住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)保険金申請サポートの口コミや評判は?

住宅保険の窓口 住宅ほけんの窓口

(株)RMJが運営する「住宅保険の窓口」(住宅ほけんの窓口)では、全国を対象に火災保険・住宅保険の保険金申請サポートを行っています。

火災保険・住宅保険は、火災だけに限らず、天災(地震を除く)によって生じた住宅の被害に対しても、保険金が支払われます。
大雨や大雪、台風や竜巻、ひょう、暴風などによって生じた被害も保険金の支給対象になることが一般的です。

住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)では、個人では把握することが難しい被災範囲の現地調査をプロが行い、保険会社に提出する被害状況報告などの申請サポートを行います。
保険申請そのものの代行は違法行為にあたるため、住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)では行っていません。

また、住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)では、料金は完全成功報酬制となっています。
リフォーム工事などを強要される心配はありません。

保険金が受け取れなかった場合には1円も費用はかかりませんし、成功報酬は保険金の38.5%(税込)と、一般的な相場が40%であることを考えると安めです。
成功報酬は、あなたが受け取った保険金から支払えば良いため、自己負担は1円もありません。

この住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)の口コミや評判などをまとめました。

住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)の口コミや評判は?

住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

何度もしつこく電話をかけてきた。
電話先の主は名乗らない。
ただ、ほけんの窓口としか言わない。

メールで連絡きたというが、誰もメールをしてない。
アドレス確認を要求したところ、誰もそのアドレスをもっていないことが判明。
信じない方がいいです。
引用元:電話帳ナビ

結局のところ、「誰かに何かを頼む」場合は、「誰に頼む」かが非常に重要になります。
特に、火災保険申請手続は、ほとんどの人にとっては「人生で一度も経験していないこと」である以上、「信頼できるプロ」に頼むべきです。

では、どんな業者が「信頼できるプロ」なのでしょうか。
筆者が考える条件は

  • 何をどうすればいいか、を的確に説明してくれる
  • 関係部署をたらいまわしにしない
  • 対応が早い

の3つです。

これらが備わっている火災保険申請サポート業者であれば、火災保険の申請手続も、非常にスムーズに進めてくれるので、ストレスを溜め込まずに済みます。

そこで、先ほど触れた「信頼できるプロの条件」を満たす火災保険申請サポート業者を探してみました。
結果、たどり着いたのが「住宅ほけんの窓口」です。
引用元:マネクガイド

コロナの影響でまさに補助金バブル。
ネット広告では真偽不明の広告で溢れかえっている。

そんな時期に『災害給付金のお知らせ 平均120万円』という、なんとも怪しい広告を発見。
良いネタになるのではと思い、実際にサービスを利用してみたら、本当に140万円の保険金見舞金を受給できました。

なぜ皆、火災保険を利用しないのか?保険金受給できないのか?
その理由は「申請許可の難易度が高い」というところにあります。
素人が保険会社に申請した所で保険会社は信用してくれません。

当たり前ですが、保険会社は保険を使いたがりません。
なぜなら保険会社は保険金を払えば払うほど赤字になってしまいますから、、

それならばプロに依頼する必要がある。
その悩みを解決するのが『住宅ほけんの窓口』ということ。

無料の建物調査から保険金の交渉まで親身にサポートしてくれる。
口コミや評判も良いし、何より私が実体験で火災保険金を受給しているからオススメできる。
引用元:平成サラリーマン

結論からお伝えすると住宅保険の窓口は優良企業です!!

住宅保険の窓口では事例以外の火災保険申請に関する知識の記事も充実しています。
マニアックな火災保険の活用箇所の紹介や、保険は何度も使えるのかなどお客様が火災保険申請サポートを受けるにあたって、不安や疑問を解消するような記事が掲載されており、訪れた人の顧客満足度が高いサイトとなっています。
知識量の多さは承認金額にも直結する為、見極める要素には重要であり、住宅保険の窓口は良質なサイトと言えます。
引用元:火災保険請求相談センター

火災保険の申請サポート会社さんです。
電話での対応がとても丁寧でした。
引用元:電話番号検索

実は、先日我が家を申請したら、 高級腕時計3個分くらいの保険金がもらえました。
家自体が結構ガタが来ていたので、リフォーム代をそれで充てることができましたね。
さらに、まだお金が残ったので、家族で温泉旅行を計画しています笑
引用元:持ち家で火災保険にご加入の方へ8割以上の方が受け取り損ねてる!?

住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)の特徴まとめ

住宅保険の窓口 住宅ほけんの窓口 特徴

住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)の特徴をまとめました。

火災以外でも保険金受取は可能

住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)では、火災保険・住宅保険の保険金申請サポートを行っています。
過去3年間に生じた被害に対して、保険会社が調査・審査を行い、問題なければ保険金が支払われます。

火災保険というと、火事による住宅被害でしか保険金が受け取れないと誤解しがちですが、多くの場合、火災以外での天災による被害についても保険金が支払われます。
大雨や大雪、台風やひょう、竜巻など、さまざまな天災によって生じた住宅被害が保険金の支給対象になります。

保険によっては、本当に火災による被害でしか保険金が受け取れない場合もあります。
また、地震による被害に対して保険金を受け取るためには、地震保険の契約が必要です。

全国対応

住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)は、全国どこでも利用できます。

地域によっては、現地調査までに時間がかかる場合もありますが、申請後、2週間~1ヶ月程度で保険金が受け取れる場合が多いです。

自己所有物件が対象

住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)を利用できるのは、築5年以上の自己所有物件を保有している人だけです。

一戸建てのマイホームだけでなく、大家さんとしてアパートやマンション、ビルなどを保有していたり、店舗や工場、倉庫なども対象です。

一方、賃貸住宅や区分所有のマンションは対象外です。

被害状況の報告書作成や問い合わせサポートなどを実施

住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)では、プロの担当者が現地に訪問して調査を行い、保険金申請に必要となる被害状況の報告書作成を行います。

素人が被害状況をまとめた書類を作成しても、保険会社を納得させるのは簡単ではありません。
被害の見落としや誤りなども少なくないため、保険会社の審査の結果、信憑性に欠けるとして保険金が支払われないケースも出てきます。

住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)で作成した被害報告書を保険金申請の際に添付することで、保険会社の審査が通過しやすくなります。

また、保険会社での審査中に問い合わせが来ることがありますが、内容が専門的であることが多いため、あなたが直接答えることが難しい場合が珍しくありません。
住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)では、保険会社からの問い合わせに対するサポートも行っているので安心です。

住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)では、保険金申請手続きそのものの代行は行っていません。
「委任状があれば全ての手続きの代行が可能」という業者も一部にはいますが、「違法性が残る」「保険会社によっては受け付けない」という運営元顧問弁護士の判断によるためです。

成功報酬制で安め

特にリフォーム業者に多いのが、「火災保険を使って修理をする」といった具合に、工事を先に行おうとする場合です。
工事は保険金支給の有無に関係なく行うため、保険金が支払われなかった場合にも工事費用は全額請求されるため、トラブルになるケースが増えています。

住宅の修理などに関するトラブルにご注意

悪質な業者の場合、わざと雨戸や屋根などを壊して被害状況を増やし、保険会社への請求額を水増しするといった違法行為も行います。

国民生活センターや消費者庁も何回にもわたって注意喚起を繰り返している状況ですが、トラブルが減る気配は見られません。

一方、住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)では、保険金申請のみのサポートを行っており、被害箇所の修復工事やリフォームなどを強要することはありません。
成功報酬として、あなたが受け取った保険金の38.5%(税込)を支払うだけです。

他社の場合、成功報酬として40%~50%程度は徴収することが一般的なため、住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)のほうが割安です。
もちろん、保険金が受け取れなかった場合には、あなたは1円も支払う必要はないので安心です。

成功報酬の支払いは、保険金が支給された後でよく、自己負担は1円もありません。

住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)は24時間いつでも受付

住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)では、専用の申し込みフォームで、24時間いつでも保険金申請サポートの申し込みを受け付けています。

とりあえず相談するだけでも構いません。

>>住宅保険の窓口(住宅ほけんの窓口)の詳細/サポート申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました