BestPayファクタリングは注文書も買取可能!口コミや評判は?

BestPay ファクタリング

(株)アレシアが運営する「BestPay」は、個人事業主・法人を対象とした2社間ファクタリングを行っています。
請求書だけでなく、法人であれば、注文書の段階でも買い取りすることが可能です。

BestPayでは100万円~3億円程度を調達することができ、審査書類も査定申込書と注文書・請求書、振込先口座のみと少ないです。
手数料は5%以上となっており、最短で審査翌日には買取額が入金されます。

BestPayはノンリコースのため、万が一、取引先からの売掛金の支払いがなかった場合にはBestPayへの支払いは免除されます。
このため、口コミでも評判になっています。

BestPay ファクタリングの特徴まとめ

BestPay ファクタリング 特徴

BestPayの特徴をまとめました。

個人事業主・法人に対応

BestPayは、個人事業主・法人が利用できるファクタリングサービスです。

いわゆる「給与ファクタリング」ではないため、サラリーマンや公務員、アルバイトなどの被雇用者はBestPayを利用できません。

2社間ファクタリング

BestPayは、取引先に通知を行わない2社間ファクタリングに対応しています。

買取金額は1件あたり100万円~3億円程度となっており、少額案件には対応できません。

BestPayでは、債権譲渡登記に関しては個別対応となります。

注文書・発注書の段階で買取可能

一般的なファクタリング業者では売掛金を買い取るために、請求書が発行されないと審査申し込みが行えません。

一方、BestPayでは法人取引に限りますが、請求書だけでなく、注文書・発注書の段階での買取が可能です。
着手前に現金化ができるため、急な資金調達にもスムーズに対応できます。

買取手数料は金額や取引先などによって異なるため、BestPayでは最低5%以上という水準を提示しています。

個人事業主の場合は、請求書買取のみとなります。

審査書類は少なめ

一般的なファクタリング業者の場合、審査にあたって必要な書類などが膨大になることが一般的です。
決算書や取引内容履歴の確認書類、売掛先との契約書類、発注書、納品書、請求書など、さらには印鑑証明など、急いで資金がほしい時ほど手間に感じるものです。

一方、BestPayでは審査申し込みの際に必要な書類は、以下のように必要最小限です。

  • 注文書(発注書)もしくは請求書
  • 通帳3ヶ月分(表紙付き)
  • 本査定申込書

オペレーターからの詳細確認後に本査定申込書が送られてきます。
本査定申込書に必要事項を記入し、BestPayに送付した時点で審査が開始されます。

最短翌日に審査完了

BestPayではフィンテックを活用した独自の審査により、最短翌日には審査が完了します。
審査結果に問題がなければ、注文書・請求書を買い取り、最短で指定口座に資金が振り込まれます。

なお、契約時にはBestPay担当者との対面が必要となります。
東京・大阪にあるBestPay事務所を訪れるか、BestPayの担当者が指定場所に訪問して契約となります。

ノンリコース

BestPayでは早い段階でファクタリングを行っているため、場合によっては取引先が倒産したり、資金繰りが悪化するなどして、指定期日までに取引先からの入金が行われないケースもあります。

取引先からの入金が行われない場合には、BestPayへの支払いは免除されるノンリコースとなっているため、安心して利用できます。

BestPay ファクタリングの口コミや評判は?

BestPayを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

着手前に資金化できるので、普通のファクタリングよりも格段に早いです。
その分、若干ですが手数料は高くなります。

それでも今まで資金の問題で諦めてしまっていた仕事を受けれるようになったので大変助かっています。
引用元:FACTORING会社の口コミ

三次下請けの建設会社です。
受注から入金までの費用は弊社の手出しとなる上、入金は作業が終わってからの1~2か月後となるので、キャッシュ不足時は受注を断らざるを得ませんでした。

しかし、ベストペイの注文書ファクタリングを知ってからは状況が一変。
ベストペイでは仕事の話を頂いた段階でも現金化が可能ですので、今まで断らざるを得なかったシーンであっても一考の余地が可能となりました。
単純な資金調達としてだけではなく、ビジネスチャンスを広げたい企業にオススメのファクタリングサービスだと思います。
引用元:5分で理解できるファクタリング活用術

ベストペイは審査から入金までが早いので、本当に必要なタイミングで資金調達を行えました。
細かなことに状況に対応してもらえるので助かっています。
引用元:ファクタリングナビ

注文書買取式になっているので、受注段階から現金化をすることができるのが魅力的です。

多くのファクタリング業者では、仕事が終わっからの請求書や売掛金を現金化していくことになりますが、「ベストペイ」では受注段階から現金化をしていくことができるのでそれだけ早く現金調達をすることができて便利です。
これがここの最大のメリットだと思っています。
しかも、受注段階の現金化であっても取引先の承諾を必要としないのも助かります。

以上のように早めに現金化したい場合には最適です。
それに個人事業主にも対応しているのも良いです。
引用元:みんなのキャリア

関東を拠点に20年以上金属類や機械品等の運送業を営んでおりますが、燃料価格の高騰の煽りを受け、営業利益は前年同期比で大幅な減少という有様です。
孫請仕事が中心であるため価格転嫁も行えておりません。

そんな中、元請けから「直接仕事をしてくれないか」との打診を頂きました。
話を聞くと社内規定の変更で孫請を使うのが禁止になったのだとか。

ただ、燃料費用やドライバーの残業代を賄える自信がありませんでした。
時間に余裕がない中、資金集めに奔走していた次第です。

こちらのサービスは長男が見つけてくれました。
私は古い人間なので当初は懐疑的だったのですが、週明けには振り込みが可能と告げられ、利用を決断しました。

注文書の買取代金で必要経費を賄うことができたため、商機を逃さずに済みました。
荷主は上場もしている物流大手で、現在では月に数百万ほどの売上があります。
順風満帆とは言えませんが、営業継続が危ぶまれた時点と比較すればまさに雲泥の差です。

もう一つがドライバーの離職を防げた事です。
今回の受注にあたり荷主とドライバーのどちらかを犠牲にしなくてはと覚悟したのですが、お陰様で何とか両者の心を繋ぎ止める事ができました。

長距離輸送が厳しい現状は依然として変わっておりません。
今後は県内を主体とした配送業務や、地元運送事業者の傭車先として、継続的な受注増を図る予定です。

お陰様で資金面では一息つけている状況ですので、地場・中距離輸送へと切り替えつつ、ドライバーの確保に努めたいと考えております。
ただ燃料価格の高騰は今後も続きそうですので、短期的な資金需要には注文書・請求書買取も含めた幅広い方法を用いながら対応するつもりです。

BestPay ファクタリングの申込は24時間受付中

BestPayでは、各種問い合わせをオンラインからは24時間、電話は平日営業時間内(10時から19時)に受け付けています。

また、デジタルパンフレットを配布しており、いつでも自由にダウンロードしてみることができます。

>>BestPayの詳細/各種問い合わせなどはこちら

タイトルとURLをコピーしました