リクナビ薬剤師で転職するメリットは?しつこいので評判最悪?

リクナビ薬剤師

薬剤師向けの転職支援サービスは、

  • 薬キャリエージェント(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • リクナビ薬剤師

の3社が大半を占めており、その他の人材紹介会社(転職エージェント)が乱立している状況です。

もちろん、上位ではないから質量ともに悪いというわけではなく、転職支援業者を何社も契約して転職活動を行うことが一般的ですから、選択肢が多いこと自体は好ましい状況です。

知名度の低いの転職エージェントでも、当たりの担当者に出会うことができれば、転職成功に大きく近づけますし、有名どころでも残念な担当者はいますので、無理に絞り込む必要はありません。

大手の人材紹介会社は、他では手に入らない非公開求人や、独自のネットワークによる情報などが手に入ることから、登録しておいて損はありません。

とはいえ、無駄に数多くの転職エージェントに登録すると、次から次へと担当者から連絡が来たり、面接や見学の予約の案内が来てパニックになりかねません。
同時に登録しておくのは数社程度に抑えておくといいでしょう。

不満を感じる業者が出てきたら退会して、別の人材紹介会社に申し込めば無理なく転職活動に取り組めます。

リクナビ薬剤師」は、薬剤師向け転職支援サービス大手の一角をしめます。

優秀な転職コンサルタントが多く在籍していることもあって、転職するまでのスピード感のはやさが評価される一方、あまりにも急がされているように感じたり、強引なエージェントに不満や怒りを感じる人がいることも事実です。

リクナビ薬剤師が、あなたの転職活動に役立つ存在であるのか調べました。

リクナビ薬剤師の特徴

まずは、リクナビ薬剤師の特徴をまとめました。

正社員が前提、派遣はなし

リクナビ薬剤師で扱っている求人票は正社員が多く、アルバイトやパートは少なめです。
派遣薬剤師は一切扱っていませんので、派遣で働きたい人には不向きです。

調剤薬局、ドラッグストアに強く病院に弱い傾向

リクナビ薬剤師の求人を見ると、調剤薬局やドラッグストアが多いことに気づくのではないでしょうか。
個人経営や中小規模の薬局なども扱っていますが、大手のほうが多い印象です。

その分だけ、中小零細、個人経営の薬局や薬店などと比べて雇用条件が良い場合も多く、転職してキャリアアップを目指すのであれば好都合です。
リクナビ薬剤師だけにしか出していない非公開求人も豊富に確保していますので、マイナビや薬キャリには出てこない求人票が見つかるケースも少なくありません。

その一方、病院薬局の求人数は、他と比べて少ないです。

口コミにもあったように、病院などの選択肢を出してほしいと求職者がリクエストを出しても、いろいろと言い訳をしたり、はぐらかして対応しないエージェントがいるようですから、病院向けで非公開求人の良質な案件が見つからなければ、見切りをつけてもいいかもしれません。

紹介してもらえる案件が多いがミスマッチも少なくない

リクナビ薬剤師では、幅広く紹介する方針であるため、元から選択肢が少なめの病院薬局の場合は別として、他社と比べて多めに紹介してもらえる傾向があります。

薬局やドラッグストアなどの見学や情報提供、面接などにも上限はありませんので、自分自身で情報を整理して選択できる人であればスムーズに進めていける一方、情報量が多すぎて混乱してしまう人も出てきます。

ミスマッチと感じるのも、選択肢の多さゆえです。

その場合は、転職コンサルタントと相談して選択肢を絞ってもらうか、しっかりと希望条件を伝えて不必要な情報を送らないように依頼するといいでしょう。
リクナビ薬剤師には提案力の高いコンサルタントが多いことから、軌道修正した後、あなたにあった求人情報を提供してもらえます。

スピード感を重視した転職活動が可能

リクナビ薬剤師は、問い合わせに対するレスポンスだけでなく、求人票の情報提供や、面接などの日程調整、雇用条件の交渉など、スピード感を持って対応してくれます。

「最短3日で内定が出る」というのは、条件が整った場合に限られますが、短期間で転職に成功するケースが多いです。

現在失業中で一刻も早く働きたいとか、子育てが一息ついた専業主婦、結婚などで遠方に引っ越すので、転居先での働き口を探したいなど、早期に働きたいと考えている人にとっては好都合です。

一方、時間をかけてじっくりと転職先を吟味したい場合には、せかされているように感じるでしょうし、決断に時間がかかるタイプの性格だとリクナビ薬剤師とは相性が悪いかもしれないので、転職コンサルタントとのやり取りで苦痛に感じるようであれば、別の人材紹介会社を利用したほうがいいでしょう。

転職しないかするかどうかを検討している段階だと、転職コンサルタントの言動が「転職をすることを前提」にしていることに違和感を感じるかもしれません。
転職コンサルタント側としても、一人で多数の求職者を担当していますので、早く決めてしまいたいと考える傾向があるのは事実です。

担当者(コンサルタント/エージェント)の品質

転職支援サービスというのは、会社自体の能力だけでなく、転職エージェントのスキルや人間的な相性も大きく影響します。
このため、たまたま、良かった/悪かったからといって、それが全体に当てはまるとは限りませんので注意してください。

さすがに、10人が10人とも悪評価をしているところには申し込まないほうがいいとは思いますが、多くの人が高く評価しているところでも、あなたの場合はハズレになる可能性は決してゼロではありません。

リクナビ薬剤師の転職コンサルタントは全体的には高評価ですが、あなたにとって最適とは限りません。
あなたの担当につく転職コンサルタント次第ですから、運次第と言えるでしょう。

あなたが信頼できないと感じたら、遠慮なく交代してもらうと良いですよ。

リクナビ薬剤師の口コミや評判は?

次に、リクナビ薬剤師を利用した人々の口コミや評判などを集めました。

「どんな求人があるのかなぁ」くらいの気持ちで登録したので、電話やメールが頻繁にきてビックリしました。
担当者さんはこちらが転職する前提のような話し方でした。
引用元:HOP!

「転職しなくてもいいのでは」とアドバイス頂いたのはリクナビさんのみ。
確かに、今の会社でもいい評価をもらい、仕事も面白くなってきたタイミングだった。
そこから転職したい本当の理由を相談することになり、私の希望に沿った転職先をしっかり見つけて頂けた。

他の転職サイトは転職ありきでのアドバイスばかりだったので、転職に対する取り組みが全然違うと実感した。
引用元:Career Theory

私の場合、ヒアリングに関してはトータルで2時間半以上かかりました。
通常相性がいいコンサルタントは、1時間ほどで条件に合った求人を紹介してくれますが、リクナビ薬剤師に関してはその倍以上かかった計算になります。

質のいいコンサルタントは、適宜こちらの訴えをヒアリングしながら自分の話を進めますが、リクナビ薬剤師の場合はそれが出来ていませんでした。

他転職サイトのコンサルタントの場合、こちらが専門用語を使っても、理解できる方が多かったですが、リクナビ薬剤師は、それが不足しているように感じました。
病院薬剤師への転職を考えている方には、向いているとは言い難い転職サイトの為、その点は注意して下さい

大手調剤薬局以外の働き方の質問をしましたが、結局はその殆どが否定され、大手の企業に勤めるメリットの話に終始しました。
私はコンサルタントである以上は、薬剤師の意見を尊重して、同じ目線に立って考えて欲しいと思っているため、非常に残念に感じたポイントです。
引用元:薬剤師は日本中に浪漫を届けたい

もともとは当直、残業、土日出勤がある病院で働いていました。
子どもが生まれ、家族との時間をもっと増やしたいと考えるようになり転職することに決めました。

正社員、平日18時まで、土日祝休み、年収はこれまで通りorそれ以上…という希望条件を指定。

そんな条件では見つからないんじゃない?と家族にも言われていたのですが、アドバイザーの方が指定した条件通りの仕事を紹介して下さいました。

病院よりは調剤薬局のほうが希望に合った職場が見つかる可能性が高いことを教えていただいたり、前職の経験や仕事に対する姿勢を評価していただきました。
おかげで未経験ですが調剤薬局という新たな道が開けました。
引用元:ファーマシストライフ

今回私は紹介会社に1社しか登録しませんでした。
そこで運よく希望にあった職場がみつかったと思い就職しましたが、実際に働いてみると大きな違和感を感じる職場でした。

紹介会社は紹介する薬局のことについてよく知っていると思っていましたが、そうでもありませんでした。
ただ薬局側がそのように言ったのをそのまま伝えただけにすぎないとは思いますが、事前に聞いていた紹介会社の話が違うと思ってしまいました。

複数の会社に登録していろいろな話を聞いたほうが転職先を決めるヒントがあるのではないかと思います。
引用元:転職エージェントのリアコミ

リクナビ薬剤師での転職の流れ

リクナビ薬剤師の転職支援サービスは全て無料で利用できます。
以下の流れで進んでいきます。

  • 必要事項を入力して登録
  • キャリアカウンセリング
  • 求人を紹介
  • 面接日程調整&条件交渉
  • 面接アドバイス・面接
  • 内定・入社

必要事項を入力して登録

会員登録

質問に答えて、あなたの個人情報を入力すれば、登録は完了します。
選択肢の中に難しいものはありませんので、早い人だと1分もあればすべての入力を終えられるでしょう。

キャリアカウンセリング

関東であれば、リクルート社のオフィスで対面での相談も可能ですが、基本的には電話やメールでキャリアカウンセリングを行います。

あなたのキャリア・価値観・希望条件などから、今後、どのように転職活動を進めていけばいいのかを決めていきます。
もちろん、見栄を張ったり、嘘をついてはいけませんが、現状では無理そうな希望でも言ってみると叶うかもしれません。

求人を紹介

キャリアカウンセリングの結果を踏まえて、求人を紹介してくれます。
他社と比べると多めですが、リクナビ薬剤師での方針となっているため、あまりにも多いと感じた場合には担当の転職コンサルタントに連絡して、情報を絞り込んでもらうと良いでしょう。

キャリアカウンセリングでうまく希望が伝わっていない場合には、ピント外れな求人が送られてくることもありますので、もう1回、調整し直すことをおすすめします。

求人票の内容だけでなく、その職場の雰囲気や特徴なども独自の調査網から教えてもらえます。
職場見学もできますので、気になる企業が見つかったら、一度は見に行って、あなた自身でも雰囲気などをチェックしたほうがいいでしょう。

他社では職場見学などに上限を設けているところがありますが、リクナビ薬剤師では上限がありませんので、何箇所でも見学可能です。

面接日程調整&条件交渉

応募したい企業が決まったら、書類選考で必要な履歴書や職務経歴書などの作成をサポートしてくれます。
条件交渉なども代行してくれますので、求人票よりも好条件で勤務できる場合が多いです。

面接アドバイス・面接

面接の日程を調整後、面接前の準備・アドバイスをしてもらえます。
新卒の際は学校推薦で就活らしいことを全くしていなかったとか、就活以来の面接で不安な人には心強いのではないでしょうか。

内定・入社

円満退職を実現するために、過去事例を元にサポートしてもらえます。
内定後に困ったことが起こった際にもサポートしてもらえます。

入社後に「騙された」と感じた時などにもサポートしてもらえますが、短期間で再び転職となると採用する側も警戒するようになるため、ブラック企業でもない限り、しっかりと考えたほうが良いでしょう。

あなたのキャリアに傷がつかないように十分考えた上で決めてください。

>>リクナビ薬剤師の詳細はこちら

リクナビ薬剤師とマイナビ薬剤師の違いは?

マイナビ薬剤師

リクナビ薬剤師への登録と検討する人の多くは、マイナビ薬剤師にも登録するべきかどうかで悩んでいる事が多い印象です。

気になるようであれば、両方とも登録するのが手っ取り早いでしょう。
マイナビ薬剤師は中小の調剤薬局などを中心に、幅広く求人を取り扱っている一方、リクナビ薬剤師は大手企業が中心のため、重なる部分はあるとしても、それなりに棲み分けができています。

なお、マイナビ薬剤師も正社員転職が中心ですから、派遣薬剤師を探すのには不向きです。

>>リクナビ薬剤師の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました