退職代行の窓口は労働組合と提携!後払い・分割払いも可能!

【PR】当サイトの記事には、広告・プロモーションが含まれる場合があります。

退職代行の窓口は2024年3月時点で公式ホームページに接続できません。
こちらも参考にしてください。

弁護士法人ガイア総合法律事務所の退職代行は口コミでも評判?
弁護士法人ガイア総合法律事務所では、弁護士による退職代行サービスを提供しています。 依頼費用は民間企業の退職代行よりも高...

—以下は古い情報です—

退職代行の窓口

LeAp合同会社が運営する「退職代行の窓口」は、24時間いつでもLINEで無料相談を受け付けています。
相談は何度でも無料で行えますし、退職代行の依頼を受けたら、最短当日中に退職が確定します。

退職代行の窓口は労働組合(日本経済合同労働組合)と連携しており、必要に応じて、労組が代理人として団体交渉を行います。
退職後も失業給付金受け取りのサポートや優良企業への転職支援など、さまざまなサポートが受けられます。

退職代行の窓口は、料金を全額先払いすることもできますし、分割払い・後払いも可能です。
さらに、1年間は何度利用しても追加料金は不要となり、料金は1回分で済みます。

退職代行の窓口の特徴まとめ

退職代行の窓口の特徴をまとめました。

LINE相談は24時間対応・何度でも無料

退職代行の窓口では、LINEによる相談窓口を開設しています。
24時間いつでもLINE相談を受け付けており、退職代行サービスに関する説明だけでなく、あなたにとって最適な選択肢が別にあれば、適切なアドバイスを行います。

退職代行の窓口では、退職代行を依頼するまでは何度でも無料で利用できます。

労働組合と連携して対応

退職代行の窓口では、労働組合(日本経済合同労働組合)と連携しています。

一般的な退職代行サービスの場合、「依頼者の伝言板」として会社側に退職したい旨を伝えます。
多くの企業では、これだけで退職が成立していますが、社則を変更するなどして「退職代行の利用は不可」などとする企業も徐々に増えています。

さらには、会社側の顧問社労士や顧問弁護士などが出てきて、裁判をちらつかせたり、違法まがいの脅迫などをするケースも出てきています。

退職代行の窓口では、あなたの代理人として労組が団体交渉を行うなどして対応するので安心です。

料金は後払い・分割払いが可能

退職代行の窓口の料金は29,760円(税込)です。(2023年7月時点)
価格改定やキャンペーンなどにより、実際の請求額が異なる場合があるため、公式サイトでも確認してください。

退職代行の窓口の料金は、前払いで一括して支払うこともできますし、今は手持ちのお金が少ないという場合には、分割払い・後払いにも対応しています。

なお、退職代行の窓口で退職できなかった場合には、全額返金保証が適用されます。

現金以外にも、クレジットカードや各種電子マネーによる支払いにも対応可能です。

アフターフォローも充実

「会社側に退職の連絡を行って、退職が成立したらサービス終了」という退職代行業者が少なくありません。

一方、退職代行の窓口では、以下のアフターサポートを提供しています。

  • 失業給付金受け取りサポート(手続き方法の連絡・予定のリマインド)
  • 初回利用後、1年間は何度退職代行を利用しても無料
  • 優良企業への転職サポート

個別相談は引き続き利用できるため、困ったことがあれば気軽に利用できます。

退職代行の窓口の口コミや評判は?

記事作成時点では、退職代行の窓口の口コミや評判は見つかりませんでした。

今後も調査を続けてまいります。

まとめ

退職代行の窓口は、後払い・分割払いが可能な退職代行サービスです。
手持ちの資金に不安がある人でも利用しやすくなっています。

退職代行の窓口は、転職支援サービスも提供しており、次の仕事を探す場合にも役立ちます。