Hiraku agentはゲーム業界に特化した転職支援を実施!

Hiraku agent

Hiraku agentは、ゲーム業界に特化した転職支援サービスです。
派遣社員や業務委託案件はありませんが、正社員・契約社員の募集を出している1,000社以上の企業のなかから、あなたにあった求人を紹介します。

Hiraku agentでは、3D関連からプランナー、エンジニア・プログラマー、デザイナーやコンシューマーなどの求人が豊富です。
在宅・テレワークの求人もありますし、好条件の非公開求人も充実しています。

Hiraku agentは、ゲーム業界10年以上の経験を持つ転職エージェントが個別対応します。
平日は22時まで、土休日も面談を受け付けていますし、ビデオ通話で自宅で行うことも可能です。

Hiraku agentの特徴まとめ

Hiraku agentの特徴をまとめました。

正社員/契約求人に特化

ゲーム業界では、フリーランスが業務を請け負うケースや派遣社員として働く事が多いですが、Hiraku agentでは正社員・契約社員の求人に特化しています。
1,000社を超える求人のなかから、あなたに希望やスキルなどに合わせて紹介することができます。

正社員や契約社員はしがらみが多い割には給料が安いとか、サービス残業が蔓延しているなどといった不満も根強いですが、Hiraku agentでは有名企業を中心に、好条件の求人が少なくありません。

Hiraku agentでは非公開求人も確保しており、1回の面接のみで採用となったり、年収900万円などの好条件で優遇される場合もあります。

主な企業

アングー株式会社
株式会社ゲームフリーク
株式会社MUTAN
株式会社WFS
株式会社gumi
株式会社アカツキ
株式会社カプコン
株式会社インディーズゼロ
ソレイユ株式会社
株式会社アンビション
株式会社セガ
株式会社ポケラボ
株式会社f4samurai
株式会社バンク・オブ・イノベーション
株式会社ユークス
株式会社シンソフィア
株式会社グリモア
株式会社スクウェア・エニックス
株式会社サーチフィールド
ココネ株式会社
株式会社Luminous Productions
株式会社イルカ
ゼニマックス・アジア株式会社
株式会社マーベラス
など1,000社以上

在宅/リモート勤務も可能

Hiraku agentでは、在宅勤務・リモート勤務が行える企業の求人も提供できます。

地方在住者だけでなく、通勤するのが嫌になった人など、自宅にいながらにして働くことにメリットを感じる人には嬉しいですね。

さまざまな職種を募集

Hiraku agentでは、3D関連のエンジニアやデザイナー、プログラマーやプランナー、コンシューマーなど、さまざまな職種の求人があります。

ゲーム業界内での転職だけでなく、映像業界やアニメ業界、IT業界などの他業種からの参入も少なくありません。
ポートフォリオ採用、ポテンシャル採用を行う企業も増えています。

経験豊富なエージェントがサポート

Hiraku agentには、ゲーム業界の経験が10年を超える転職エージェントが在籍しています。
今後のキャリア設計に関する相談や、あなたの希望やスキルなどに合わせた求人紹介、応募書類の添削や面接のアドバイスなど、さまざまなサポートを行います。

東京新橋にあるHiraku agentのオフィスに通う必要はなく、ビデオ通話やSNS、メールなどを用いて、在宅で転職支援が受けられます。
平日は22時まで、土日祝日も利用可能です。

Hiraku agentでは、あなたの都合に合わせてサービスを提供するため、エージェントのノルマ達成のために、一方的に求人を押し付けて応募するように強要するようなことはありません。

Hiraku agentの口コミや評判は?

Hiraku agentを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

4月末で、2年間デザイナーとして勤めていたモバイルアプリゲームの開発会社を退職することになります。
退職時点では何も計画しておらず、そのまま無職生活へと突入することとなります。

幸いしばらく無収入でも耐えられるほどには貯蓄があったため、退職からひと月ほどは個人でのゲーム制作にもある程度熱を入れることができましたが、しばらくすると布団の上でAmazonPrimeVideoで映像コンテンツを見ては寝する存在へと変貌を遂げます。
“Game of Thrones”のシーズン6を見てるあたりで”あっこれはやばいぞ”と思い始め、転職活動を決意します。

前職においては、もともとデザイナーとして就職したわけですが、退職する直前くらいではUnityを触る時間がほとんどになり、リソースの組み込みやシェーダー、UI周りを実装していました。
自分としても、アーティストとして手を動かすスペシャリストよりも、アートとエンジニアリングの中間部分、技術や知識の流入出を多く行い、繋ぎこむ部分に適性があるなと感じていたため、テクニカルアーティストとしてのキャリアを歩むべく職を探すことにしました。

そのころには生活リズムがオワっていたため、とある日、朝7時くらいまでGoTを見続けて、「あっヤバイ」と思ったそのままに転職エージェントサービスを検索し、申し込んでみると1分後に電話が来て、数時間後には面談するというスピード感で転職活動が始まりました。
面談は2時間にわたって、昔ばなしから、希望するポジションなど多くのことを話したわけですが、その当時コロナもあり人と会話する機会がかなり減っていたため、とても楽しく喋らせていただき、終わったころには喉がめちゃくちゃ痛くなっていたのを覚えています。

転職の際に利用したヒラクエージェント様には大変親身に相談に乗っていただき、ゲーム業界での転職を目指す方にはぜひお勧めしたいです。
引用元:2021年について振り返りつつ、ゲーム開発についてだらだら考える

自分がどんなところに転職できるかわからなかったのでとても不安でしたが、憧れていた企業を御紹介頂き転職出来ました。
まさか、自分がそんな良い所に行けると思っていませんでしたのでとても嬉しかったです。

今の職場よりも、もっと上のクラスの大手に行きたいと考えていました。
正直、ちょっと厳しいかな?と思っていましたがHiraku agentさんに相談しました。
私が思っていた以上のキャリアプランを提案していただき、上のクラスのブランドに転職ができました。

面接前の準備が丁寧で驚きました。
面接準備のポイントや企業ごとの面接想定質問を準備して頂いたり、過去の面接でのNGポイントを基にした面接対策をして頂き、おかげ様で希望していた複数社から内定をいただきました。

いくつか人材紹介会社に登録をしましたが各社がどう違うかもわからずにいました。
その中でHiraku agentさんは、面談の時に私の想いを良く聞いて頂き、転職活動の優先順位づけ、経歴やスキルの強みの客観的分析など、丁寧な対応をいただきました。
適切なキャリアプランをご提案頂きました。

Hiraku agentでは無料転職相談を受付中

Hiraku agentでは、今後のキャリア設計などが気になる人向けに無料の転職相談を行っています。
転職相談は、電話やメールを使って行います。

希望者は続けて転職活動を行っても構いませんし、現時点ではキャリア相談だけを行って、今後の進路などを考えるというのでも構いません。

Hiraku agentの無料転職相談を利用する時点では、履歴書やポートフォリオの用意は不要です。
転職活動を行う際に準備するといいでしょう。

現在、キャンペーン中につき、Hiraku agentではゲーム業界経験者(1年以上)であれば、相談するだけでお金がもらえます。
すでに終了している可能性もあるため、公式サイトで確認してください。

>>Hiraku agentの無料転職相談を申し込む

タイトルとURLをコピーしました