Media Labo(メディアラボ)でライティング・マーケティングを学ぶ!

【PR】当サイトの記事には、広告・プロモーションが含まれる場合があります。

Media Labo メディアラボ

(株)POWERが運営する「Media Labo」(メディアラボ)は、ライティング・マーケティングを学べる実践型のオンラインスクールです。

Media Labo(メディアラボ)のベースカリキュラムは、実際の活用シーンを想定したものとなっています。

最初に、集客するためのコンセプト・ターゲットを決めた後、ブログなどを構築し、SNSやメルマガなども活用します。
その後、ブログなどを訪問したユーザーに対して、商品やサービスなどを販売するWebページを作成し、収益化していきます。

Media Labo(メディアラボ)では、「プロ講師によるサポート」と「個別コーチング」を行っています。
途中で挫折しては、どれだけ素晴らしいカリキュラムだったとしても意味がないためです。

Media Labo(メディアラボ)の特徴まとめ

Media Labo メディアラボ 特徴

Media Labo(メディアラボ)の特徴をまとめました。

ライティング・マーケティングを学べる

Media Labo(メディアラボ)は、ライティング・マーケティングを学べるオンラインスクールです。

全くの未経験者・初心者でも、専用のWebサイトでライティング・マーケティングを基礎から順序だって学べます。
受講履歴は随時記録されているため、どこまで学んだかが一目でわかります。

実践的なカリキュラム

Media Labo(メディアラボ)では、ライティング・マーケティングを知識として身につけるだけでなく、あなたが実際に使えるようになるために、カリキュラムは実践的な内容となっています。

ベースとなるカリキュラムは以下のようになっています。

  • テーマ設定(メディアのコンセプト・ターゲットなどの決定)
  • メディア構築(ブログ・SNS・YouTubeなどでメディアを作成)
  • リストマーケティング(集客戦略を策定し、SNS運用で集客)
  • セールスアプローチ(販売戦略の策定)

Media Labo(メディアラボ)運営元の(株)POWERが、取引先となる顧客に提供してきたマーケティング・ライティングのノウハウを惜しみなく提供しています。

中身が陳腐化しないために、カリキュラムやコンテンツの見直しを継続的に行っています。

充実したサポート・コーチング

Media Labo(メディアラボ)では、チャット・電話・ビデオ通話・対面などによる個別サポートを提供しています。(一部を除く)
受講中にわからないことがあれば、気軽に質問や相談が行なえます。

チャットサポートは24時間受付となっており、担当者が随時回答します。
それ以外のサポートは利用可能な日時・時間帯が決まっています。

また、Media Labo(メディアラボ)ではオンラインコーチングもあわせて行っています。
途中で挫折することなく最後まで続けるために、通常のサポートとは別にコーチングも提供しています。

セミナー・イベントを随時開催

Media Labo(メディアラボ)では、受講生を対象としたセミナーやイベントなどを開催しています。

知識やノウハウ、トレンドなどを学べるだけでなく、講師や受講生との交流の機会も用意されています。

Media Labo(メディアラボ)の口コミや評判は?

Media Labo(メディアラボ)を受講した人たちの口コミや評判などをまとめました。

悪い口コミ

キャリアサポートやポートフォリオ制作サポートがない
引用元:cody

良い口コミ

半信半疑でカリキュラムに取り組んでいたのですが、入会して5ヶ月目の段階で初めての収益3万円がでました。
他の方々は初収益で5万円や10万円と出てる方もいるので、私の収益は少ないほうです。
教材も充実していますし、わからないことはサポーターに気軽に聞ける環境が整っていますし、個人的には信用できるスクールだと思いますよ!
引用元:Yahoo!知恵袋

カリキュラムをやっていく中で自分なりに意識したことは講師の方々から言われた事は必ず実行するという事です。
忙しくて出来なかったモチベーションが上がらないと言い訳をしたくなかったので必ず実行すると決めていました。
収益化する上で大切だと思った事は講師の方々から言われた事は実行する、できるまで継続する、言われた課題は満足の出来にならなくても提出し、添削をお願いする事かと思います。

講師の方々も続ける事ができる方が成功するとよく仰っていて、「続ける事なら凡人の私でも出来る!」そう思い絶対続ける事だけはしよう!と思いました。
また私は名古屋住まいなので事務所をこまめに訪問するのは難しかったため、講師の方々と週に2回ミーティングをさせて頂きました。
軌道修正や細やかなフォローが 収益化に繋がったと思います。

まとめ

Media Labo(メディアラボ)では、知識やノウハウを学ぶだけでなく、実践を通じてスキルを習得し、収益化できるレベルまで高めていけます。

完全無料トライアルは随時受け付けているため、まずは申し込んでみるといいでしょう。

>>Media Labo(メディアラボ)の公式サイトはこちら