OPTEMO(オプテモ)チャットツールでオンライン商談を即時開始!

【PR】当サイトの記事には、広告・プロモーションが含まれる場合があります。

OPTEMO オプテモ

(株)OPTEMOが提供する「OPTEMO」(オプテモ)は、Webサイトなどに設置できるリアルタイムチャットツールです。
チャットや音声、ビデオ通話など、都合の良い方法で接続することができます。

販売ページなどにOPTEMO(オプテモ)を設置することで、訪問者からの問い合わせを待つことなく、スムーズに商談に入れます。
インサイドセールスがプッシュ形式で商談などに誘導できるため、離脱率の低下や反応率の向上につながります。

OPTEMO(オプテモ)は、さまざまな業種の企業サイトに導入が進んでいます。
導入後に成果を実感する企業担当者も増加中です。

OPTEMO(オプテモ)の特徴まとめ

OPTEMO オプテモ 特徴

OPTEMO(オプテモ)の特徴をまとめました。

Webサイトなどに簡単に導入可能

OPTEMO(オプテモ)は、簡単なタグをホームページ上に設置するだけで利用できるようになります。

特殊なツールなどを導入する必要は一切ありません。

訪問者の動きをリアルタイムで可視化

OPTEMO(オプテモ)を導入すると、ページの訪問者がどのような動きをしているのかがリアルタイムでわかります。

訪問者1人ごとに

  • 閲覧中のページ
  • スクロールの状況
  • ウィンドウサイズ

など、さまざまな情報を可視化することができます。

プッシュ型・プル型のどちらも対応可能

OPTEMO(オプテモ)では、サイト訪問中の見込み客に対して、プッシュ型・プル型のどちらのスタイルでも対応可能です。

WEBサイトのCVR(問い合わせ率)は、一般的に1%程度といわれているため、ほとんどの訪問者はそのまま離脱している状況です。
この離脱している99%の見込み客に対し、プッシュ型で積極的にインサイドセールスからのアプローチが行なえます。
事前に個人情報を取得する必要がありませんし、アポ無しで商談を始められるため、ハードルが低いのがメリットです。

なお、積極的なアプローチを行うメリットがないサービス・商品など、見込み客からのアクションを待ってから動きたい場合には、プル型を選ぶといいでしょう。

もちろん、プッシュ型・プル型を併用することも可能です。

OPTEMO(オプテモ)では、見込み客に対して、チャットや音声、ビデオ通話など、都合の良い方法で接続できます。

SFA・MAツールとの連携

OPTEMO(オプテモ)は、各社の営業支援システム(SFA)・MA(Marketing Automation)ツールと併用できます。

salesforceやMarketo(マルケト)、HubSpot(ハブスポット)などと連携できます。
また、チャットツール(Slack、Microsoft Teams、ChatWork、Google chatなど)と連携すれば、いつもの連絡と一緒に確認できるので効率的です。

充実のサポート

OPTEMO(オプテモ)を十分に使いこなせるようになるために、専門の担当者によるサポートが受けられます。

わからないことがあれば気軽に問い合わせができますし、トラブルが起こった場合などでも安心です。

導入実績は増加中

OPTEMO(オプテモ)は、2022年11月のサービス開始以降、さまざまな規模・業種の企業が導入しています。

IT系だけに限らず、人材や不動産、ECサイトやオウンドメディアなど、導入先は多種多様です。

OPTEMO(オプテモ)の口コミや評判は?

OPTEMO(オプテモ)を導入した企業の口コミや評判などをまとめました。

悪い口コミ

温度感の高いユーザーを抽出しますが、名前などの情報がない状態で接客が始まるので、最適なコミュニケーション方法についてはPDCAを回す必要があります。
引用元:SaaSLOG

良い口コミ

サービス資料をダウンロードしていただいた方の商談化率が高いため、Webサイト上のお客様の動きをもっと把握したいと思い、OPTEMOを導入しました。
OPTEMOを導入したことで、インサイドセールスとマーケティングの連携が潤滑になり、情報共有から改善までが効率化されています。
Webサイト訪問者の動きを可視化して、Webサイトの改善に今後も活用していきたいと思います。
引用元:STRATE

WEBサイトから離脱しているお客様が多いことに課題を感じていて、WEB広告の施策を増やす中で離脱しているお客様へもっと魅力を伝えることができれば、価値を感じていただけると思っていました。
これを解決するためにどうしたらいいかと思っていた時に、ちょうどいいタイミングでOPTEMOを知りました。

OPTEMOは個人情報なしで気軽にコール(音声通話)もできますが、まずはチャット機能をメインに使っています。選択肢を用意してお問い合わせ前のお客様とWEB上でコミュニケーションを取っていて、お客様が抱えている疑問点をその場で解消しています。

結果的に、「問い合わせするまでではないんだけど気になるな・・・」というお客様にとって気軽にコミュニケーションできる環境を実現できて、そういったお客様からお問い合わせをもらう導線ができています。
これまではこういったお客様が離脱してしまっていたので、WEBサイト上で魅力を伝える方法ができたのは非常に大きいです。

機能などもありますが、BtoBでのツール導入という意味では、「ROI(費用対効果)の試算をして、投資回収できる」ことが一番の決め手になります。
マーケティング部門から他のツールや施策の共有もあったため、合わせて検討しましたが、OPTEMOが一番良かったです。
OPTEMOと同じ機能を実現しているサービスが他にはなく、現場目線でも効果的でした。

OPTEMOを通じて、インサイドセールスとマーケティングの各部門での連携が良くなりました。

WEBサイトはマーケティングの担当であり、声掛けはインサイドセールスという役割分担の中で、OPTEMOを使うとこの2つの部門が”連携する場”を創り出すことができます。

もともと当社はマーケティング部門とインサイドセールス部門の仲は良く、関係性は良好です。
しかし、お互いに専門領域が異なるため、例え頻繁に会話をしていたとしても、抱えている課題、欲しい情報などの肌感等が伝わりにくい部分もあったと思います。

また、インサイドセールスが取得した情報をマーケティング部門がヒアリングする等、部門間連携のための会議体はありましたが、「一次情報」をみんなで議論する機会は意外とありませんでした。
OPTEMOを使うと、お互いがお互いの動きや声を聴く機会が増え、同じ一次情報を基に一緒に改善していく文化を創り出すことができます。

まとめ

OPTEMO(オプテモ)を使うと、Webサイトなどから積極的にアプローチが行なえます。
導入先の企業によって目的は異なりますが、オンラインでの商談につなげたり、資料請求やアポ取りなど、さまざまな効果が得られています。

このため、OPTEMO(オプテモ)を導入する企業が増えており、口コミでの評判も良好でした。

>>OPTEMO(オプテモ)の公式サイトはこちら