見守りプラス認知アイシルで離れて暮らしても安心?口コミや評判は?

見守りプラス認知アイシル

(株)アイトシステムが販売している「見守りプラス認知アイシル」は、高齢者などの見守りを24時間行えるだけでなく、認知機能の低下を早い段階で見つけられるシステムです。
個人でレンタルできますし、企業・団体などでの導入にも対応しています。

見守りプラス認知アイシルは、「ボタン操作による認知症初期段階見極めシステム」として特許を取得しています。
本体のボタンを押すたびにクラウドシステムにデータが蓄積されていき、過去のデータと比較することで認知機能を確認します。

このため、見守りプラス認知アイシルは評判となっています。
利用者の口コミなどをまとめました。

見守りプラス認知アイシルの口コミや評判は?

見守りプラス認知アイシルを使用している人たちの口コミや評判などをまとめました。

緊急時の駆けつけは無い
引用元:超シニア人

見守りカメラを嫌がる高齢者の方であれば、アイシルがとりあえずの第一候補になるのではないかと思います。
高齢者宅にインターネット環境が無くても、予めモバイルルーターがセットになっているプランがあるので、ご自身で難しい契約をして高齢者宅のネット環境を整える必要もありません。

月々3000円程度まで予算がある方であれば、全ての見守りをされている方におすすめです。
高齢者向けの見守り機器で、ここまで高機能なものは他にないと思うので、ぜひ使ってみてください。
引用元:高齢者の見守り情報サイト【with】

24時間365日、親と離れて暮らしていてもスマートフォンでいつでも状況確認でき、異常の際はメールがくるので安心できる。
通知が来た時、熱中症にならないようエアコンをつけるように電話できるようになった。
引用元:ホームセキュリティ比較・みまもり防犯グッズ・盗難対策ブログ

4種類のセンサーと服薬管理機能や連絡ボタンなどがひとつになった”アイシル”という見守りアイテムです。
これは私がイチオシする見守りアイテムです!

近くで暮らしていても認知機能の低下にいち早く気がつくのは意外と難しいことです。
認知機能の低下に早期に気が付くことで認知症の予防や認知症の進行を遅らせるなどの対応がより早く可能になります。
引用元:おや の みまもり

見守りや声掛け時間の設定も細かく設定できるので、母の生活に合わせて声掛け機能や見守りが利用できます。
薬を飲んだか確認する声掛けがあるので飲み忘れが少なくなりました。

無線・有線のインターネット接続が必要

見守りプラス認知アイシルは、インターネット経由でクラウドサーバーに接続したり、異常時に通知します。

このため、見守りプラス認知アイシルの本体が、無線(Wifi)・有線(LANケーブル)でインターネット接続できる必要があります。

見守り先にインターネット接続環境がない場合、見守りプラス認知アイシルとモバイルルーターがセットになったプランを利用するといいでしょう。
セットでオトクに利用できます。

見守りプラス認知アイシルの本体は、充電式ではありません。
常時、電源コンセントにコードを差しておく必要があります。

見守りプラス認知アイシルなら遠方の家族でも見守り可能

リモート監視

見守りプラス認知アイシルは、本体に人感センサーや照度センサー、温度センサーが搭載されています。
事前に設定した数値を超えると「異常」となり、あらかじめ設定したメールアドレスやLINEに通知されます。(最大8箇所まで)

ドアセンサーを追加で設置すると、ドアの開閉の有無でも異常検知が可能です。

これらのセンサーを活用することで、遠方に住んでいる人でも、異常が起こっていないかどうかを遠隔チェックできます。

また、「前日のセンサ反応状況、異常の検出状況、ボタン押下状況」をまとめてメールで通知されますし、各種センサーの稼働状況などは、専用のホームページでいつでもチェックできます。

見守りプラス認知アイシルでは、異常時にガードマンなどが駆けつける機能はありません。
通知を見てから、あなたなどが対応する必要があります。

ボタンによる認知症検知

アイシル本体

見守りプラス認知アイシル本体には、ボタンがいくつもあります。

食事や薬、外出時や起床・就寝のタイミングで定期的にボタンをおすようにすることで、安否確認だけでなく、認知機能の低下の検出が早い段階で行えるようになります。

事前に設定した時間になると、ボタンを押すように本体のランプやメッセージなどで通知できます。
生活習慣を整えるのにも役立ちます。

また、AIと連動させることにより、通常の生活パターンとは異なる場合に、異常として検知させることも可能です。
「認知症初期段階見極めシステム」(特許第59129521号)として特許を取得しています。

見守りプラス認知アイシル本体の「連絡ボタン」を押すと、ブザーが鳴るとともに、事前に連絡されたメールアドレスやLINEに通知されます。
ブザーは鳴らさないようにもできるため、緊急時ではなく、通常の呼び出しの際に使うこともできます。

見守りプラス認知アイシルは購入・レンタルのどちらも可能

見守りプラス認知アイシルの本体は、購入・レンタルのどちらも可能です。
購入した場合には1年間のメーカー保証がつきますし、レンタルにすると、本体が故障した際にいつでも対応してもらえます。

なお、本体を購入した場合でも、クラウドサーバー使用料が別に必要になるため、月額費用の支払いが発生します。

まとめ

見守りプラス認知アイシルは、カメラなどと比べて、プライバシーを守りながら遠隔監視が行なえます。

ボタンを押すのが面倒かもしれませんが、認知症の早期発見にもつながるため、抵抗感なく受け入れられるのではないでしょうか?

>>見守りプラス認知アイシルの詳細・問い合わせなどはこちら

タイトルとURLをコピーしました