シーモアパターはパターフィッティングも可能!おすすめの評価?

シーモアパター

シーモアパターは、メジャー3勝を誇る米国有数のパター専業ブランドです。
使うだけでパッティングの精度とパッティング技術が向上するといい、高く評価されています。

というのも、シーモアパター独自の特許技術「ライフルスコープテクノロジー」(RST)により、パターのアドレス時に、パターのヒール部分にある赤いドットを隠すだけでパッティングが安定するためです。

このため、シーモアパターはゴルフ初心者からプロゴルファーまで、幅広く愛用されています。
おすすめする人も少なくありません。

全国の提携販売店以外に、東京赤坂、宇都宮に公式フィッティングスタジオを設けています。
フィッティングスタジオでは、パター販売だけでなく、パターフィッティングもあわせて行っています。

シーモアパターの特徴まとめ

シーモアパター 特徴

シーモアパターの特徴をまとめました。

特許取得「ライフルスコープテクノロジー」

ライフルスコープテクノロジー

シーモアパターには、特許を取得したライフルスコープテクノロジー(RST)を採用しています。

シーモアパターのパターヘッドには、『Red Dot』と呼ばれる赤いドットが書かれています。
この赤いドットをシャフトで隠すようにセットアップし、左右に配された2本のホワイトラインが均等に見えるようにすることで、常に安定したセットアップポジションをキープできます。

その結果、パッティングが安定するようになります。

フェースバランス・アット・インパクト

フェースバランス・アット・インパクト

シーモアパターは、ライフルスコープテクノロジーのほか、フェースバランス・アット・インパクトも搭載しています。

ストローク中の状態(ライ角)でのフェースバランスを保つことができるため、より安定したナシュラルストロークが可能となります。

豊富なラインアップ

シーモアパターは、プライベートリザーブ、プラチナムシリーズ、ナッシュビルスタジオシリーズ、USツアーシリーズ、ミニジャイアントシリーズなど、削り出しのプレミアムミルドから廉価なクラシックシリーズまで、幅広く取り揃えています。

さまざまなヘッド形状のパターを用意しています。

シャフトの長さを変更可能

シーモアパターは、シャフトの長さを変更できます。

0.5インチ刻みで32インチ~35インチまで調整可能です。

東京赤坂・宇都宮に公式スタジオを展開

シーモアパターは、東京赤坂・宇都宮に直営のフィッティングスタジオを開設しています。

フィッティングスタジオでは、シーモアパターの試し打ちだけでなく、フィッティングも可能です。
専門のフィッターが常駐しており、実際のパッティングデータ等を踏まえて、あなたに最適なパターを提案します。

シーモアパターの口コミや評判は?

シーモアパターを使用している人たちの口コミや評判などをまとめました。

打感が硬い
引用元:Fuji Enjoy Golf

シーモアには、古閑美保のチャレンジアスリートのCMで興味を持ち、この製品にたどりつきました。
シャフトカラー・長さ・グリップの選択があるので、セミオーダー品だと思いますが、1Wかからず届きました。

長さが0.5インチ刻みで選択できるのがすごい。
ネットだと34インチばかりで33インチを探すのも苦労します。
今回32.5インチにしました。身長174cm。

自宅の練習マットで打った感想ですが、真っ直ぐ打てる感じがします。
RSTの効果?赤印は見えません。
真っ直ぐ引けてるのかも。ラウンドでどうなるかです。

グリップは、ROSEMARK1.52を選択しました。
極太グリップではなく、オデッセイのミッドサイズを少し太くした感じ。
選択に悩みましたが、良い感じです。
1.25だと細すぎたかと思う。
太い丸グリップとは違い握った感がしっかり伝わります。

最後にカバーについて、メーカーサイトにも何の説明もなく心配でした。
マレットだと、大きな物が付属かと思いましたが、ピン型に付くようなタイプでした。
少し幅広カバーです。。

不満はマジックテープで締めるところ。
マグネット式にして欲しい。
メーカーのセンスがないところ。PINGを見習って下さい。
引用元:楽天市場

思っていた感じとは違いましたが、マレットにしたので気分転換とシーモアの目印で打って(練習して)みたかったので良かったと思います。
しかし今までのパターと打感と距離感が違うので困る所です。
ヘッドカバーも可愛いくて良かったですが、マグネットが弱そうでラウンド中落としそうな気がします。
引用元:Yahoo!ショッピング

今までいろんなパターを取り替えましたがなかなか合わず、友人に勧めてもらったこのパターに鞍替え。
先日の社内コンペでは、48,47の95でベストスコアを達成しました。
次は目指せスコア85!?
引用元:ゴルファボ

昔からパターが苦手だった筆者も、ラウンドしながら自分のパター技術を改善していけるコンセプトがいいなと思い、しばらくの期間このパターを使用していました。

結果どのような改善がもたらされたかというと、平均パット数が40ぐらいだった時代から、だいたい36は下回るレベルまで改善されました。
1日のラウンドで3パットがでる機会が1、2回でて、代わりに1パットが1、2回でるって感じですね。

つまりミドルパットやショートパットで大きなミスがでないようになりました。

特にパターのセットアップやストロークがはちゃめちゃ状態なゴルフ初心者の方々がこのパターを使ってみるといいのではないかと思います。
引用元:Go Go 2 Good Golf News

まとめ

シーモアパターはライフルスコープテクノロジーなどにより、安定したパッティングができるようになります。
口コミでもおすすめする人が多く、評価も高いです。

シーモアパターの公式フィッティングスタジオであれば、フィッターが常駐しているため、あなたに最適なパターに仕上げてもらえます。

>>シーモアパターの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました