薬剤師の転職にファーマジョブは不要?かえって面倒なことに?!

薬剤師 転職 ファーマジョブ

ファーマジョブ」という言葉を最初に聞いた時に「農民の転職サイトとは何だ」などと思っていたのですが、あとで大きな勘違いをしていたことが分かって恥ずかしい限りでした。

「ファーマージョブ」(farmer job)ではなく「ファーマジョブ」(pharmajob)という、薬剤師(pharmacist)のための転職支援サービスとのことです。

しかし、薬剤師向けの転職情報サイトや転職支援サービスが増えている中、利用者が多い、薬キャリやマイナビ薬剤師、リクナビ薬剤師やファルマスタッフなどと比べると見劣りする印象のある「ファーマジョブ」を利用するメリットはあるのでしょうか?

選択肢は広いほうが良いと言った消極的な理由以外に選ぶ必要があるのか気になりますよね。
詳しく調べてみました。

ファーマジョブの特徴

まずは、ファーマジョブの特徴についてまとめました。

運営会社

運営会社

ファーマジョブの運営元は、北海道札幌市に本社がある(株)メディカルジョブセンターです。
ファーマジョブ以外に看護師向けの無料転職支援サービス「ナースジョブ」や、介護職向けの転職支援サービス「ケアジョブ」を運営しています。

2012年のサービス開始当初は北海道を中心とした転職支援サービスを行っていましたが、2016年に全国展開を完了しています。

資本力や医療関係者とのコネクションなどは大手と比べると大幅に劣りますが、成長力の高さは期待が持てますし、拡大期にありがちなサービス劣化などの悪影響が小さく済んでいる点は大きく評価できる部分です。

事業拡大をする際、新たに採用した社員の教育などが追いつかず、サービスが大幅に劣化して内部崩壊する会社が少なくありませんので、メディカルジョブセンターが順調に成長できたことは大いに評価できます。

求人動向

ファーマジョブで確保している求人票は30,000件程度、うち7割が非公開求人となっています。
その中でも、ファーマジョブで多いのが病院・クリニックです。

ファーマジョブよりもナースジョブのほうが先にサービスを開始していた影響もあり、調剤薬局やドラッグストアなどと比べて、病院やクリニックへのコネクションが強かった影響もあるでしょう。

また、北海道内の薬剤師転職支援サービスからスタートしたという経緯もあって、現在でも、北海道内、特に札幌市に関しては、大手を超える情報量やサービスが受けられます。
一応、全国対応とはなっていますが、ファーマジョブの拠点の有るエリア(札幌、東京、神戸、広島、福岡)以外は手薄な印象が強いです。
今後の拡大に期待したいところですが、あなたの転職活動に影響が出るまでには時間がかかりますので、現時点で求人数や求人内容などに不満を感じるようであれば、あまり期待しないほうが良いです。

なお、ファーマジョブでは派遣薬剤師の求人は全くありません。
正社員採用が大半ですから、非常勤やパートなどでの勤務を希望する場合は期待薄です。

担当者(コンサルタント/エージェント)の品質

ファーマジョブなどの成長企業に有りがちですが、自らの成果が第一目的のコンサルタントが少なくありません。
口コミなどでも、何かにつけて強引だとか、希望もしていない求人を押し付けてくるなどと言った苦情をいくつも見かけましたので、一定数はいると考えても差し支えないでしょう。

そのコンサルタントが、応募者を泣かしてまで成果を出して給与アップを実現したり、その人自身が別の会社に転職してキャリアアップをしたいのかはわかりませんが、他人の欲望に巻き込まれるのは迷惑極まりないと感じるのであれば、ファーマジョブは不向きです。

一方、このコンサルタントの欲望や熱意を逆に活用して、自分自身の転職活動を有利に進めていく求職者も少なくありません。

口コミの中でも、自分では無理かなと思えるほどの非常に細かい要望や希望までも叶えてくれたというケースもありますし、他社も含めて全く求人が出ていない医療機関や調剤薬局などに問い合わせてくれる「逆指名制度」も使いこなして転職に成功したケースもあります。

ガツガツした雰囲気のあるコンサルタントと気が合えば、一気に転職成功まで近づけるのではないでしょうか。

ファーマジョブの口コミや評判は?

次に、ファーマジョブを利用した人々の口コミや評判などをまとめました。

今までは都内の病院で働いておりましたが、結婚を契機に自宅の側の調剤薬局で働きたいという希望がありました。

ファーマジョブに登録して専任のコンサルタントの方にその旨伝えてみると、「どこかご希望の薬局はありますか」と尋ねてくれました。
自分としては、いくつか候補があったのでそれを伝えてみると、わざわざそこの薬局の求人を調べてくださったようで、給与や時間まで教えて下さったのです。

まさかこちらの希望が通るとは思っておりませんでしたし、しかもブランクがあったので職場復帰に不安があったのですが、「あなたのキャリアでしたら大丈夫ですよ」と心強く励ましていただけました。
時間は少しかかりましたが、自分としては納得した条件の職場でしたので、働いている現在でも満足しております。
就業した後でも「何か困っていることはありませんか」と定期的にご連絡くださいますので、ファーマジョブに登録して本当に良かったと思っております。
引用元:薬剤師転職サイト比較.JAPAN

どうしてこのサイトに登録してしまったのか後悔しかありません。

最初は何も分からずファーマジョブを使って探していたんですけどエントリ―しても反応が遅いし、面接に行っても書かれているような場所ではなかったりと、かなり苦戦していました。
担当もあか抜けないというか、質問しても適当に答えている感じが伝わってきました。

どのサイトも同じようなものだと思っていたんですがあまりにも決まらなかったので他社にも登録。
そしたら紹介される件数も全然違いますし、担当の対応も180度違いました!
ここまで違うとは驚きです。

結局、他のサイトに登録してから1ヶ月もかからないうちに内定までいきましたからここの人はヤル気がなかったんだと思います。
こっちは真剣に悩んで相談しているわけで適当に対応されるのはムカつきます。

転職サイトもちゃんと選ばなきゃいけないですね。
引用元:薬剤師転職ナビ

転職者としっかりと向き合ってくれる点は好印象ですが、何事にも少し時間がかかる傾向にあると思いました。

また、やや型に沿った質問が多かった点も気になりました。
おそらくチェックシートなので、確認しながらお話頂いたと思うのですが、遠回りな会話もあり、やや面倒に感じました。

私はコンサルタントと電話のみで、直接面談することが出来なかったため、北海道や札幌に在住の方であれば、また感想は変わってくるかも知れません。

大手転職エージェントの求人票と比較して、ファーマジョブは求人情報が非常に大まかに書かれていました。

特に大手の場合は、様々な要素を具体的な数字で表しており、勤務時間も何時から何時までと詳細に記載しています。
より詳細な情報については、求人票からではなく、担当コンサルタントからヒアリングを行わなければいけない為、やや面倒に感じました。
引用元:薬剤師は日本中に浪漫を届けたい

地元の札幌に戻っての転職を考えていた時に地元の友達から教えてもらいました。
以前は他の所に登録していましたが希望地が札幌とあってか、あまり求人が多くありませんでした。
でもファーマージョブに変えてからはたくさんの求人の中からこちらの条件に合ったところを探すという感じで好条件で転職できました。
引用元:みんなの評判ランキング

ひとくちに薬剤師と言っても色々な業務があるのに、あまり詳しくなく、治験といえば治験というような大雑把なくくりでいくつも紹介され、「この人本当に分かってるのかな?」と思ってしまいました。
動きが早いのはいいのですが、私が指摘するまで、的を得てない感じが続きました。
引用元:薬剤師紹介会社研究所(リンク切れ)

ファーマジョブでの転職の流れ

ファーマジョブの転職支援サービスは全て無料で利用できます。

転職支援サービスの申し込み

登録フォームに必要事項を記入してデータを送信します。
その後、あなたの担当となるコンサルタントから電話やメールで連絡が来ます。

キャリアカウンセリング

北海道内は主に対面、その他の地域は電話で、キャリアカウンセリングが行われます。

転職についての希望や要望、逆指名したいところがあれば伝えておくと良いでしょう。
早く転職を決めてしまいたいという考えのコンサルタントが多いですから、じっくりと好条件が出るまで待ちたいという場合などには、意見の食い違いが出るかもしれません。

カウンセリングを受ける中で、あなたと相性が合わないコンサルタントだと思ったら、担当を変えてもらうか、ファーマジョブの利用の中止を検討したほうがいいです。

求人の詳細情報提供

キャリアカウンセリングの後、非公開求人をあわせて候補をいくつか紹介してくれます。
求人票に書かれてある内容だけだと、内部情報が十分につかみきれないという問題点があるため、気になる求人票が見つかったら、必ずコンサルタントに詳細を確認するようにしたほうがいいです。

希望に合う求人があれば、希望勤務先の見学や面接対策、履歴書作成のアドバイスなどのサポートを申し込むといいでしょう。

なお、ファーマジョブは人材が足りないのか、サービスレベルの違いなのかわかりませんが、「先方には話を通してあるので、時間になったら訪問してください」といった具合に、あなた一人で行動することが一般的です。

他の転職支援会社だと、見学などの際にコンサルタントが同行してくれる場合が一般的ですから、物足りなく感じるかもしれませんね。

面接・条件交渉

応募したい求人先が決まったら、コンサルタントが面接日程等の調整をしてくれます。

さすがに面接の際にはコンサルタントが同行してくれる場合のほうが多いですが、エリアに寄っては「先方には話を通してあるので、時間になったら面接に行ってください」といった具合に、あなた一人で面接会場に足を運ぶケースもあります。

なお、内定が出た場合には、入職後の条件交渉なども代行してくれますので、求人票よりも好条件で勤務できる場合が珍しくありません。

内定・退職

円満退職を実現するために、過去事例を元にサポートしてもらえます。
内定後に困ったことが起こった際にもサポートしてもらえます。

入社後のフォロー

入社後に「騙された」と感じた時などにもサポートしてもらえます。

終わりに

転職支援サービスは、複数登録して比較検討してみると良いでしょう。
特に、北海道での薬剤師転職に関しては、ファーマジョブは外せない選択肢です。

>>「ファーマジョブ」の詳細/申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました