WeChat通訳は企業間取引専用!人間によるチャット通訳で安心!

WeChat通訳

中国企業と商談を行う場合、WeChatをつかうことも少なくありません。
しかし、あなたが中国語を熟知していなければ、テキストのやり取りだけでも苦労しているのではないでしょうか。

WeChatには機械翻訳機能がついていますが、日常会話はまだしも、ビジネスで通用する精度とは言えません。
誤訳で商談が成り立たなかったり、一方的に不利な条件で成立してしまうおそれもあります。

そこで役立つのが、ワールドアイ(株)が運営する「WeChat通訳」です。
ワールドアイ(株)は民間企業、自治体、学校など、数多くの取引実績があります。

WeChat通訳は、企業間取引に特化したWechat向けのチャット通訳サービスです。
中国語と日本語を熟知した人物が翻訳するので安心です。

WeChat通訳は、どれだけ使っても月11万円固定で、初月は5.5万円とオトクです。(いずれも税込)

WeChat通訳の特徴まとめ

WeChat通訳 特徴

WeChat通訳の特徴をまとめました。

人間によるチャット通訳

WeChat通訳はでは、日本語・中国語を熟知した人間がチャットを翻訳します。

「日本語から中国語」「中国語から日本語」のどちらにも対応しており、チャットでメッセージを送るたびに通訳してもらえます。

年中無休・24時間対応

WeChat通訳は、24時間365日いつでも対応可能です。

必要なタイミングで、WeChatのトークルームに通訳者を招待するだけで構いません。

豊富な実績

WeChat通訳を運営するワールドアイ(株)は、民間企業、各種団体、官公庁、教育機関など、数多くの翻訳・通訳実績があります。

一般分野・ビジネス・貿易・技術・機械・工業・IT・コンテンツ・システム・政治・経済・金融・会計・法務・法律・契約・医療・化学など、さまざまなジャンルにおいて実績があります。

WeChat通訳の料金

WeChat通訳は、月11万円(税込)の定額制です。(2022年5月時点)
どれだけ使っても定額料金のため、WeChatを多く使う企業ほど金額的なメリットは大きいです。

WeChat通訳は「1社あたりの価格」のため、社内の担当者の人数が多くても費用が増えることはありません。

2022年5月時点では、キャンペーンにより、初月55,000円(税込)と安くなります。

WeChat通訳には、最低契約期間の縛りなどは一切ありません。
次回更新日の5日前までに解約申請を行えば、更新日をもって解約となります。

WeChat通訳は1ヶ月毎の課金となり、日割り計算はありません。

まとめ

WeChat通訳は、WeChatを用いた商談を行う企業にとっては便利な翻訳サービスです。
中国語に堪能な担当者を雇ったり、他社サービスを利用するよりも安上がりになる場合が多いです。

WeChat通訳は定額料金で使い倒せるので、新規開拓などで大量にWeChatを活用している企業でも安心です。

>>WeChat通訳の詳細/各種問い合わせなどはこちら

タイトルとURLをコピーしました