格安航空券センターの手数料は高い?座席指定はできる?口コミや評判は?

【PR】当サイトの記事には、広告・プロモーションが含まれる場合があります。

格安航空券センター

スカイ・シー(株)が運営する「格安航空券センター」では、各航空会社の国内線チケットを予約・購入しています。
JALに加えて、LCCなどにも対応しています。(ANA・春秋航空などは除く)

料金は、各航空会社のホームページなどで購入するのと比べると、手数料が必要な分だけ割高になります。
その一方、予約後に日時を変更できるオープン券に変えられる「ビジネス出張航空券」や、株主でなくても利用できる「株主優待割引」など、繁盛期でもオトクになる独自の格安航空券が利用できます。

格安航空券センターで航空券を予約・購入した後、その航空会社の予約センターなどに連絡すると座席指定が行えます。
LCCの場合、搭乗日当日のみ・空港カウンターでの受付となり、追加料金が必要になります。

この格安航空券センターを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

格安航空券センターの口コミや評判は?

格安航空券センターを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

悪い口コミ

手数料をもう少し安くしてほしい。
合計金額時にがっかりする。
引用元:GMOポイ活

手数料がかかるし特別安くはありませんでした。
空港についてからチェックインしなければならないのは、時間もかかるし手間に感じました。
引用元:ワラウ

良い口コミ

初めて利用しましたが、往復で違う空港の便をスムーズに手配できました。
また利用したいです。
引用元:google

航空券がお安く購入できます。
乗り継ぎがあったのですが、それも簡単に手続き出来ました。
また使いたいと思います。
引用元:ポイントインカム

私は休みの日程がギリギリまで決まらないことが多く、早割などが使えず、格安のツアーも10日切ったら申し込めるものが限られてしまうため、利用します。
利用したい日時が迫っていて、金券ショップに行く時間もなく、自分で予約するのが面倒なときに頼ってしまいます。
この格安航空券センター、確か金券ショップも系列にありますから、株主優待券の入手はたやすいです。
引用元:Yahoo!知恵袋

格安航空券センターの特徴まとめ

格安航空券センター 特徴

格安航空券センターの特徴をまとめました。

国内線の航空券を販売取次

格安航空券センターでは、国内線の航空券の販売取次を行っています。

2024年6月時点では、以下の航空会社の国内線航空券を購入できます。

  • JALグループ
  • スカイマーク
  • ジェットスター・ジャパン
  • ピーチ
  • フジドリームエアラインズ

春秋航空、ANAグループ、一部の地域航空会社などの航空券は扱っていません。

航空会社から直接買うよりも多くの場合は割高

昭和から平成にかけては、旅行センターや代理店で航空券を買うことが珍しくありませんでしたが、現在では航空会社のホームページやアプリなどから直接予約・購入できます。

さらに、格安航空券センターのような代理店を経由すると手数料を徴収されますが、航空会社から直接買えば、当然ながら手数料はかかりません。

各航空会社でも、航空券が定価より安く買える各種割引が行われているため、一部のケースを除けば、格安航空券センターで航空券を買うメリットはありません。

繁盛期・直前購入等の場合に便利

格安航空券センターは、以下の場合に航空会社から直接航空券を買うよりも安くなる可能性が高いです。

  • 繁盛期などで割引航空券がない・割引率が低い場合
  • ビジネス出張航空券(オープン券・日時変更可能)が欲しい場合
  • 今日中に安く飛行機にのりたい場合

など

今日、急に飛行機に乗る必要が出た場合、航空会社が提供している割引の大半は使用できません。
航空券を定価で買うしかない場合が多く、非常に高額に感じられるのではないでしょうか?

格安航空券センターでは、株主優待割引を用いた航空券を販売しています。
株主優待割引は搭乗日当日でも適用されますが、航空会社の株主ではない人が利用する場合は、金券ショップなどで売られている株主優待割引券を購入してから予約する必要があります。

近所に金券ショップがなければ、今日中に株主優待割引券を入手することは不可能ですし、株主優待割引券には有効期限があるので、使うかどうかわからないものを事前に購入したくないですよね。

格安航空券センターであれば、常時、株主優待割引券の在庫があるため、当日でも購入できるというわけです。

繁盛期などは、航空会社が販売している航空券の割引率が低く、株主優待割引のほうが安い場合もあります。
格安航空券センターで手数料を支払って購入したほうが安い場合も珍しくありません。

多彩な支払い方法に対応

格安航空券センターでは、航空券の支払いに以下の方法が利用できます。

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • コンビニ決済
  • ペイジー
  • Amazon Pay

今日、飛行機に乗る場合など、搭乗日によっては、利用できない決済手段もあります。

座席指定は航空会社にて実施

格安航空券センターでは、購入した航空券の座席指定は行えません。
航空券の購入後、搭乗する航空会社に連絡して座席指定を行う必要があります。

また、LCCの場合の座席指定は、搭乗日のみ・空港カウンターでの対応となり、別途料金が発生します。

まとめ

国内線であれば、多くの航空会社が航空券をオンラインなどで直接販売しています。
手数料が余分にかかりますし、座席指定やチェックインの手間なども考えると、格安航空券センターなどの代理店を使うメリットは少なくなりました。

それでも、今日中に飛行機に乗らないといけない場合に安くしたい時など、格安航空券センターが役立つシーンは少なくありません。
比較検討した上で、オトクに感じた場合に利用するといいでしょう。

>>格安航空券センターはこちら