WanTime(ワンタイム)フレッシュドッグフードは本当に良い?

WanTime ワンタイム フレッシュドッグフード

WanTime(ワンタイム)フレッシュドッグフードは、ヒューマングレードは当たり前として、人間の食品衛生法を満たしたドッグフードです。
人間が食べても全く問題のない品質のドッグフードを提供しています。

WanTime(ワンタイム)フレッシュドッグフードは、犬にあった栄養配分にしながらも、肉を中心に食いつきの良い味に仕上げています。
さらには、プレバイオティクスなど、体内フローラにも着目した配合となっています。

WanTime(ワンタイム)フレッシュドッグフードは、冷凍状態で送られてきます。
食べる前に解凍することで、新鮮な状態で与えることができるため、本当に良いドッグフードと実感できるのではないでしょうか?

WanTime(ワンタイム)フレッシュドッグフードの特徴まとめ

WanTime ワンタイム フレッシュドッグフード 特徴

WanTime(ワンタイム)フレッシュドッグフードの特徴をまとめました。

ペット栄養管理士/栄養管理士監修

WanTime(ワンタイム)フレッシュドッグフードは、ペット栄養管理士の合田圭佑さんと、管理栄養士の吉田知恵さんが監修しています。

総合栄養食の基準に準拠したドッグフードとなっており、新鮮な水を用意するだけで必要な栄養素をすべて摂取することができます。

調理方法や加熱のタイミングに合わせて食材を選定し、さらにこだわった組み合わせにより、栄養の吸収をサポートしています。

食品衛生法を満たした工場で製造

ヒューマングレードのドッグフードも増えてきましたが、人間用の食品と同等基準のレベルで管理された品質の原材料を使ったというだけの話です。
劣悪な工場で加工されて作られたドッグフードは品質が悪化するため、人間が食べると体調を崩すこともあります。

一方、WanTime(ワンタイム)フレッシュドッグフードは、食品衛生法の基準を満たした食品工場で作られています。
犬が食べて美味しいように作られているため、人間が食べて美味しいかどうかは別としても、人間が食べても問題がない水準のドッグフードです。

選べる味わい

WanTime(ワンタイム)フレッシュドッグフードは、2021年12月時点で以下の3種類の味から選べます。

  • ビーフ味
  • チキン味
  • 馬肉味

今後もラインアップは拡充する予定です。

プレバイオティクスで体内サポート

WanTime(ワンタイム)フレッシュドッグフードは、プレバイオティクスを考慮した配合となっています。

善玉菌を増やし免疫力を維持する体内フローラにアプローチしていきます。

冷凍状態で配送

WanTime(ワンタイム)フレッシュドッグフードは、製造後、急速冷凍により品質が劣化しないようにした上で配送されます。

解凍することで、毎回、作りたての新鮮なドッグフードが食べられます。

WanTime(ワンタイム)フレッシュドッグフードの原材料

チキン味

有機オートミール、鶏肉、豚レバー、ブロッコリー、人参、オリーブオイル、皮剥きトマトピューレづけ、米麹、ぶなしめじ、椎茸、パン酵母、ひじき、酵母、フラクトオリゴ糖、食塩、V.E含有食物油/炭酸Ca、塩化K、リン酸Ca、加工デンプン、セルロース、V.D

ビーフ味

有機オートミール、牛肉、豚レバー、ブロッコリー、ココナッツオイル、人参、皮剥きトマトピューレづけ、りんごピューレ、アマニ油、米麹、パン酵母、ひじき、酵母、フラクトオリゴ糖、食塩、V.E含有食物油/炭酸Ca、塩化K、リン酸Ca、加工デンプン、セルロース、V.D

馬肉味

有機オートミール、馬肉、豚レバー、ブロッコリー、人参、オリーブオイル、皮剥きトマトピューレづけ、米麹、パン酵母、ひじき、酵母、フラクトオリゴ糖、食塩、V.E含有食物油/炭酸Ca、塩化K、リン酸Ca、加工デンプン、セルロース、V.D

まとめ

WanTime(ワンタイム)フレッシュドッグフードは、良質な原材料を使用し、衛生基準を満たした工場で製造しています。

総合栄養食の基準をみたしているため、栄養面での問題もありませんし、冷凍状態で送られてくるため、本当に良いドッグフードといえるでしょう。

>>WanTime(ワンタイム)フレッシュドッグフードの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました