Rikomon(リコモン)ランドセルは軽い?価格は高い?評判は?

Rikomon リコモン ランドセル

Rikomon(リコモン)は、兵庫県豊岡市にある(株)タカアキが製造販売するランドセルです。
豊岡市は国内鞄製造量NO.1として知られており、Rikomon(リコモン)も兵庫県鞄工業組合が定める厳しい基準に合格した「豊岡鞄」です。

Rikomon(リコモン)は、鞄メーカーとして、ランドセル専業メーカーとは異なる観点でランドセルを作っています。
ポケットの数やデザイン、チャックの形などにこだわったセミオーダーランドセルも受け付けています。

Rikomon(リコモン)は、5種類から選ぶことができ、重さは1,050g~1,240gと軽いですし、フィット感も高めています。
価格も56,100円~83,600円(いずれも税込)と価格重視でなければ平均的な水準です。



Rikomon(リコモン)ランドセルの特徴まとめ

Rikomon リコモン ランドセル 特徴

Rikomon(リコモン)ランドセルの特徴をまとめました。

豊岡鞄

Rikomon(リコモン)は、兵庫県鞄工業組合が定める厳しい基準に合格した「豊岡鞄」です。

豊岡鞄は「素材・デザイン・部品・仕様・縫製」などに厳しい基準が設けられており、マニフェストの内容を遵守する企業だけに製造が許されています。

背負やすさを重視

背負やすさ

ランドセルそのものの重量だけでなく、背負やすさも重要なポイントです。

実際の通学シーンでは、教科書やノート、ファイルやタブレット端末などが入るため、ランドセルそのものの重さによる影響は小さくなります。
フィット感の悪いランドセルだと、実際の重さよりも、より重く感じるようになります。

Rikomon(リコモン)では、「立ち上がり背カン」や「左右連動肩ベルト」により、体へのフィット感を高めて、ぐらつきやズレを防ぐことにより、重さを感じにくくしています。

高い収容力

収容力

Rikomon(リコモン)は、A4フラットファイル(縦30.7cm×横23.1cm)がそのまま入るようにランドセルが作られています。

フロント部分のファスナーポケットは3箇所に分かれており、合計5箇所のポケットに収納を分けられます。

また、ランドセルの左右側面と肩ベルト部分の合計3箇所にカンがついており、給食袋やブザーなどを引っ掛けることができます。

高い耐久性

Rikomon(リコモン)はTEIJINコードレ社の国産人工皮革コードレを採用しており、外装・内装ともに高い耐久性と撥水性が得られます。
その他、型崩れが起こらないよう、細部までこだわった作りに仕上げています。

また、小学校入学から卒業まで安心して使い続けられるように6年間の無償保証が付いています。

ラインアップ

Rikomon(リコモン)では、以下の5種類のランドセルを販売しています。

商品名価格(税込)重さ色数
standard58,300円1,210g11色
light56,100円1,160g11色
premium66,000円1,230g3色
beccyu75,900円1,160g~1,240g11色
beccyuMAARU83,600円1,050g14色

それぞれの主な特徴をまとめました。

standard

Rikomon(リコモン)のスタンダードとなるモデルです。

基本的な性能・機能をすべて備えています。

light

light

lightは、Rikomon(リコモン)の他のランドセルと比べて2センチ薄くなっています。

standardなどと比べると収納力は低下しますが、混雑したバスや電車などでの移動の際に邪魔になりにくいです。

premium

premium

premiumは、人工皮革でありながらも、あたかも本革のような自然な風合いを出せる「樽仕込み工程」を行っています。

また、ランドセルのフタを開けた裏側は、高級感のあるシンプルな黒の無地のデザインに仕上げており、メッシュ地のポケットが備わっています。

beccyu

beccyuはセミオーダータイプのランドセルです。

standardをベースにしており、全ての組み合わせをあわせると1億通りを超えます。
樽仕込みも選べるため、premiumのカスタマイズとしても活用できます。

beccyu MAARU

beccyu MAARU

beccyu MAARUは、軽量でありながらも高い機能性を重視したランドセルです。

体が直接触れる背面と肩ベルトの内側に「ダブルラッセル」を採用することでフィット感を高めて、ランドセル着用中の重さも軽減します。

また、マグネットの磁力を利用した「フィドロック」によりランドセルの開閉が簡単に行えます。
「リングファスナー」にすることで、ファスナーを動かしやすくしています。

beccyu MAARUは、beccyuとは異なり、オーダーメイドではありません。



Rikomon(リコモン)ランドセルの口コミや評判は?

Rikomon(リコモン)ランドセルを購入した人たちの口コミや評判などをまとめました。

まとめ

Rikomon(リコモン)は専業業者とは異なる、カバン業者のこだわりが反映されたランドセルです。
全て限定品のため、部品の在庫などがなくなった時点で完売となっていきます。

購入前にRikomon(リコモン)のランドセルを手にとって確かめたい場合には、豊岡市にある(株)タカアキに足を運ぶ(要予約)か、不定期に開催される展示会、レンタルランドセル(有料)を利用するといいでしょう。

Rikomon(リコモン)の詳細は公式ホームページでも詳しく解説されており、注文も可能です。

>>Rikomon(リコモン)の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました