 絵本
  • マンガ・コミック
  • 小説
  • 小説文庫本
  • 小説全集
  • 詩集
  • 百科辞典
  • 書き込みがある書籍
  • 水濡れしている書籍
  • ひどい日焼けで背表紙が変色している書籍(軽度ならOK)
  • カバーがない書籍
  • カバーに破れがある書籍
  • 目立つしみや汚れがある書籍
  • 付属CD・DVDがついていない書籍

>>古書大黒堂の詳細はこちら

まとめ

1冊ずつ比較すると、古書大黒堂で買い取ってもらうよりも、ヤフオクやメルカリに出品したほうが高い価格で売れる場合があります。

しかし、ヤフオクやメルカリに出品すると、購入者との対応が面倒ですし、システム利用料や手数料なども考えると、逆に損になる場合もあります。

また、20冊以上の書籍を1冊づつ出品するのは大変ですから、他店では買い叩かれるような本を高値でまとめて買い取ってもらえる古書大黒堂の存在は重要です。

>>古書大黒堂の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました