住宅ローン滞納問題相談室は任意売却・リースバックに強み!

住宅ローン滞納問題相談室

一般社団法人 住宅ローン滞納問題相談室では、住宅ローンの返済が行き詰まってしまった人向けのサポートを行っています。

当然ながら、住宅ローンを返済できずに放置しておくと、競売にかけられるのは時間の問題です。
金融機関などのローンの貸出元と相談して、リスケなどをしても、返済がうまくいかなければ、回収業者から催促されることが珍しくありません。

住宅ローン滞納問題相談室では、金融機関やサービサーを熟知している担当者が、3,000件を超える豊富な実績をもとに、あなたにとって最適な結果になるようにサポートします。
具体的には、任意売却やリースバックなどを勧めることが多いですが、あわせて、提携弁護士などとともに自己破産や任意整理などを行うこともあります。

住宅ローン滞納問題相談室は、全国どこからでも利用できます。
担当者が自宅に訪問しますし、あなたからの希望があれば、別の場所での相談も可能です。

住宅ローン滞納問題相談室の特徴まとめ

住宅ローン滞納問題相談室 特徴

住宅ローン滞納問題相談室の特徴をまとめました。

全国対応

住宅ローン滞納問題相談室は、東京・大阪に事務所を構えており、その他にも、担当者が全国各地に在籍しています。
このため、全国どこからでも相談を受け付けています。

通常、あなたの自宅に担当者が訪問して相談を受けますが、その他の場所でも構いません。
また、あなたが住宅ローン滞納問題相談室に訪問し、事務所の中で相談することも可能です。

地域や時間帯などによっても異なりますが、最短で、依頼日当日に相談をすることも可能です。

豊富な知識と経験を持つ担当者

住宅ローン滞納問題相談室の担当者は、豊富な専門知識と数多くの経験から、住宅ローン返済に行き詰まった人々に対する解決策をいくつも持ち合わせています。
任意売却やリースバックなどを行う場合が多いですが、その他にも、親子間売買や任意整理、自己破産や個人再生など、さまざまなアプローチを併用することで解決へと導いていきます。

さらに、住宅ローン滞納問題相談室の担当者は、金融機関・サービサーの動き方を熟知しているため、先手を打った対応が可能です。

各分野の専門家と連携

住宅ローン滞納問題相談室は、弁護士、司法書士、税理士、不動産鑑定士などの各種専門家と、必要に応じて連携し対応します。

例えば、自己破産や個人再生、任意整理などの各種債務整理などを行う場合には法律の専門家のサポートがかかせませんし、不動産取引には価格の鑑定や税務処理なども必要になります。
専門家とのスムーズな連携により、短期間での解決をサポートします。

豊富な実績

住宅ローン滞納問題相談室は、これまでに3,000件を超える解決実績があります。
小規模な事務所のため、解決件数は大手の法律事務所などと比べると少ないものの、担当者の人数の割には多いです。

個別の事情にも対応して解決してきた実績をもとに、あなたにとって最適な解決策を提案します。

住宅ローン滞納問題相談室の口コミや評判は?

住宅ローン滞納問題相談室を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

他社で通らなかった親子間売買での住宅ローンがこちらでお願いすると通りました。
自宅を手放さなくてはいけないと覚悟してましたが、相談して良かったです。
おかげで安心して住み続けることができてます。
ありがとうございました。
引用元:google

弁護士には、あきらめることを勧められたが、ついに親子間売買が成功した
引用元:【大阪府】任意売却業者まとめ

仕事が変わり収入が減った為、滞納を続けていました。
仕事に追われ、借入先の催告等も放置していたところ、 競売の申し立て通知が届きました。

急に焦りを感じ、住宅ローン相談室へ相談のメールをしました。
自分の現状もわからないまま、何をすれば良いのかもわからないなか、 自宅まで来てくださったので相談させていただきました。

自身の今の状態・何をすればよいのか・優先事項などを丁寧に聞くことができ、不安が小さくなりました。
そして、相談から1か月で任意売却することができました。

残りの債務や他の債務については、信頼できる弁護士を紹介してもらい、今は以前の自宅近くの賃貸に家族で暮らしています。

勤め先が業績不振になり、人員削減のためのリストラを受け、住宅ローンの支払いが困難になりました。
就職活動をしましたが、思うような収入を得られる会社に就職が決まりませんでした。
その就職活動中はアルバイトをしていましたが、生活費を稼ぐので精一杯な状態でした。

住宅ローンの支払いが滞っていることは認識しておりましたが、就職活動とアルバイトで忙しく、放置してしまっていたら「競売開始決定」の通知が自宅に届きました。
これはいよいよ本当にどうにかしないといけないと思い、「住宅ローン滞納問題相談室」に問合せてみました。
お話しを聞くと、今後の流れ、競売と任意売却のメリット・デメリットをわかりやすく説明いただきました。

お任せしてからは金融機関との連絡窓口になっていただき、売却活動を開始してからわずか3ヶ月目で無事に任意売却で自宅を売却することができました。
退去費用も交渉し拠出して頂き、引越もスムーズにできました。

定年後に住宅ローンの残債を退職金で支払おうと当てにしていましたが、不況で退職金が出なくなりました。
また、離婚もしたので貯金もなくなっておりました。

再就職はしましたが、毎月の住宅ローンの支払いも生活費を賄うのが精いっぱいになり、住宅ローンを滞納するようになりました。
滞納を10カ月すると裁判所から現況調査の通知が届き、慌てて「住宅ローン滞納問題相談室」へ相談しました。

住宅ローン返済を滞ってしまったが、住み慣れた自宅であるので住み続けたいという意向を伝えました。
リースバックができる提携会社が何社もあり、それぞれあたっていただき、3社相見積もりを取りました。
その中から一番条件の良い会社を選択し、希望通り住み続けることができました。

まとめ

住宅ローン滞納問題相談室では、任意売却・リースバックだけでなく、第三者の立場から、住宅ローンが支払えなくなったという悩みの解決策をいくつも提案しています。
相談は無料で行えますし、あなたにとって最適な解決策を提案してもらえるので安心です。

住宅ローン滞納問題相談室への相談申し込みは、専用のフォームで24時間いつでも受け付けています。

>>住宅ローン滞納問題相談室の詳細・相談申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました